twitter

無料ブログはココログ

« リレーつばめ 九州新幹線前夜 | トップページ | コンパクト・システム・カメラ向きストラップ »

悲しいほどお天気 東日本震災の翌朝

What a sad fine weather after East Japan disaster
2011年3月12日

S110312103000
Olympus XZ-1

震災当日3月11日の午後,私は特急で名古屋から長野に向かっていました。週末に2年ぶりのスキーを志賀高原で楽しむ予定だったのです。中津川停車中に変な揺れが続きました。列車はそのまま発車したもののほどなくして坂下という特急が停車するはずもない小さな駅に停車。車内放送が地震発生を告げますがどんな地震かは知るよしもない。いずれにしても徐行運転が続き,長野には相当遅れて到着。大地震であることはわかったものの,距離も離れており翌日は滑るつもりで最終バスで志賀に向かい,宿で仲間と合流しました。地震以後リフトは止まってしまい,早々と宿に戻っていたようです。

そして夜中に新潟・長野県境の地震で飛び起きることに。震度はおそらく6強くらいですが強烈な縦揺れと大音響。地震で揺れる度にその直後,テレビが「強い揺れに備えてください」というような場所でした。幸い目に見える被害はなし。

S110312104658

それでも朝を迎えると何事もなかったかのように快晴。夜中に地震があったから,リフト運行開始は遅れるかな?などと話していたのです。ところが朝東京を出るはずだった仲間からはおよそそれどころではないようなメールが入ります。危ないから戻ってこない方がよいのではないか,というような内容まであります。そうこうするうちに今日は終日リフトは運休との知らせ。自宅が心配なので戻るという人も多く,今回のツアーはここで中止に。私は長野まで送ってもらい,西に向かうことにします。

S110312104801

S110312112708

長野駅は東京方面の新幹線再開を待つ人であふれていてみどりの窓口も大行列。でも名古屋方面の特急はがら空きなのでした。長野はすっかり東日本になってしまったのだなあ,という感じでした。

いずれにしても紙一重で被災しなかったという印象が強く,避けられるリスクは回避すべきとの考えがよりいっそう強くなりました。

« リレーつばめ 九州新幹線前夜 | トップページ | コンパクト・システム・カメラ向きストラップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいほどお天気 東日本震災の翌朝:

« リレーつばめ 九州新幹線前夜 | トップページ | コンパクト・システム・カメラ向きストラップ »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30