twitter

無料ブログはココログ

« ソニービル | トップページ | 小鹿田焼きの里 »

フェルメール 光の王国展

Art exhibition "Vermeer's Kingdom of Light"
2012年4月26日

S120426105147_2
Olympus XZ-1

東京出張の折に,「フェルメール 光の王国」展を見に行きました。実物ではなく,創作当時の色彩などを最新技術で復原したre-create作品の展示です。会場内はフラッシュを使用しなければ撮影可でした。ヨーロッパの多くの美術館もそうですね。日本は撮影禁止が多いのは人口密度が高すぎるのかな?

S120426105349

照明は各作品を正面上方からスポットで狙うシンプルなもの。影もできず反射も気にならないきちんとしたものでしたが,フェルメールの絵画の多くはサイドライト,側方からの光なので,会場の照明もその方向に合わせて斜めから当ててくれるとさらにリアリティが増しそうなのですが。

ヨーロッパの教会に描かれた絵画は画家にもよりますが,窓からの光によるのと同じ方向の陰影を意識して描かれたものがあり,実空間と一体となったリアリティが感じられるものがあるのです。

順路の終わりの方にはこんなしかけも。

S120426110702

S120426111117

糸を張っての遠近法はフェルメールの解説ではおなじみですね。

S120426111312

リ・クリエイト作品は販売もされていましたが,なんと言っても一番人気はやはりこちらでした。

« ソニービル | トップページ | 小鹿田焼きの里 »

文化・芸術」カテゴリの記事

照明・視環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルメール 光の王国展:

« ソニービル | トップページ | 小鹿田焼きの里 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30