twitter

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

初めてのボーイング787

The first time boarding on a Boeing 787
2012年3月14日

S120323052621_2
Olympus XZ-1

スペイン出張はフランクフルト経由で新しいボーイング787でした。

S120314043424_2

エコノミーでも座席が広め,なのは良かったのですが,私は各種補機類のたてる音の音質がひどすぎると感じました。音が静かなのが売り物のはずなのに(エンジン音の音量はたぶん小さいが),モーターだのアクチュエーターだのが常時甲高い音を発していたのです。特に往きの機体はひどかった。帰りも心持ちましという程度でしたが。

新しい機体なので,今後改善されることを期待したいと思います。

初めての羽田空港国際線ターミナル

The first time visit to the new international terminal of the Tokyo International Airport (Haneda)
2012年3月13日

S120313232832
Olympus E-P3, M.ZD9-18mm

スペイン・アラゴンへの調査出張で初めて羽田空港国際線ターミナルを体験しました。

S120313230718_2

福岡からの乗り継ぎなので国内線ターミナルからは連絡バスで。ちゃんと夜中まで走っています。

S120313232113

S120313232440

S120313232738

S120313232815_4


日本建築学会九州支部研究発表会

Annual meeting of Kyushu branch, Architectural Institute of Japan
2012年3月4日

S120304134250
Olympus XZ-1

例年通り,日本建築学会九州支部研究発表会が開催され,大井研からも大学院生が発表を行いました。最初の写真はM1の植田君による「玉名市高瀬地区における景観調査の比較-地元住民と来訪者による景観評価-」。キャプション評価法を使ったものですが,伝統的な街並みと商店街などが混在している地区であり,また評価主体による違いにも注目したものです。

S120304140901

M2の樋渡さんによる「イメージグリッド法による癒しの概念に関する研究」。新しい手法の提案なので,学会発表で多くの人に知ってもらうのは,改良のヒントもいただける良い機会です。

S120304142030

同じくM2の井上君「子どもと大人による小空間の評価 教室まわり小規模空間を想定して」。グラフィカルなプレゼンテーションが良かったですね。

S120304143146

最後はM2本多さんの「LED照明を用いた居室空間の好ましい視環境に関する研究」。

M2の3人は当面これが最後の発表でした。4月からはそれぞれ違うところで活躍してくれることでしょう。

S120304152539_3
会場は西小倉のリバーウォークに隣接する西日本工業大学でした。エスカレーターで教室に上がっていくというのは不思議な感じです。

芦川紀子先生最終講義,退職記念祝賀会

The last lecture and concert of Prof. Noriko Ashikawa
2012年3月3日

S120303140408
Olympus XZ-1

芸術工学研究院の芦川紀子先生の最終講義が大橋キャンパス多次元デザイン実験棟ホールで開催されました。芦川先生らしく,教室での講義でなく,講義+演奏会という形式です。演奏はもちろん関野直樹さん。題して「音楽史とコンサート制作の狭間で:Novi Sad芸術大学でのレクチャーリサイタルを再現する」。

S120303152659

昔のサロンコンサートとは楽器も場所も違うわけですが,演奏者との距離の近さはまさにそれ。この写真は広角端の28mm相当で撮ったもの。

S120303160041

今日の主役は芦川先生。なごやかな雰囲気が最高でした。

芦川先生,今後のますますのご活躍を楽しみにしております。

S120303181947

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30