twitter

無料ブログはココログ

« 「建築写真撮影・再生法-見た目を再現するために考慮すべきこと-」 | トップページ | 公開講座「環境デザインの射程・ランドスケープと建築の融合をめざして」 »

環境設計学科卒業論文発表会

Presentation  of Graduation Theses of Department of Environmental Design
2011年12月6日

S111206142811
Olympus XZ-1

九州大学芸術工学部環境設計学科では,4年生で卒業論文と卒業設計の両方が必修になっています。卒業論文発表会が例年通り12月の上旬に行われました。

卒業論文のための研究にあたっては,4年生の最初から研究室に配属されて,指導教員と大学院生から学びながら各自の研究を一通り仕上げることになります。大井研究室からは以下のように4名が発表を行いました。

金  宝映 色の組み合わせによるリラックス空間の雰囲気の違いに関する研究
      PCCSのltgトーンの中でリラックスできる組合せについて
後藤 ゆり LED照明を用いた好ましい照明の印象に関する研究
      ショーウインドウにおける見え方の印象評価
橋本 佳奈 リビングの吹き抜けの心理的影響に関する研究
      吹き抜け面積の変化への印象評価
柳  緑  オフィス空間のレイアウトと家具色彩選定が働きやすさに与える影響
      オフィスの模型を用いた家具色彩選定実験による検討

S111206151219

いずれも各自の興味にしたがって選んだテーマだけあって,内容に思い入れがあるようで力のこもった発表だったと思います。

S111206151020

« 「建築写真撮影・再生法-見た目を再現するために考慮すべきこと-」 | トップページ | 公開講座「環境デザインの射程・ランドスケープと建築の融合をめざして」 »

「大学の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123610/55359826

この記事へのトラックバック一覧です: 環境設計学科卒業論文発表会:

« 「建築写真撮影・再生法-見た目を再現するために考慮すべきこと-」 | トップページ | 公開講座「環境デザインの射程・ランドスケープと建築の融合をめざして」 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31