twitter

無料ブログはココログ

« JR九州 駅の日中消灯(節電) | トップページ | 空間プロジェクト2011年度後半課題 商業施設「つなぐデザイン」 »

北九州市立大学 学生交流施設見学

A visit to the student interchange center, University of Kitakyushu
2011年6月13日

S110613102421
Olympus E-PL2, M.Zuiko Digital 9-18mm

環境設計学科・空間プロジェクトの一環として,北九州市立大学 北方キャンパスにある学生交流施設を見学に行きました。ちょうど非常勤講師をお願いしている赤川貴雄先生が設計されたもので,学生用施設という点で空間プロジェクトの後半課題にも大いに参考になるはずです。

S110613102215

正門側からアプローチすると,2つの校舎にはさまれた緑地の軸線上の奥にひっそりとたたずんでいます。

S110613102357

まず屋上に上がります。もともとあった樹木を残して中庭とし,その周りに建物が計画されていることがわかります。

S110613115449

さらに1段高くなった次の屋上へ進みます。

S110613103226

正面の緑地の豊かな緑が目に入ります。朝廣先生によれば落羽松という落葉の針葉樹なのだそうです。

S110613102918

S110613102722

振り返ると中庭の樹木が目に入り,中庭を見下ろすことができます。

S110613103352

中庭の周囲を回って下に降りてみましょう。室内空間は中庭よりも1段下げられていて中の様子が見渡せます。

S110613104107

メインの交流室です。ダウンライトと間接照明がうまく組み合わされています。照明設計も赤川先生によるものです。

S110613104824

正門側の空間とはスロープで連結されています。

S110613104517

こちらの空間はさらに1段下がっていて中庭への視線が新鮮です。

S110613104841

こぢんまりした空間ですが吹き抜けがあって変化のある空間となっています。

S110613105340

外に回って緑地側から交流室を見ます。交流室ごしに中庭,さらにその向こうにも建物が見えるので奥行きが感じられます。

S110613105406

S110613105435

建物のボリュームも奥の方が高さが低いため,遠近感が強調されます。

S110613111557

モノレールができて以降,北方キャンパスはモノレール駅からのアプローチがメインになっています。モノレール駅から青嵐門を抜けて中央の緑地に進んでくると交流施設はこのように見えます。落羽松の並木がいい感じです。

決して大きくはない建築ですが,周囲の空間を引き締める核になっているように感じられますね。

« JR九州 駅の日中消灯(節電) | トップページ | 空間プロジェクト2011年度後半課題 商業施設「つなぐデザイン」 »

「大学の話題」カテゴリの記事

建築・住まい・インテリア」カテゴリの記事

空間プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123610/51986532

この記事へのトラックバック一覧です: 北九州市立大学 学生交流施設見学:

« JR九州 駅の日中消灯(節電) | トップページ | 空間プロジェクト2011年度後半課題 商業施設「つなぐデザイン」 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31