twitter

無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

「調査のデザインの作法と技法~仮説のデザインから分析のデザイン」

Manners and techniques of the design of surveys: the design of hypotheses through analyses
2011年8月26日

S110826100627
Olympus XZ-1

第11回となる日本建築学会環境心理生理チュートリアル「調査のデザインの作法と技法~仮説のデザインから分析のデザイン」が開催されました。2011年3月にようやく刊行にこぎ着けた「調査のデザイン」の内容から,主要部分の紹介という位置づけでもあります。

S110826101424

S110826105657

S110826124549

S110826150506

後半は恒例のよろず相談,ディスカッション。会場の参加者が研究や調査でかかえている疑問点や悩みを具体的に質問すると,出席している環境心理生理運営委の総力を挙げて回答するという企画。必ずしも答えが得られるわけではありませんが,最新の研究状況はわかるはずです。

S110826153844

チュートリアルが終わって外に出たら,ものすごい豪雨でした。建築会館中庭の屋根と建物の間からあふれた水が滝のように落ちてくるのは初めて見ました。

オープンキャンパス2011

Open Campus
2011年8月7日

S110807110837
Olympus XZ-1

恒例のオープンキャンパスが大橋キャンパスでも開催されました。
追記 2012年のオープンキャンパスは8月4日開催予定です。

S110807110931

演習などの学生作品の展示を現役学生の説明付きでじっくり見ることができます。

S110807154449

学生生活や入試対策体験など,教員に答えられないことも先輩が教えてくれます。

S110807113550

さらにいくつかの研究室を回るガイドツアーも。大井研究室ではLED色彩照明の模型実験を体験できます。

2012年度も似たような内容をさらにパワーアップして開催予定なので,興味のある方はぜひ足をお運びください(高校生諸君,待ってるぞ)。

高校生向け公開講座「光の造形」2011

Extention course for Highschool students: "Modeling of Light"
2011年8月6日

S110806143636

今年も夏の高校生向け公開講座「光の造形」が開催されました。最初に空間と光の話を少しして,そのあと実際に立方体空間の壁に穴やスリットをあけて光が入るような模型を制作してもらいます。

S110806151803

建築のスタディ模型でよく使われる材料を自分で切ってつくってみます。少し作業したら実際に光を当ててみて空間にどのように光が入ってくるかを確認します。意図通りでなければその理由を考えて,また修正すればよいのです。その間,数人の環境設計学科教員とアシスタントの大学院生が相談に乗ってくれます。

最後に参加者の前で制作意図を簡単に説明し,全員で見ます。そのあと先生方からの講評です。この一連のプロセスは大学での演習課題の時とそっくり同じ。時間が短いだけですね。それでは高校生諸君がつくった作品を見てみましょう。

S110806163617

S110806164359

S110806165301

S110806170237

S110806171204

今年も素敵な作品がたくさんできました。来年も何らかの形で高校生向けの講座を企画したいと思います。高校生諸君,ぜひ参加してください。もちろん環境設計学科を目指してくれればいうことなし。大橋キャンパスでお待ちしています。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30