twitter

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

福岡から東京へ 空撮

Birdseye shot: Fukuoka to Tokyo
2011年2月21~22日

S110221122155
Olympus E-PL2, M.Zuiko Digital 14-42mmII

東京にはけっこう出張があるのですが,飛行機の中では寝てしまうことも多く,それほど写真を撮ることはありません。この日は新しく入手した沈胴式のキットズームをバッグに入れていこうと思い立ったのと天気が非常に良かったので眼下の景色を撮影してみました。

S110221122716

S110221122959

S110221123643

S110221123807

S110221123837

S110221124558

S110221125340

この日は南側からぐるっと回り込むコースだったので富士山にはこれ以上近づきませんでした。翌日帰る際には今度はほぼ真上を飛ぶコースでした。

S110222101602

望遠レンズで切り取る風景

Landscape cropped with a telephoto lens
2011年2月19日

S110219154944
Olympus E-PL2, M.Zuiko Digital 40-150mm

インテリアや建築空間の記録では広角レンズの出番が多く,望遠レンズの使用頻度は高くありません。でも風景の見えという意味では望遠の遠近感が人の知覚に近いこともあります。ただそのためだけに大きなレンズを持ち出すというのは難しく,小型軽量なレンズが欲しいところです。

そこで愛用のマイクロ・フォーサーズシステムにオリンパスから出ている40~150mmに目をつけ,E-PL2のダブルズームキットを購入することにしました。オリンパスは相変わらず実用重視のメーカーで,E-PL2のダブルズームで計664g。広角ズーム望遠ズームの組み合わせでも707gは驚異的。パナソニックGF2はボディ最軽量だけど手ぶれ補正のあるズームを組み合わせるともう少し重くなります。

Lumix GF1はあいかわらずお気に入りのカメラですが,手ぶれ補正が欲しくなる場合もあり,Oly E-PL2を併用することにしました。E-5などに比べ弱いとされる手ぶれ補正ですがそれなりにちゃんと機能しているようです。EVFの見やすさも◎

おなじみのネクサスワールドを切り取ってみましょう。

S110219154808

S110219155021

S110219155118

S110219155602

S110219155928

環境設計学科 卒業設計展示会

The Graduate Design Exhibition of Department of Environmental Design, School of Design
2011年2月18日

S110218151946
Olympus E-PL2, M.Zuiko Digital 9-18mm

今年も大橋キャンパス・多次元デザイン実験棟ホールで環境設計学科の卒業設計展示会が行われました。ポスターセッションの後,教員採点・学生評価が行われ,午後は順位の発表と上位作品の講評会です。卒業設計だけにどれも見所はあるのですが,今年特に印象に残ったのは以下の2作品でした。

ジユンクワンクワテイ(森山直紀) 冷泉小学校リノベーションS110218112938

S110218113014

non static houses (Yushi Sasada)
S110218154442

S110218145633

2011/06/19追記 笹田君はその後行われた卒業設計日本一決定戦でファイナリスト10選(得票では実質6位)になったとのこと。おめでとう。

ネクサスワールド・レム棟オープンハウス

An openhouse of Rem Building, Nexus World
2011年2月13日

S110213151147
Panasonic GF1, Olympus M.Zuiko Digital  9-18mm

ひさしぶりにレム棟のオープンハウスがありましたので見に行ってきました。ちなみに道路をはさんで西側がレム棟,東側がクールハース棟です。

S110213151405

S110213151415

S110213151744
最上階の主室ですが断面構成と屋根形状の関係で,この住戸は他と比べて天井が低めなのでびっくりするような開放感はないようです。その分使いやすいかもしれません。

S110213151836

S110213151941

S110213151956

S110213152036
周囲の眺望はほとんど得られない代わりに,他所からの視線もほとんど気にならない構成です。空を見て暮らす感じになるのでしょうね。

環境設計デザイン基礎演習(後半)1/20模型とCGによる空間分析

Spacial analyses with scale models and CG of houses: Basic Environmental Design Seminar
2011年2月6日

S110206132631
Panasonic GF1, Lumix G14mmF2.5

毎年恒例の環境設計デザイン基礎演習+空間表現実習(1年生科目)の合評会。後半は5~6人のグループで行う1/20模型とCGによる住宅の空間分析です。今年も授業内容は不変。環境設計デザイン基礎演習で,CAD(Jw_cadを使用)とコンピューターグラフィックス(Shadeを使用)の制作を,空間表現実習では手描きのパースや模型の制作を行うのですが,大学の授業としてはこれらを駆使しての「空間分析」が本当の目的です。プレゼンテーションは模型に加え,2面のプロジェクション画像を用います。1面は図面とCGを含むスライドプレゼンテーション,そしてもう1面に小型ビデオカメラで模型空間をリアルタイムで映します。

それでは模型を中心に紹介しましょう。

シュレーダー邸(リートフェルト)
S110206133646

S110206133744

S110206134646
ディテールまでつくりこまれたすばらしい模型。可動部分もうまく再現できていました。

軽井沢の山荘(吉村順三)
S110206140421

S110206140444

S110206143420
アプローチを含む周辺を1/50で,建築本体を1/20で制作。室内側からの空間再現は模型ならでは。

スミス邸(リチャード・マイヤー)
S110206144516

S110206150832

S110206152422
このグループはなかなか制作対象が決まらなかったのですが,建築に対するこだわりの強い人がいたようです。空間分析にしたがって分割して見られる模型でした。これを活かして吹き抜けから見下ろしたアングルを撮影してみました。

ジューシー・ハウス(アトリエ・ワン)
S110206153835

S110206153950

S110206160728
色彩の使い方が特徴的な住宅です。外から眺めていたのではわからない,内部の雰囲気が模型映像で少し感じられたのではないでしょうか。

森山邸(西澤立衛)
S110206162201

S110206164546

S110206161558
独立住宅ではなく,それらが集まったような集合住宅なので,その間の外部空間が重要です。いろいろな視点から自由に眺められるのは模型ならでは。

House before House (藤本荘介)
S110206165311

S110206165328

S110206165808

ふつうの住宅ではない,プリミティブな住宅というコンセプトに基づくプロジェクト(スミカ・プロジェクト)のひとつ。森山邸よりも小さなスケールで各ボックスは小さな部屋になっています。空間内に配置された樹木も重要な要素。

PCオーディオ導入

Introducing PC Audio
2011年2月5日

S110205163644

オーディオの世界ではCDプレーヤーなどを使わないでデジタルデータをハードディスクやPCなどに置くPCオーディオ/ネットワークオーディオが話題になっているようです。CDからの読み取りエラーやジッターによる時間軸のずれなども考えれば,原理的には納得しやすい話です。調べてみると,PCにUSBで接続し一般的なアンプに入力可能な同軸デジタルに変換してくれるトランスポートがあるのがわかりました。

そこで久しぶりにオーディオ機器を購入(仕事用のICレコーダーは除く)。ONKYO ND-S1というDD変換器,これでPCに取り込んだCDを自宅のアンプ・スピーカーでばっちり聞ける。VaioX(USB)ND-S1(同軸デジタル)YamahaDSP-AX4600という接続。

S110205163356

続いてONKYO ND-S1にVaioTTをつないでみます。ND-S1の説明書はごくあっさりしたもので,PCの説明はほとんどなし。VaioTTは64bit版のWin7なのでちょっと心配したのですがあっさりつながりました。さて2台のPCで音楽ファイルをうまく共用できるかな?

リッピングファイルの再生体勢も一応できたので,CDのリッピング開始です。楽しめる音質が確保されればいいので,VaioTTの内蔵ドライブでiTunesのWAV「エラー訂正を使用する」として取り込み開始。SACDを聴きながら。

いろいろなCDを久しぶりに聞き直したりしていますが,わが家のシステムだとプレーヤーにそのままかけるよりもPCにリッピングしたものの方が自然に聞こえるようです。もっともSACD並とはいかないようですが。

環境・遺産デザインコース修士論文発表会

Master Theses Presentations of Environment and Heritage Design Course
2010年2月4日

S110204094204
Panasonic GF1, Lumix G20mmF1.7

芸術工学専攻 環境・遺産デザインコースの修士論文発表会が九州大学大橋サテライトで開催されました。大井研究室からは今年は過去最多,5編の論文が発表されることに。

S110204095752

S110204130452

S110204132022

S110204134212

室内の色彩と空間形状,コンフォートとプレザントネス,街路景観と色彩ガイドライン,印象評価・気分評価の時間変化,色彩と時間感覚とどれも興味深いテーマであり,研究水準としてもいずれもすぐに審査論文にできそうなものでした。

修士論文の審査もテーマに合わせて,建築計画系,都市計画系,さらには数理統計が専門の先生にもお願いして高水準の質疑が行われたと思います。お疲れ様でした。

さて,どうやって審査論文化しましょうか。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30