twitter

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

京都の雪

Snow in Kyoto
2010年12月31日

S101231103323
FinePix F200EXR

この年末は多くの地域で雪が降りました。年末ぎりぎりに移動しようとした人は大変だったようです。京都の住宅地もこのとおり。

S101231130010
Panasonic GF1, G14mmF2.5

S101231130028

静かに新年を迎えるには良かったかもしれませんね。

環境設計デザイン基礎演習(前半)1/50模型とCGによる空間分析

Spacial analyses with scale models and CG of houses: Basic Environmental Design Seminar
2010年12月19日

S101219131550
Panasonic GF1, Lumix G14mmF2.5

毎年恒例の環境設計デザイン基礎演習+空間表現実習(1年生科目)の合評会。前半は1/50模型とCGによる住宅の空間分析です。授業内容としては,環境設計デザイン基礎演習で,CAD(Jw_cadを使用)とコンピューターグラフィックス(Shadeを使用)の制作を,空間表現実習では手描きのパースや模型の制作を行うのですが,大学の授業としてはこれらを駆使しての「空間分析」が本当の目的です。

S101219130725

前方のテーブルに模型を置いてライティング,正面の壁にプロジェクター2台でCGも使った空間分析のプレゼンテーションと小型カメラで撮影する模型の映像を映し出しての発表です。発表が終わればみなで模型を囲んでのディスカッションとなります。

S101219130944

今年も神戸芸工大から花田先生に講評に来ていただきました。専任担当の田上先生,鵜飼先生,井上先生と私も加わっての授業です。

カーテンウォールの家(坂茂)
S101219131810

一番上の写真がプレゼンテーションの様子です。練習で作った住吉の長屋に続く2作目の模型ということで精度はまだまだ。とくに手すりが難しかったようです。これからはいろいろと工夫を始めてくれるでしょう。

Glass Shutter Studio (坂茂)
S101219141242

S101219141547

1/50なので可動シャッターをつくることは要求しない代わりにいろいろなタイプをつくってもらいました。空間構成がよくわかったのではないでしょうか。

伊豆高原の家(堀部安嗣)
S101219145418

S101219145605

敷地の傾斜は意識されているのですが,周囲をつくるまでにはいたらなかった様子。これからはもっと周りまでつくるのがあたりまえ,になってもらいましょう。この班はみな精度は悪くなかったですね。

S101219151731

ここで花田先生からとっておきの体験談。花田先生はここに泊まられたことがあるというのです。この家を建てた記録である"memento mori"の内容も交えての解説は貴重なものでした。

牛久のギャラリー(堀部安嗣)
S101219154638_2

S101219155446

1/50模型では隙間からカメラを入れたりのぞいたりするのは難しいので,内部空間を見るために一部壁を取り外したりすることになります。制作途中ではなかなか理解してもらえないようでしたが,このように光を入れて見ることを体験してもらったので,模型の意味がわかってきたでしょうか。

未完の家(篠原一男)
S101219162314

S101219163912

篠さんの家(篠原一男)
S101219165223

S101219170356

1/50模型ですが,例外的に壁に色彩をつけてもらいました。次の1/20模型ではテクスチャーなども再現して空間がどのように変わるか意識しながらの作業になりますので,ちょうどよい練習になったのではないでしょうか。

今年も後半の模型,空間分析が楽しみです。

ライカDGマクロ・エルマリート45mmF2.8

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH.
2010年12月3~5日

S101205152040
Panasonic GF1, LeicaDG Macro-Elmarit 45mmF2.8

春に購入したパナソニックGF1がすっかりメインカメラになり,単焦点レンズも20mm標準と14mm広角がそろうと,望遠の単焦点レンズが欲しくなってきます。Micro Four ThirdsにはパナソニックからライカDGブランドのマクロ・エルマリート45mmF2.8が出ていて,もちろんAFも効きますし手ぶれ補正も内蔵されていますので,組み合わせるには最適です。やや大ぶりなのが気になりますが・・・。

レンズが納品されましたので,さっそく試写。マクロレンズなので手近なものを接写してみました。

S101205154343

マクロのF2.8開放なので,フォーカスがシビアだろうな,と思ったのですが,どちらもAFで狙い通りのところに焦点が合っています。これならじゅうぶん使えそう(あたりまえかもしれませんが)。

S101204100210

もちろん接写だけでなく,通常用途にも使えます。建築写真や風景にも使いやすい画角。このあとたまたま卒業生の結婚式があったので持って行きましたが,ズームよりも明るくかつ手ぶれ補正内蔵なので,暗めの会場でも新郎新婦をばっちりとらえることができました。

環境設計学科卒業論文発表会

Presentation  of Graduation Theses of Department of Environmental Design
2010年12月3日

S101203103413
Panasonic GF1, Lumix G14mmF2.5

九州大学芸術工学部環境設計学科では,4年生で卒業論文と卒業設計の両方が必修になっています。このため卒業論文の発表会は早めで,12月の上旬に行われます。会場はいつものように九州大学大橋サテライト。

卒業論文のための研究にあたっては,4年生の最初から研究室に配属されて,指導教員と大学院生から学びながら各自の研究を一通り仕上げることになります。大井研究室からは4名が発表を行いました。最初はデジタルサイネージを応用した非常口サインの基礎的な検討に関するもの。

S101203115330

商業店舗における靴の置き方とそこから感じられる印象について。

S101203130027

住宅居間のトップライトの断面形状の違いと雰囲気について。

S101203144958

そして,共用空間(今回は学生食堂)における作業のしやすさと居心地について。

発展させるとおもしろそうなテーマもあるのですが,残念ながら3人は他専攻への進学,もう一人は就職が決まっています。一人も進学しないのは久しぶりのような気がしますが,仕方がありませんね。

紅葉狩り

Autumn tints of Maple Trees
2010年11月30日

S101130134146
Panasonic GF1, Lumix G14-45mm

慌ただしい毎日ですが,たまにはリフレッシュしないと・・・というわけで1日だけ休んで紅葉狩りに出かけました。といってもあまり遠出は難しいのでどこか良さそうな場所がないかと探したところ,北九州の瀬板の森公園が行きやすそうで,かつタイミングも悪くなさそうでした。こういう時にはインターネットは便利ですね。

S101130131934

休みとなると,とても朝早くは無理。ということは現地に着く頃にはお昼,というわけでまずは昼食です。口コミで評判の良さそうなランチの食べられそうな店をリストアップしておき,地図を頼りに探します。1軒目のイタリアンはどうも移転間近らしく,閉まっていました。2軒目の候補は住宅地の中にあるフレンチ「シャンフレーシュ」。オーナーシェフは北九州プリンスホテルにいた方だそう。建て売り住宅のリビングルームをそのままレストランに改装したような店ですが,雰囲気は悪くないし,料理はとてもおいしい。

S101130134438

瀬板の森公園は貯水池の周りが散策できるようになっている公園でレンタサイクルもあるようでした。端から端まで歩くと1時間くらいかかりそうでしたが,途中まで行って引き返すコースで小一時間。

S101130135213

もちろん全部が紅葉というわけにはいきませんが,何カ所か美しいところがあり,じゅうぶん満足できました。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30