twitter

無料ブログはココログ

« 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第3日 | トップページ | docomo F-11c使用感 »

過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第4日

Depopulation area research: A preliminary survey of Aragon, Spain, Day 4
2011年11月21日

S111121111014

4日目はもう少し西寄りのHecho valleyにあるEmbúnへ。

S111121111036

Embúnでは50代と思われる住民女性に話を聞くことができました。農業で生計を立てている家はほとんどなく,拠点都市であるJaca周辺で働いているか年金かどちらかのようです。Jacaでは就職難とのことですが,さほど大都市ではないと思われるのに「Jacaには何でもある」と言っていたのが印象的。

S111121121325

集落内にも商店が1軒あるがJacaのスーパーの方が安いため通常の買い物はそこまで出かけるのだそうです。道路は非常によく整備されているので,住民のイメージでは,たとえばEmbúnからJacaまでは20分くらいとのことですが,これはさすがに飛ばしすぎ?でも30分もあれば地域の拠点集落まで行けるということではあります。クルマさえあれば・・・ですが。

« 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第3日 | トップページ | docomo F-11c使用感 »

旅行・地域」カテゴリの記事

建築・住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第4日:

« 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第3日 | トップページ | docomo F-11c使用感 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30