twitter

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

北九州市立大学 学生交流施設見学

A visit to the student interchange center, University of Kitakyushu
2011年6月13日

S110613102421
Olympus E-PL2, M.Zuiko Digital 9-18mm

環境設計学科・空間プロジェクトの一環として,北九州市立大学 北方キャンパスにある学生交流施設を見学に行きました。ちょうど非常勤講師をお願いしている赤川貴雄先生が設計されたもので,学生用施設という点で空間プロジェクトの後半課題にも大いに参考になるはずです。

S110613102215

正門側からアプローチすると,2つの校舎にはさまれた緑地の軸線上の奥にひっそりとたたずんでいます。

S110613102357

まず屋上に上がります。もともとあった樹木を残して中庭とし,その周りに建物が計画されていることがわかります。

S110613115449

さらに1段高くなった次の屋上へ進みます。

S110613103226

正面の緑地の豊かな緑が目に入ります。朝廣先生によれば落羽松という落葉の針葉樹なのだそうです。

S110613102918

S110613102722

振り返ると中庭の樹木が目に入り,中庭を見下ろすことができます。

S110613103352

中庭の周囲を回って下に降りてみましょう。室内空間は中庭よりも1段下げられていて中の様子が見渡せます。

S110613104107

メインの交流室です。ダウンライトと間接照明がうまく組み合わされています。照明設計も赤川先生によるものです。

S110613104824

正門側の空間とはスロープで連結されています。

S110613104517

こちらの空間はさらに1段下がっていて中庭への視線が新鮮です。

S110613104841

こぢんまりした空間ですが吹き抜けがあって変化のある空間となっています。

S110613105340

外に回って緑地側から交流室を見ます。交流室ごしに中庭,さらにその向こうにも建物が見えるので奥行きが感じられます。

S110613105406

S110613105435

建物のボリュームも奥の方が高さが低いため,遠近感が強調されます。

S110613111557

モノレールができて以降,北方キャンパスはモノレール駅からのアプローチがメインになっています。モノレール駅から青嵐門を抜けて中央の緑地に進んでくると交流施設はこのように見えます。落羽松の並木がいい感じです。

決して大きくはない建築ですが,周囲の空間を引き締める核になっているように感じられますね。

JR九州 駅の日中消灯(節電)

JR Kyushu Lights-out at stations in daytime (electricity saving)
2011年6月3日

S110603104218_2
Olympus E-PL2, M.Zuiko Digital 14-42mmII

東日本震災に端を発した原発事故により全国的に原発の運転数が減っています。九州も例外ではないどころか原発比率が高かったこともあり供給力は減っているはずです。しかも燃料確保が他社以上に難しいようなので夏場のピークといった話ではなく,すぐにでも節電すべきという状態のようです(なかなか明言されず,かつマスコミもそれを許さない雰囲気なのがややこしいのですが)。おそらく大口需要家には節電要請があったものと思われ,JR九州の駅が昼間消灯を始めたという記事があったので見に行きました。

S110603104403

最初に行ったのは千早駅。ここは高架の下がコンコースになっている駅なので,入口からコンコースまでは照明なしでは暗すぎるため入口から改札付近ではとくに消灯している気配はありません。エスカレーターを上るとホームは全て消灯していることがわかりました。自照式のサイン類も消されていますが,比較的コントラストがはっきりしたデザインであることもあり,特に見にくいことはないようです。駅名表示や番線表示も同様です。

S110603104724

階段を上から見ると,上部のサインは消灯されていますが,下部のものはついています。明るさのバランスも問題ないようです。

S110603105312

電車に乗って隣の香椎駅へ。こちらは消灯の新聞記事になっていた駅ですが,ホームの駅名表示は点灯したままです。番線表示も点灯されているのがうっすらわかります。

S110603105404

一方ホームの照明は端の方は消され,奥だけ点灯されています。

S110603105859

S110603110054

S110603110103

一部を除けばそれなりに配慮して消灯されているように見えるので改札付近にいた駅員さんに訊いてみました。すると見にくくならないかきちんと目視確認して消灯箇所を決めているようです。ただタイマー点灯で(駅員が簡単には)消せないもの(番線表示など)もあるようでした。

全体に少しも問題はないので,これくらいが標準になってくれるといいですね。最初からこのくらいの消費電力できちんと設計すればさらに見やすくなるはずですし。

Centennial INDY500 Part4

2011年5月30日

S110530131031
Olympus E-PL2, M.Zuiko Digital 9-18mm

翌日は昼からKV Racingのショップ(工場)へ。ふたたび琢磨君,マシュー,松本カメラマンと再会です。

S110530131427

オーバルで前走車がいる場合の走行ラインについて解説する琢磨君。マシンは帰ってきた状態のままトランスポーターの前にありました。一見アームだけのようですがサスペンションの付け根までダメージが。

S110530132542

ステアリングの説明をする琢磨君。細かなこだわりがいろいろとあります。このあと各ショップを巡りました。デカールを自製するための機械や部品を製作する装置など。エンジニアリング・オフィスにはセッティングデータのファイルがずらり。最後にサイン会。それぞれ持参したものにサインをお願いします。時間のある限り話はつきませんが・・・このあとは日テレの取材だったみたい。

S110530174751
E-PL2, M.Zuiko Digital 14-42mmII

この日オフィシャルバンケット会場は宿泊先の隣のホテル。数名で連れ立って当然のように出迎えに行ってみます。インディカードライバーは奥様連れが多いのですが,やっぱり一番ゴージャスに見えたのはアシュレイ・ジャッドでした。チャンピオンドライバーのダリオがボディ・ガードみたい。琢磨君はマシューと登場,でした。彼が会場に消えるのを見届けてから仲間と同じホテルのイタリアンで最後の晩餐としゃれこみました。

S110531055715

最終日は明け方にホテルを出てシカゴへ。夢のような時間もこれで終わりです。あっという間のリフレッシュ休暇でした。

【追記】2012年5月6日
 あれからもうじき1年。出発前はあわただしかったので成田空港まで行ってから和利さんに連絡をとったのでした。「今から病院なので,今年は行けないんです」と言われたように思います。声はふつうだったので単なる通院だと思っていました。

 帰国便で成田に着いて乗り継ぎ時間があったので帰国報告しようと電話したら出たのは昭子さん。すぐに代わられて短時間お話できたのですが,とてもしゃべりにくそうで・・・これが最後になってしまいました。和利さんゆっくりお休みください。 

Centennial INDY500 Part3

2011年5月29日

S110529103530
Olympus E-PL2, M.Zuiko Digital 14-42mmII

 さあレース当日です。我々のツアーはパトカー先導でスピードウェイへ。このルートは一般車両通行止めでスピードウェイ近くでは反対車線を走ります。右側は大渋滞。

S110529081237

朝,まだ人のまばらなピットに行ってみました。マシンはガソリンアレーあたりに待機していてレース前の車検に向かうところだったようです。いったんガレージに戻されて,レース前にピットまで運ばれてきます。

S110529094335

いよいよマシンがピットに運ばれる時間。ディクソンのマシンはリアウィングにバッグを山積みにして登場。もちろん強度は問題ないのでしょうが・・・

S110529094651

5時間後には優勝することになるマシンです。琢磨君のマシンはずいぶん遅くなって運ばれてきました。さっそくタイヤ交換のリハーサル。前方グリッドのクルマはピット出口から逆走する形で人混みをかき分けてグリッドへ運ばれます。

S110529103218

琢磨君のグリッドROW4のインサイドはウォールを超えるブリッジのすぐそば。一応KVのおにいちゃんがガードしていますが,ちょっと心配になるくらいの人だかり。セレモニーが始まる頃にはスタンドへ移動。

S110529154125

Hスタンドはピットレーン入口あたりでした。見えるのはターン4からメインストレートの1/3くらいだけ。巨大なオーバルコースです。琢磨君はストレートを下って見えなくなりそのまま戻ってきませんでした。写真はレース終了後の優勝者ウェルドンのパレードランです。

S110529165031

バスに戻る前にウェルドンがインタビューを受けているところに遭遇しました。なんともうれしそうです。この日は有名なステーキハウスSt.Elmoで夕食会。琢磨君を迎えて乾杯の後,レースで実は何があったかをじっくりと聞くことに。ステーキハウスにはライアン・ブリスコーもいて,帰りがけにいったいどうしたの,と聞かれてました。

Centennial INDY500 Part2

2011年5月28日

S110528132450
Olympus XZ-1

お昼頃いったん市内に戻り,パレードを見物。地元の高校やらミス○○みたいなものやら様々です。われわれのすぐ前にいたファミリー関係の女の子が乗っているクルマが来たりするともう大騒ぎ。ドライバーはグリッドの最後列から順にやってきます。琢磨君のクルマには松本カメラマンが乗っていてうまく発見されれば写真を撮ってくれるはずなのですが,満員なので我々は一番後ろ。でもここはアメリカ,写真を撮ってもらうことになっているので琢磨君が来た時だけ前に行かせて,と話すと前列のファミリーが,それなら前に入れと入れてくれ,いつの間にか一番前に。そこへROW 4がやってきます。琢磨君はインサイドなので向かって右側。いっせいに叫んで気付いてもらいます。ここからはこちらが松本さんの被写体に

S110528132519
E-PL2, M.Zuiko Digital40-150mm

琢磨君は最後まで手を振ってくれました。

S110528141531
E-PL2, M.Zuiko Digital14-42mmII

後でガレージにおいでとマシューに言われていたのでタクシーで再度スピードウェイへ。ガレージでマシンをじっくり見ます。今回から開けられたクリア・シールド。ホワイトラインカットのための秘密兵器?

S110528143136

みなでマシンのそばで記念撮影などしていると,そこへ琢磨君登場です。寄せ書きバナーを広げて写真を撮ってました。ダイヤリー用かな?

S110528145814

帰りがけ,ふとパゴダを見上げると1位の位置に5番が!?いえ,もちろん5月なんですが。

Centennial INDY500 Part1

2011年5月27~28日

S110528081200_2
Olympus E-PL2, M.Zuiko14-42mmII

世界3大自動車レースのひとつINDY 500。その100周年記念レースに佐藤琢磨君の応援に行ってきました。

S110527155318

宿泊したホテルのフロントもインディ500仕様の飾り付けです。

S110528085218

最初に事務所でパスを申請。琢磨君のマネージャーであるMathewやF1時代にチーム広報だったEmmaとも再開しましたが,彼らはカートでさっさと去っていきました。スピードウェイは広い!のですが我々は歩くのか?と心配しましたがメディアセンターまで往復しているカートに乗せてもらえるのでした。スタンドの裏を延々走りトンネルでコースをくぐって,メディアセンターに到着。

S110528091532

さっそくドライバー・サイン会に並んでみます。スターティンググリッドの列ごとになっていました。さっそく琢磨君と再会。同じ列のメイラ,ヒルデブラントのサインカードももらい握手しました。琢磨君の後方には松本カメラマンも発見。

S110528093803

メディアセンターの壁には予選詳細結果が。マジック手書き!です。

S110528094538
E-PL2, M.Zuiko Digital 40-150mm

メディアセンターのバルコニーから琢磨君たちドライバーがサインしているのが見えます。

S110528100044
E-PL2, M.Zuiko14-42mmII

アメリカの少年ファンも多いみたい。ROW4の3人ではどう見ても琢磨君が一番人気。

S110528101738
E-PL2, M.Zuiko Digital 40-150mm

100周年ということで歴代出走ドライバーの集合写真撮影です。ドライバー達は大人しく指示通りに並んで待っています。そろそろ撮影,後ろの列は立って・・・はい,撮影開始です。最前列に歴代優勝ドライバー,最後列は今年のドライバーのようです。カメラマンたちがいっせいにシャッターを切ります。ところが・・・

S110528101817
Olympus XZ-1

撮影一段落,と思ったころに赤い帽子の男が走ってきます。アル・アンサーJrでした。みんな大笑い。なごやかです。

S110528101829
E-PL2, M.Zuiko Digital 40-150mm

並び直すことはせず,こんなところで写真に写ってます。

S110528105825

次はコースサイドに移動しての出走リング贈呈式など各種セレモニー。かなり寒くて琢磨君も重ね着してます。昨年のチャンピオン表彰などに続いて出走ドライバー一人一人に記念リングが渡されます。琢磨君がコールされ,がっちり握手してリング贈呈。

S110528113510

バスの駐車場はTurn 1~2のインフィールド側でした。広い!

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30