twitter

無料ブログはココログ

« 公開講座「環境デザインの射程・ランドスケープと建築の融合をめざして」 | トップページ | 天神地下街のクリスマスイルミネーション »

環境設計デザイン基礎演習(前半)1/50模型とCGによる空間分析

Spacial analyses with scale models and CG of houses: Basic Environmental Design Seminar
2011年12月11日

S111211132121
Olympus XZ-1

毎年恒例の環境設計デザイン基礎演習+空間表現実習(1年生科目)の合評会。前半は1/50模型とCGによる住宅の空間分析です。授業内容は今年も,環境設計デザイン基礎演習で,CAD(Jw_cadを使用)とコンピューターグラフィックス(Shadeを使用)の制作を,空間表現実習では手描きのパースや模型の制作を行うのですが,大学の授業としてはこれらを駆使しての「空間分析」が本当の目的です。

S111211140603

前方のテーブルに模型を置いてライティング,正面の壁にプロジェクター2台でCGも使った空間分析のプレゼンテーションと小型カメラで撮影する模型の映像を映し出しての発表です。発表が終わればみなで模型を囲んでのディスカッション。前半は各自の模型制作練習の意味もあり,1/50模型を一人ひとつずつつくります。同じ建築の模型が6~7個並ぶのでなかなか厳しい課題。

今年も非常勤講師として神戸芸工大から花田先生に講評に来ていただきました。専任担当は田上先生,井上先生,福島先生と私です。

未完の家(篠原一男)
S111211132200

無為の家(相田武文)
S111211140837

反住器(毛綱毅曠)
S111211144632

顔の家(山下和正)
S111211151751

顔の家で街並みをつくるのはやめた方が・・・。

原広司自邸(原広司)
S111211160119

中野本町の家(伊東豊雄)
S111211164053

S111211170941

さて後半の1/20模型ではどんなものが見られるでしょうか。

« 公開講座「環境デザインの射程・ランドスケープと建築の融合をめざして」 | トップページ | 天神地下街のクリスマスイルミネーション »

「大学の話題」カテゴリの記事

環境設計デザイン基礎演習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123610/55359944

この記事へのトラックバック一覧です: 環境設計デザイン基礎演習(前半)1/50模型とCGによる空間分析:

« 公開講座「環境デザインの射程・ランドスケープと建築の融合をめざして」 | トップページ | 天神地下街のクリスマスイルミネーション »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31