twitter

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

天神地下街のクリスマスイルミネーション

Christmas illumination in Tenjin underground mall
2011年12月21日

S111221222115
Olympus XZ-1

毎年少しずつ変わる天神地下街のイルミネーション。今年は派手な色づかいはなく,小さな光源で繊細な雰囲気でした。元の照明がヨーロッパの街路風なので,こういう方が合いますね。

S111221222054

環境設計デザイン基礎演習(前半)1/50模型とCGによる空間分析

Spacial analyses with scale models and CG of houses: Basic Environmental Design Seminar
2011年12月11日

S111211132121
Olympus XZ-1

毎年恒例の環境設計デザイン基礎演習+空間表現実習(1年生科目)の合評会。前半は1/50模型とCGによる住宅の空間分析です。授業内容は今年も,環境設計デザイン基礎演習で,CAD(Jw_cadを使用)とコンピューターグラフィックス(Shadeを使用)の制作を,空間表現実習では手描きのパースや模型の制作を行うのですが,大学の授業としてはこれらを駆使しての「空間分析」が本当の目的です。

S111211140603

前方のテーブルに模型を置いてライティング,正面の壁にプロジェクター2台でCGも使った空間分析のプレゼンテーションと小型カメラで撮影する模型の映像を映し出しての発表です。発表が終わればみなで模型を囲んでのディスカッション。前半は各自の模型制作練習の意味もあり,1/50模型を一人ひとつずつつくります。同じ建築の模型が6~7個並ぶのでなかなか厳しい課題。

今年も非常勤講師として神戸芸工大から花田先生に講評に来ていただきました。専任担当は田上先生,井上先生,福島先生と私です。

未完の家(篠原一男)
S111211132200

無為の家(相田武文)
S111211140837

反住器(毛綱毅曠)
S111211144632

顔の家(山下和正)
S111211151751

顔の家で街並みをつくるのはやめた方が・・・。

原広司自邸(原広司)
S111211160119

中野本町の家(伊東豊雄)
S111211164053

S111211170941

さて後半の1/20模型ではどんなものが見られるでしょうか。

公開講座「環境デザインの射程・ランドスケープと建築の融合をめざして」

Extension lectures "The range of Environmental Design: Toward merging of Landscape and Architecture"
2011年10月19日~12月7日

S111019183013
Olympus XZ-1

毎年,環境設計学科を担当する教員が共同して公開講座を実施しています。今年は標記のようなタイトルで芸工大がめざした「環境設計」の原点を考えようという企画でした。第1回は朝廣和夫先生の「緑のあるくらしを考える」。

S111026192859

第2回は田上健一先生の「自然に溶け込む建築」。第3回は土居義岳先生の「フランス国土概念の成立」。

S111109183005

第4回は片野博先生(九州大学名誉教授)による「建築達がつくりだす大学キャンパス景観」。大橋キャンパスだけでなく箱崎キャンパスの建築も多数登場しました。

S111130183341

第5回 包清博之先生の「生活環境とランドスケープデザイン」に続いて第6回は杉本正美
先生による「開発と風景」。最後が私の「環境心理から環境デザインへ」。

著名な建築にはたいてい建築家とランドスケープアーキテクトのコラボレーションが見られますし,住宅でもどちらか一方だけではよい風景は生まれません。このことをさまざまなアプローチから語り尽くす講座であったのですが,残念ながら受講生は少なめ・・・。

一方通行の講演ではないので,なんとか教室へ足を運んでいただければと思うのですが,みなさんお忙しくなかなか難しいのでしょうか。

【追記】2012年度後期には公開講座「絆の環境設計」が企画されていますのでご期待ください(私は担当ではありませんが)。

環境設計学科卒業論文発表会

Presentation  of Graduation Theses of Department of Environmental Design
2011年12月6日

S111206142811
Olympus XZ-1

九州大学芸術工学部環境設計学科では,4年生で卒業論文と卒業設計の両方が必修になっています。卒業論文発表会が例年通り12月の上旬に行われました。

卒業論文のための研究にあたっては,4年生の最初から研究室に配属されて,指導教員と大学院生から学びながら各自の研究を一通り仕上げることになります。大井研究室からは以下のように4名が発表を行いました。

金  宝映 色の組み合わせによるリラックス空間の雰囲気の違いに関する研究
      PCCSのltgトーンの中でリラックスできる組合せについて
後藤 ゆり LED照明を用いた好ましい照明の印象に関する研究
      ショーウインドウにおける見え方の印象評価
橋本 佳奈 リビングの吹き抜けの心理的影響に関する研究
      吹き抜け面積の変化への印象評価
柳  緑  オフィス空間のレイアウトと家具色彩選定が働きやすさに与える影響
      オフィスの模型を用いた家具色彩選定実験による検討

S111206151219

いずれも各自の興味にしたがって選んだテーマだけあって,内容に思い入れがあるようで力のこもった発表だったと思います。

S111206151020

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30