twitter

無料ブログはココログ

« 第2回アジア生活環境デザイン研究会 | トップページ | 環境設計デザイン基礎演習(後半)1/20模型とCGによる空間分析 »

環境・遺産デザインコース修士論文発表会

Master Theses Presentations of Environment and Heritage Design Course
2010年2月4日

S110204094204
Panasonic GF1, Lumix G20mmF1.7

芸術工学専攻 環境・遺産デザインコースの修士論文発表会が九州大学大橋サテライトで開催されました。大井研究室からは今年は過去最多,5編の論文が発表されることに。

S110204095752

S110204130452

S110204132022

S110204134212

室内の色彩と空間形状,コンフォートとプレザントネス,街路景観と色彩ガイドライン,印象評価・気分評価の時間変化,色彩と時間感覚とどれも興味深いテーマであり,研究水準としてもいずれもすぐに審査論文にできそうなものでした。

修士論文の審査もテーマに合わせて,建築計画系,都市計画系,さらには数理統計が専門の先生にもお願いして高水準の質疑が行われたと思います。お疲れ様でした。

さて,どうやって審査論文化しましょうか。

« 第2回アジア生活環境デザイン研究会 | トップページ | 環境設計デザイン基礎演習(後半)1/20模型とCGによる空間分析 »

環境心理」カテゴリの記事

大学の話題」カテゴリの記事

照明・視環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境・遺産デザインコース修士論文発表会:

« 第2回アジア生活環境デザイン研究会 | トップページ | 環境設計デザイン基礎演習(後半)1/20模型とCGによる空間分析 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30