twitter

無料ブログはココログ

« 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第2日 | トップページ | 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第4日 »

過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第3日

Depopulation area research: A preliminary survey of Aragon, Spain, Day 3
2011年11月20日

S111120105215
Olympus E-P3, M.ZD 9-18mm

第3日はこのあたりでも最小の6家族しか住んでいない集落として紹介されたRañínへ。La Fuevaという谷筋の地域にあります。実際には30人くらいが住んでいるようですし,最寄りの拠点集落Tierrantonaまでも7kmほど。

S111120112202

話の聞けた80歳の男性によると1940年頃には同年齢の子どもだけで61人いたとのことなので相当減少していることになります。人口減少は1960年代の工業化から始まり,村にとってはこれが第一の危機。第二の危機は大農場との競争によるもので現在では農家は補助金によってのみ成立している状態のようですが補助金も廃止の予定なので今後は不透明だとか。

S111120112304

空き家については観光客向けの改修例もあるようで,Tourismo Ruralという組織があって,予約もインターネットで行われるため,所有者は予約管理などをする必要がないことから,22軒のうち3軒がこれに改修されているようです。

S111120112708

自治体組織としてはCouncil of valley La Fuevaに含まれていて,ゴミ収集等は行われているようですが,集落の道路清掃など公共部分の管理についての行政サービスはないとのこと。公共部分の管理については2週間に一度の教会行事の際に全員が集まって話し合いを持ち,相談が行われています。日本で言えば小規模集合住宅の管理組合のようなものですね。

« 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第2日 | トップページ | 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第4日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

建築・住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第3日:

« 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第2日 | トップページ | 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第4日 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30