twitter

無料ブログはココログ

« Centennial INDY500 Part2 | トップページ | Centennial INDY500 Part4 »

Centennial INDY500 Part3

2011年5月29日

S110529103530
Olympus E-PL2, M.Zuiko Digital 14-42mmII

 さあレース当日です。我々のツアーはパトカー先導でスピードウェイへ。このルートは一般車両通行止めでスピードウェイ近くでは反対車線を走ります。右側は大渋滞。

S110529081237

朝,まだ人のまばらなピットに行ってみました。マシンはガソリンアレーあたりに待機していてレース前の車検に向かうところだったようです。いったんガレージに戻されて,レース前にピットまで運ばれてきます。

S110529094335

いよいよマシンがピットに運ばれる時間。ディクソンのマシンはリアウィングにバッグを山積みにして登場。もちろん強度は問題ないのでしょうが・・・

S110529094651

5時間後には優勝することになるマシンです。琢磨君のマシンはずいぶん遅くなって運ばれてきました。さっそくタイヤ交換のリハーサル。前方グリッドのクルマはピット出口から逆走する形で人混みをかき分けてグリッドへ運ばれます。

S110529103218

琢磨君のグリッドROW4のインサイドはウォールを超えるブリッジのすぐそば。一応KVのおにいちゃんがガードしていますが,ちょっと心配になるくらいの人だかり。セレモニーが始まる頃にはスタンドへ移動。

S110529154125

Hスタンドはピットレーン入口あたりでした。見えるのはターン4からメインストレートの1/3くらいだけ。巨大なオーバルコースです。琢磨君はストレートを下って見えなくなりそのまま戻ってきませんでした。写真はレース終了後の優勝者ウェルドンのパレードランです。

S110529165031

バスに戻る前にウェルドンがインタビューを受けているところに遭遇しました。なんともうれしそうです。この日は有名なステーキハウスSt.Elmoで夕食会。琢磨君を迎えて乾杯の後,レースで実は何があったかをじっくりと聞くことに。ステーキハウスにはライアン・ブリスコーもいて,帰りがけにいったいどうしたの,と聞かれてました。

« Centennial INDY500 Part2 | トップページ | Centennial INDY500 Part4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Centennial INDY500 Part3:

« Centennial INDY500 Part2 | トップページ | Centennial INDY500 Part4 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30