twitter

無料ブログはココログ

« 空間プロジェクト2011年度前半課題「住宅」 | トップページ | Centennial INDY500 Part2 »

Centennial INDY500 Part1

2011年5月27~28日

S110528081200_2
Olympus E-PL2, M.Zuiko14-42mmII

世界3大自動車レースのひとつINDY 500。その100周年記念レースに佐藤琢磨君の応援に行ってきました。

S110527155318

宿泊したホテルのフロントもインディ500仕様の飾り付けです。

S110528085218

最初に事務所でパスを申請。琢磨君のマネージャーであるMathewやF1時代にチーム広報だったEmmaとも再開しましたが,彼らはカートでさっさと去っていきました。スピードウェイは広い!のですが我々は歩くのか?と心配しましたがメディアセンターまで往復しているカートに乗せてもらえるのでした。スタンドの裏を延々走りトンネルでコースをくぐって,メディアセンターに到着。

S110528091532

さっそくドライバー・サイン会に並んでみます。スターティンググリッドの列ごとになっていました。さっそく琢磨君と再会。同じ列のメイラ,ヒルデブラントのサインカードももらい握手しました。琢磨君の後方には松本カメラマンも発見。

S110528093803

メディアセンターの壁には予選詳細結果が。マジック手書き!です。

S110528094538
E-PL2, M.Zuiko Digital 40-150mm

メディアセンターのバルコニーから琢磨君たちドライバーがサインしているのが見えます。

S110528100044
E-PL2, M.Zuiko14-42mmII

アメリカの少年ファンも多いみたい。ROW4の3人ではどう見ても琢磨君が一番人気。

S110528101738
E-PL2, M.Zuiko Digital 40-150mm

100周年ということで歴代出走ドライバーの集合写真撮影です。ドライバー達は大人しく指示通りに並んで待っています。そろそろ撮影,後ろの列は立って・・・はい,撮影開始です。最前列に歴代優勝ドライバー,最後列は今年のドライバーのようです。カメラマンたちがいっせいにシャッターを切ります。ところが・・・

S110528101817
Olympus XZ-1

撮影一段落,と思ったころに赤い帽子の男が走ってきます。アル・アンサーJrでした。みんな大笑い。なごやかです。

S110528101829
E-PL2, M.Zuiko Digital 40-150mm

並び直すことはせず,こんなところで写真に写ってます。

S110528105825

次はコースサイドに移動しての出走リング贈呈式など各種セレモニー。かなり寒くて琢磨君も重ね着してます。昨年のチャンピオン表彰などに続いて出走ドライバー一人一人に記念リングが渡されます。琢磨君がコールされ,がっちり握手してリング贈呈。

S110528113510

バスの駐車場はTurn 1~2のインフィールド側でした。広い!

« 空間プロジェクト2011年度前半課題「住宅」 | トップページ | Centennial INDY500 Part2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Centennial INDY500 Part1:

« 空間プロジェクト2011年度前半課題「住宅」 | トップページ | Centennial INDY500 Part2 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30