twitter

無料ブログはココログ

« 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第1日 | トップページ | 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第3日 »

過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第2日

Depopulation area research: A preliminary survey of Aragon, Spain, Day 2
2011年11月19日

S111119111859
Olympus E-P3, M.ZD 9-18mm

いよいよピレネー山麓の集落に向かいます。第2日はSahúnという集落。

S111119111905_2

ここは中央ピレネー高地にあたります。山間でスキー場も近く山歩きなどのリゾート地でもあります。最寄りの拠点集落まで6km,地域の拠点集落までは55km,人口は120人ほど。集落内にはホテルが3軒ありますが,食料品店などはありません。

S111119111921

S111119155018

Sahúnでは,役場において行政など集落の運営に関わっている方4名の話を聞くことができました。住宅以外に空き家が約80戸あるそうですが,これらはいずれも貸し住戸として使われていて,放棄されているのではないとのこと。農業のみで生計を立てている家は2世帯のみで,その他は建設業,ホテル業,レストラン,商店などです。
1980年代以降はスキーリゾートとしての開発が進み,現在はヨーロッパ全域から来訪するようになっていて,現在では観光業が90%とか。

若者が村に残らない理由として挙げられたのは職業選択肢が限られること,高等教育の不足,専門的職業につくことの難しさです。また文化施設などの欲求もあるのではとのこと。ただし失業率は0です。集落内にあるホテルのレストランで昼食をいただきましたが,メニューも選択可能でなかなかおいしいもの。リゾート地のおしゃれなレストランという雰囲気でした。

« 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第1日 | トップページ | 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第3日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

建築・住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第2日:

« 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第1日 | トップページ | 過疎地集落研究 スペイン・アラゴン予備調査・第3日 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30