twitter

無料ブログはココログ

« 空間プロジェクト 敷地調査風景 | トップページ | 新しいタイヤ »

環境設計学科新入生合宿研修 黒木町

The training course trip to Kurogimachi for new students of Environmental Design Department
2012年4月14~15日

S120414160720_2
Olympus XZ-1

九州大学芸術工学部・環境設計学科では,毎年入学直後の4月中旬に新入生合宿研修として1年生全員と数名の教員が福岡の農山村である黒木町笠原地区で1泊2日の研修を行います。私は今年学務委員なので久しぶりに同行しました。冒頭の写真は棚田の説明を受けているところです。

S120414141310_2

大橋キャンパスから借り上げバスで約2時間,宿泊場所でもある四季菜館(農村体験施設)で2日間の概要説明を受けます。毎年お世話をお願いしている山村塾の小森さんも環境設計学科の卒業生。

S120414151956_2

最初の見学は鴨。合鴨農法のための鴨たちです。田んぼに鴨を入れて農薬を使わないようにする有機農法ですね。田植えはまだなので鴨たちは出番を待っています。そのあたりの草や花を投げてやると我先に集まってきます。食欲旺盛。

S120414153214

肥料になる堆肥の説明です。植物性の堆肥のにおい,手触り,暖かさなどを体験します。

S120414161259

棚田にも上ります。棚田のスケールや石積みの様子,地面の感触なども体感します。

S120414163825

1日目の最後は竹細工です。切り出してきたままの竹をどのように切るかをまず習います。このあと各自が食事で使うコップとお皿,おはしをつくります。

S120414171557

S120414182603

S120414202203

食事の後は,四季菜館の方々からここでの暮らしについていろいろと話をうかがいます。そして,

S120414214257

グループ討論,発表です。今年のお題は「農山村と連携して私たちができること」。

S120415062625

2日目はまずタケノコ掘りから始まります。鍬の使い方を習って,早速トライ。うまくいかないとせっかくのタケノコを傷つけてしまいます。自分で食べるだけならいいけれど,それでは売れませんね。

S120415094519

朝ご飯を食べた後は山へ。今年は檜林の枝打ちです。年によっては間伐体験をすることもあります。

S120415100517_2

実演付きの説明の後,皆のこぎりを持って実際に作業。40人ほどいますので,数時間でそれなりの範囲の枝打ちができます。枝打ちするとこんなに明るくなる,というのを体験です。

たった2日間ですが,学生たちのほとんどにとっては初めての体験。「楽しかった」という人がほとんどです(疲れた,という感想はありますが)。ふだん生活している都市とは違う農山村でどのようなことが行われているかをほんの少しだけ実感しながら,環境設計の学習に活かしてくれることでしょう。

2012年8月追記
このあと7月中旬にあった豪雨で,この地区は大変な被害を受けてしまいました。特に主要な道路の被害が大きく,完全復旧には相当な時間がかかりそうです。

作業ボランティア募集も続いているようなので,協力いただける方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。 http://www.facebook.com/sansonjuku/events

« 空間プロジェクト 敷地調査風景 | トップページ | 新しいタイヤ »

「大学の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123610/55772880

この記事へのトラックバック一覧です: 環境設計学科新入生合宿研修 黒木町:

« 空間プロジェクト 敷地調査風景 | トップページ | 新しいタイヤ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31