twitter

無料ブログはココログ

« オープンキャンパス2011 | トップページ | Indy Japan Final観戦 »

「調査のデザインの作法と技法~仮説のデザインから分析のデザイン」

Manners and techniques of the design of surveys: the design of hypotheses through analyses
2011年8月26日

S110826100627
Olympus XZ-1

第11回となる日本建築学会環境心理生理チュートリアル「調査のデザインの作法と技法~仮説のデザインから分析のデザイン」が開催されました。2011年3月にようやく刊行にこぎ着けた「調査のデザイン」の内容から,主要部分の紹介という位置づけでもあります。

S110826101424

S110826105657

S110826124549

S110826150506

後半は恒例のよろず相談,ディスカッション。会場の参加者が研究や調査でかかえている疑問点や悩みを具体的に質問すると,出席している環境心理生理運営委の総力を挙げて回答するという企画。必ずしも答えが得られるわけではありませんが,最新の研究状況はわかるはずです。

S110826153844

チュートリアルが終わって外に出たら,ものすごい豪雨でした。建築会館中庭の屋根と建物の間からあふれた水が滝のように落ちてくるのは初めて見ました。

« オープンキャンパス2011 | トップページ | Indy Japan Final観戦 »

環境心理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« オープンキャンパス2011 | トップページ | Indy Japan Final観戦 »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30