twitter

無料ブログはココログ

映画・テレビ

京都の地上デジタル放送事情

Surface digital television at Kyoto
2008/01/04

地上波デジタル放送のエリアについてWebで調べてみた。京都の送信所(比叡山)を調べると放送しているのは「NHK総合」と「京都テレビ」のみ。チャンネルが増える予定もないようだ。いくらなんでもこれは変なので,アナログと同じように大阪の送信所からのエリアかもしれないと考え,生駒山からのエリアを見ると,一応京都市内は含まれているようだ。

地上波デジタルはUHFだからと,アナログのUHFの感覚でいたのがいけないようだ。ただアナログ時代には生駒からのサンテレビ(UHF)の映りはそれほど良くないように聞いていた。そこであらためて近所の家のアンテナがどうなっているか眺めてみることに。

Sp1030449
Olympus E-410 ZD14-42mm F3.5-5.6

ふだん意識しないテレビアンテナを見てみると,向かいの家はUHFアンテナが2組ついていた。ひとつは比叡山,もうひとつは生駒山を向いている。そのほかに家の前から見えるうちはみな比叡山向きだけ。ということはうちと同じ。散歩に出たついでにいろいろな家を見てみる。けっこう2組ついている家も多い。生駒山を向いているアンテナは素子が多く,長さがVHF用と同じくらいあるものが多いし,立派な反射器を備えたものも。やはりそれほど電波は強くないようだ。

アナログ停波まであと3年あるとはいえ,そろそろアンテナを考えた方が良いよ,と両親に説明する必要がありそうだ。

不思議なのは,デジタル対応の液晶テレビを買った時に,販売店がアンテナについて何も言わなかったことだなあ。デジタルはまだ先で良いと思ったのかしら?それともアンテナは面倒だから売りたくない?

JCOMのセットトップボックス交換(1)

Exchange of CATV Set Top Box 1
2007年7月21日

S070721122810 GR Digital (ISO200)

私の住んでいるマンションには,CATVのJCOMが導入されています。地上波(アナログ・デジタルとも)およびCS系はすべてJCOM経由での受信,BSはJCOM経由でもOKですが使い勝手のために屋上のアンテナも生かしてあります。

JCOMもアナログとデジタルを並立させているのが現状ですが,オプションチャンネルの一部のアナログをやめるために,中止するチャンネル契約者にデジタルへの移行を依頼してきました。うちはF1中継を見るためにCSのフジテレビを契約していたので,この対象となったのです。先方からの依頼であることから視聴料は不変,受信に必要になるセットトップボックス(STB)の交換も無料。交換といっても持ってきてつなぎかえるだけだから当然ですが家によっては大変なのかもしれません。

さて持ち込まれたのは,パイオニア製デジタルセットトップボックスBD-V300Jというものでした。パイオニアがSTBを作っているんだ,というのがまず意外でした。最新のSTBのようなのでちょっと期待したのですが・・・。まず目に付いたのが出力としてD端子とHDMIがあることでした。次に,あれっ?BSデジタル,地上波デジタルも使える機器なのにiLinkがない!一部のCATVチャンネルもHD化されつつあるのに,これじゃそのままのクォリティで録画できない?交換に来た人に訊いてみると,iLinkのついたものはありません,と言う。ということはJCOMで地上波デジタル/BSデジタルが見られると言っても録画はできないということなのですね,なんのこっちゃ。

なんだかすっきりしないので,Webで検索してみると,JCOMでもiLink付きのPanasonicのSTBを使っている人がいるようです。そこで,カスタマーサービスに電話してみることにしました。すると,「デジタル導入初期にはそのような機種が存在したが,今はない」という返事です。なんだか時代に逆行しているような,不思議な感じ。しかたがないので,iLinkのついた機種を導入するように要望して電話を切りました。

しばらくして,JCOMから電話がかかってきました。内容は,iLink付きを希望であれば,iLinkについてはサポート外であるが旧製品(Panasonic TZ-DCH500)の在庫があるので,交換してもよい,というのです。旧製品との違いは何かと訊きましたら,モデムが内蔵されていないのが大きな違いで,ほかは同等とのこと。どうせ細かいことを訊いてもわからないと思ってそれ以上は訊きませんでした。
(追記 モデムが内蔵されていないというのはどう考えても変ですね。これは,ケーブルモデムのことでしょう。今までデジタル放送でも双方向通信に興味がなかったので気づきませんでしたが,放送の双方向通信に関しては自社で完結できる分ケーブルは有利ですね。)

iLinkサポートなしといっても,次に買いそうなレコーダーはPanasonicのBlueRayしかないし,モデムなんかつないだことがないので,気にしないことにしました。iLinkが欲しいのだ,という主張が伝わる方がここは大事。うまくいけば,めでたしですが。いずれにしても標準で機種指定ができないのが間違っているような気もします。大昔の電電公社時代の電話機みたい。

そのあと,Web情報をさぐったところでは,CS系チャンネルは音声方式が異なり,どうもiLinkで録画するとSTB経由で再生しないと音が出ないようですね。録画はアナログ出力の方が安全なのかもしれません。(CATVチューナー内蔵のレコーダーはどうなんだろう)

いずれにしても,もう一度交換してもらうことになったので,両方試せるのは良いことです。Panaの画質が悪かったからがっくりだけど,まあそんなことはないでしょう。

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31