twitter

無料ブログはココログ

« 「調査のデザインの作法と技法~仮説のデザインから分析のデザイン」 | トップページ | オリンパスPen E-P3 »

Indy Japan Final観戦

Watching Indy Japan Final Live
2011年9月17~18日

S110917150652
Olympus E-P3, M.ZD40-150mm (Digital Zoom 2x)

茂木で開催されたインディ・ジャパン・ファイナルへ琢磨君の応援に行きました。元々社会状況などからホンダが中心となる日本での開催は,ひとまず2011年で終了,ということだったのですが,東日本大震災の影響で開催されずに終わるのでは?という声さえ聞こえたものです。

S110918124213

インディカーが走るはずだったオーバルコースは地震で被災,たった1レースのためだけに補修するというのは経済的な問題だけでなく,復興に必要な建設資源や人を使うという観点からも不可能。開催地の茂木は福島からも近いためレースのためにチームが来日してくれるのか,という心配さえあったのですね。

S110917145635

でもインディカー関係者はみんな来てくれました。ホンダを始め,日本企業もインディカーを支えてきたことはみんな知っているのです。琢磨君が始めたWith you Japanの活動にもみんな協力してくれていますし,うれしい限りです。

観客数だけならIndy 500の方が多いわけですが,あちらはとにかく広い。だから人の密度は茂木の方がずっと上。今年は東北周辺の中高生の無料招待などもあったようでパドックはラッシュ時の様相。早々にスタンドに戻りました。

S110918130624

琢磨君応援席はロードコースの最終コーナー寄り。手前に見えるのがこのレースのためだけに作られたインディカー用ピットロードの入口です。インディカーシリーズのピットは機材を置く場所とピットロードの間に「ピットウォール」があるのが特徴なのでふつうのピットは使えないのです。

S110918152308_2

琢磨君の茂木でのレースも当分見納めです。結果は最高とはいかなかったけれどしっかり見せてくれました。それにしてもすごい報道陣。

S110918193434
Olympus XZ-1

« 「調査のデザインの作法と技法~仮説のデザインから分析のデザイン」 | トップページ | オリンパスPen E-P3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Indy Japan Final観戦:

« 「調査のデザインの作法と技法~仮説のデザインから分析のデザイン」 | トップページ | オリンパスPen E-P3 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30