twitter

無料ブログはココログ

« 富山の市電 | トップページ | 安藤忠雄氏講演会at大橋キャンパス »

2010日本建築学会大会(富山大学)

2010 Annual Confence of AIJ (Toyama University)
2010年9月9~11日

S100909135833_pt
Panasonic GF1, Lumix G14-45mm

学生時代は学会の大会と言えば自分の発表が大きなウエイトを占めていて,あとは近い分野の発表を探して聴く,といった感じでしたが,学会の本当のおもしろさは研究が総合された各種の協議会や懇談会にあります。今年の環境工学部門の研究懇談会は「どんな快適環境をめざすのか」というタイトルで,音・光・熱といった環境要素別の研究動向と,都市環境や環境心理生理といった横断的な分野からの話題提供と討論が行われました。専門的には異なる分野でそれぞれ活躍されている先生方がパネラーでしたが,なんらかの形で互いに知っている方が多く,他分野への敬意も感じられてこの種の催し物としてはなかなか充実した討論でした。

S100909192443_pt_2
FinePix F200EXR (PTLens)

初日の夜は恒例の研究室懇親会です。建築学会大会は人が多いので会場探しもなかなか大変。候補をいくつも学生に伝えてその中から予約してもらいました。それがこのカーブ隠れや。入口に不思議なサインがありますが,

S100909192512_pt

S100909192618_pt

ほんとに狭い。

S100910111741
Panasonic GF1, Lumix G20mm

大井研究室からも多数の発表を行いました。

S100910135924_pt
GF1, Lumix G14-45mm

この日は学会賞受賞者の記念講演がありました。一人目は大鶴先生(大分大)。

S100910141646_pt

二人目は小林茂雄先生(東京都市大)。環境心理生理分野としては乾先生以来という感じでしょうか。お二人ともおめでとうございます。

S100910154821_pt

引き続いて環境工学部門の研究協議会「地球環境時代に環境工学はどう社会貢献できるのか?」がありました。ここ数年,建築学会は発表中の撮影を制限する張り紙がやたら目立つのですが,どちらかといえば写真も撮っていっぱい宣伝したいので,発表者には写真を撮るけどいいよね?と訊いて撮っています(一度訊いた知り合いにはもういちいち訊きませんが)。

S100911080518
GF1, G20mm

富山は福岡からはけっこう行きにくい場所です。飛行機だと小松空港経由になっていたようですが便数も少なくJRの乗り継ぎの方がむしろいいくらい。特急に乗って新大阪で新幹線に乗り換えます。初めてe特急券というのを使ってみました。カードを入れればすぐに切符が出てくるはず・・・だったのですが,「係員を呼んでください」の表示になってしまいました。こちらから呼ぶまでもなく駅員さんが裏から顔を出します。急ぐかどうかを確認されましたが,時間には余裕があります。何かと思ったら,券売機のインクの交換でした。家庭用のプリンターじゃないんだから,一人分も印刷できなくなったらその時点で交換できるようにすべきではないかしら。

S100911080526

このまま博多まで行くので,朝ご飯のパン,コーヒーと,昼ご飯の弁当を買いこみます。一番おいしそうだったのが駅入り口のこの店。「富山湾」という弁当を買いましたが,なかなか豪華でした。

« 富山の市電 | トップページ | 安藤忠雄氏講演会at大橋キャンパス »

環境心理」カテゴリの記事

建築・住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010日本建築学会大会(富山大学):

« 富山の市電 | トップページ | 安藤忠雄氏講演会at大橋キャンパス »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30