twitter

無料ブログはココログ

大学の話題

オープンキャンパス2014

Open Campus 2014
2014年8月2日

S140802140128

今年もオープンキャンパスが開催されました。芸術工学部のオープンキャンパスはもちろん大橋キャンパスで。環境設計学科の企画として,今年から模擬授業が行われることに。二週間ほど前に終わったばかりの前期の設計演習優秀作品についての講評会です。実際の授業の際とは異なる教員も参加しての本物の講評会が間近で見られます。もちろん質問も可能。

S140802113740

大井研究室も実験スペースを公開。研究内容について現役大学院生が解説した後,

S140802114305

色合いと明るさが変えられる照明実験装置を実際に体感することができます。

S140802115310

卒業設計作品の展示も行いました。

(2015.8.10) Panasonic GM1, Lumix G12-32mm

大橋キャンパス2号館改修

The renovation of Ohashi Campus building 2
2014年4月3日

S140403113829
Panasonic GM1, Lumix G12-32mm

九州大学大橋キャンパス(旧・九州芸術工科大学)2号館(旧・環境画像棟)の改修工事(第1期)が完了しました。第1期は西側半分と中央の入口・階段までです。(計画では2014年度が第2期のはずでしたが,2015年度も工事予定はないようです)

外壁の補修,中央入口に向かってスロープの設置,サッシ交換が外観からわかる主な改修点。左半分が改修ずみですが,サッシは市販アルミサッシと思われ,オリジナルがスチールサッシであった部分(T字型に見える開口部と中央の丸窓)はずいぶん太く,格子が目立つようになってしまっています。中央の階段も建物内外を合わせて4段であったものが外部のみで3段となっており,プロポーション上も機能上もちょっと残念。

S140403114737

改修の主眼はエレベーターとトイレ(バリアフリー化)および断熱性向上,設備更新。平面計画については廊下と教員室間の共用スペース化などの提案は却下され,教員室1室あたり面積の拡大と各階に共用室を新設する形になりました。これまであった研究室(学生室)は4号館と環境実験棟に集約され,複数研究室が共用する形になりました。とりあえず大井研は福島研究室と共用ですが,福島研の学生が少ないためあまり変化はありません。廊下のガラスは床まで透明ガラス(もちろん二層ガラス)となりブラインドが設置されています。

S140403114907

私の教員室です。これまで大橋の標準面積の半分であったものが標準面積になりました。多少は入居者の意見が取り入れてもらえるということだったので,パーティションを設置してもらいました。左側の奥だけ評価実験用に使用することを想定してカーペット敷き,ライティングダクトを追加しています。窓際の天井が低いのは換気設備等の配管のため。パーティション設置に伴い,エアコンの吹き出し・換気扇を2カ所にしてもらったので,この部屋は標準とは設備が異なります。標準は中央に天井カセット型のエアコンです。

S140403115020

照明のメインスイッチの脇に調光用のノブが見えます。ライティングダクトの調光を依頼していたのですが,なぜかLEDの天井灯が調光される・・・,さすがにこれは追加工事をしてくれ,結果として両方が調光可能となりました。換気扇の方はオンオフしかないので常時全熱交換であり,普通換気はできません。ちょっと不思議ですが,使い分けられる人はあまりいないだろうからこれでよいのでしょう。いずれにしても断熱性が向上したので温熱快適性はずいぶんと向上しました。(2015.8.9)





環境設計デザイン基礎演習(後半)1/20模型とCGによる空間分析

Spacial analyses with scale models and CG of houses: Basic Environmental Design Seminar
2014年2月2日

S140202130610_2



Ricoh GR Digital2 (wide conversion, program AE)

今年も環境設計デザイン基礎演習の合評会に参加してきましたので,学生諸君の成果を公開しておきます。環境設計デザイン基礎演習は1年生後期の科目,入学して10か月くらいでこのくらいできるようになります。H26年入学生からはカリキュラムが変わっていますが,この課題は継続して2年生の最初に行う予定です。

フィッシャー邸(ルイス・カーン)
S140202133709_2

S140202133744_2

S140202134028_2

S140202134042_3

リーヴァサンヴィターレの住宅(マリオ・ボッタ)
S140202135015_2

S140202135059_4

S140202135108

デッキの家(手塚貴晴・由比)
S140202143321_2

S140202143343

S140202144709

サヴォワ邸(ル・コルビュジェ)
S140202153124

S140202153247

S140202153317

シルバー・ハット(伊東豊雄)
S140202161029

S140202161103

S140202161255

イームズ邸(チャールズ&レイ・イームズ)
S140202164804

S140202164841

S140202165116

環境総合プロジェクト合評会

Environmental Design Project
2013年8月1日

S130801150823
Olympus XZ-1

環境総合プロジェクトは環境設計学科4年前期の設計演習科目です。今年からカリキュラムの内容改訂に伴って,大井も担当することになりました。

今年の敷地は福岡市東区のアイランドシティ。まだ施設建設の完了していない北東部分です。敷地の現状を把握し,現在のアイランドシティに何を計画すべきかを具体的に提案するという課題です。3年生までの課題は,基本的な要件(施設用途など)がある程度決められているので,学生にとっては初めての課題ということになります。卒業設計の予行演習という位置づけでもあります。

具体的な敷地があるので,アイランドシティのアーバンデザインセンターの協力もあり,合評会もアーバンデザインセンターで開催されました。少ないながらアイランドシティ在住の方もご出席。

S130801134900

S130801144058

S130801144153

S130801145908

このような課題の経験がないためか,完成度としてはまだまだでしたが,おもしろい提案はいくつか出てきたようです。課題が与えられてから考えるのではなく,日頃から世の中の問題に対していろいろな情報を収集したり,考えたり,という準備の必要性を学生諸君が気づくきっかけになってくれるといいですね。

空間プロジェクト:商業施設「つなぐデザイン」

Space Design Project: Commercial Facility "Linking Design"
2013年7月29日

S130729164657

2年生前期の設計演習科目,「空間プロジェクト」後半の最終合評会が終了しました。今年もテーマは「つなぐデザイン」。昨年とほぼ同じですが,敷地として大橋キャンパス内の北西部分に加え,大通りに抜ける道沿いの部分を加えたものとしました。用途としては商業系のもので,ギャラリーやカフェなどを組み込んで,大学と周囲(スケールは任意)をいかにつなぐか,という課題です。

それでは,いくつかの作品をお目にかけましょう。講評は各自が提出した図面と模型を前に短いプレゼンテーションを行った後で行われました。学外からは赤川貴夫先生(建築デザイン)と扇先生(ランドスケープデザイン)にお越しいただき,井上先生(建築構法)と大井(環境工学)の4人で講評を行いました。

S130729132751

S130729134606_2

S130729140000

S130729140325

S130729140347

S130729140615

S130729170244

2つめの設計課題としては,かなり難度の高い課題でしたが,なかなか良い提案を完成させてくれた人もいたようです。

教員室の引っ越し

The move of my office
2013年7月22日

S130722154822
Olympus XZ-1

私の教員室がある大橋キャンパスの2号館で,ようやく改修工事が行われることになり,来年3月まで教員室も引っ越しをすることになりました。

S130710193525

標準より狭かった教員室とはいえ,什器以外のほとんどすべてを箱詰めしなくてはいけないというのは大変な作業です(学生諸君に感謝)。

引っ越し先は,環境実験棟の2階で,元は石井昭夫先生の教員室だった場所ですが,最近は実験準備室(兼作業室)として使われていました。ここを他の3人の先生方と4人で来年の3月まで共用します。したがって,移動する什器は最小限(デスク,テーブル,書棚各1のみ)。持ち込む書籍・書類もそこに入りそうな分だけです。あとの段ボールは体育館に保管,什器類は箱崎キャンパスまで運ばれて保管とのこと。

S130724190903

什器,段ボールの移動は引っ越し業者にお願いできたので,移動自体は数時間で完了しました。その日のうちに,常時使う資料などを一気に開梱して,なんとか使える状態になりました。8か月後にはまた移動しなくてはなりませんが。

大橋キャンパス夕景

Evening scene of Ohashi campus
2012年6月4日

S120604192748
Olympus XZ-1

この日は夕空がきれいでした。大橋キャンパスの空間の形態の美しさがひきたちます。

空間プロジェクト:商業施設「つなぐデザイン」

Space Design Project: Commercial Facility "Linking Design"
2012年6月4日

S120604112123
Olympus XZ-1

空間プロジェクト後半課題は今年も商業施設による「つなぐデザイン」。昨年の敷地は新しい建物が建ってしまったので,敷地を変更し,大橋キャンパスの北西端の細長い部分としました。大学と近隣の関係を考えるという意味では同じですが,大橋駅に向かわない分,どことどのようにつなぐのか,から考えなくてはいけません。

S120604114833

例年通り,初回は敷地の測量から。平らなように見えても微妙な傾斜があったり,道路とキャンパス内では地面の高さが違ったりすることを手分けして把握します。測量自体は1年生の演習で習っているからできる・・・はず,という前提で,みな一生懸命思い出しながらやっています。

空間プロジェクト:住宅 最終合評会

Space Design Project: Residential house Final Jury
2012年5月28日

S120528095246
Olympus XZ-1

空間プロジェクト前半課題も最終合評会を迎えました。模型も並べて,各自のデザインの特徴をプレゼンテーションし,講師の先生方からコメントをもらいます。

S120528104531

S120528153036

S120528171328

満足のいく作品ができたかな?

空間プロジェクト:住宅 中間発表会

Space design project: residential house
2012年5月7日

S120507164520_2
Olympus XZ-1

空間プロジェクトの前半課題,住宅の中間発表会です。例年通り,豪華な非常勤講師陣をお迎えしました。毎年,いくつかはユニークな作品が見られるのがうれしい限りです。

この課題は,専任の教員を施主モデルとした課題ですが,某施主から好評を博した作品のひとつがこちらです。

S120507164621

床面積の限られた住宅でもいろいろな形態が可能ですね。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31