twitter

無料ブログはココログ

« 21. iaps (Leipzig) 参加記 (Day5): 映像博物館からナショナル・ギャラリーへ | トップページ | 21. iaps (Leipzig) 参加記 (Day6): ベルリン・バウハウス・アーカイブ »

21. iaps (Leipzig) 参加記 (Day5): ドイツ国会議事堂

Travel Sketches at 21st iaps (Leipzig) Day 5: German Parliament
2010年7月3日

S100703213657_pt
Panasonic GF1, M.Zuiko Digital 9-18mm

夕方になるのを待って,ホテルを出ます。この時期,日没は遅いはずなので,夕食をとったあと,国会議事堂のドームに上って夕焼け空を楽しもうと考えたのです。あのドームはおそらく夕暮れが一番美しいはず,と思ったのですが,大正解でした。

S100703182934_pt

ホテルから地下鉄を乗り継ぎ,まずガイドブックに美しい広場として紹介されていたジャンダルメン・マルクトを目指しました。コンツェルト・ハウスとフランスドーム。この広場は基本的にすべて石材で囲まれている感じ。樹木の類はほとんど感じられません。そこで感じられるのは建築物,空間の形態,そして空の美しさ!だいぶ気温も下がってきたので,フランスドームを脇からながめられるテーブルに陣取って夕食としました。

S100703203134_pt

S100703203350_pt

食事の後はのんびり歩いてブランデンブルク門を目指します。東西ベルリンに分割されていた時には東側であった方から西側に抜けました。議事堂の見学者入口につくと・・・かなり長い列。場内の人数制限があるとはきいていましたが,はたして中に入れるだろうか,とちょっと心配に。待っている間もだんだん空が暮れていく様子が美しく,議事堂入り口もオレンジ色に染まっていきますのであきることはありません。

S100703212637_pt

待つことしばし,無事に中に入れました。入ってしまえば後は自由です。

S100703212938_pt_2

S100703213930_pt

S100703214650_pt

S100703214954_pt

S100703215858_pt

見学を終えて出てくると,空はブルーモーメントに変わりつつありました。

S100703221517_pt
Panasonic GF1, Lumix G14-45mm

ベルリン市内はかなり遅くまでバスが走っています(地下鉄はもっと遅くまで)ので,問題なく帰れます。信号待ちでちょうど止まったところに美しくライトアップされた建物があったので車内から撮影。夕景・夜景の撮影ではデジタルの恩恵をたっぷりと感じます。

« 21. iaps (Leipzig) 参加記 (Day5): 映像博物館からナショナル・ギャラリーへ | トップページ | 21. iaps (Leipzig) 参加記 (Day6): ベルリン・バウハウス・アーカイブ »

旅行・地域」カテゴリの記事

照明・視環境」カテゴリの記事

建築・住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21. iaps (Leipzig) 参加記 (Day5): ドイツ国会議事堂:

« 21. iaps (Leipzig) 参加記 (Day5): 映像博物館からナショナル・ギャラリーへ | トップページ | 21. iaps (Leipzig) 参加記 (Day6): ベルリン・バウハウス・アーカイブ »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30