twitter

無料ブログはココログ

« シンポジウム「省エネルギー人間学のすすめ」 | トップページ | 空間プロジェクト「大橋キャンパスアプローチの計画」 石田先生レクチャー/エスキス講評 »

空間プロジェクト「大橋キャンパスアプローチの計画」 敷地のサーベイと測量

Space Design Project "Space for approaching Ohashi Campus": Survey of the planning site
2010年6月07日

S100607101201_pt

環境設計学科2年生の「空間プロジェクト」,後半の課題は昨年から変更されて「大橋キャンパスアプローチの計画」です。単なるアプローチ空間ではなく,ギャラリーやカフェといった施設を配して,いかに人の流れやコミュニケーション,さらには周辺への影響なども考慮した計画ができるか,という課題です。元々,大橋キャンパスが九州芸術工科大学のキャンパスとして香山先生を中心に計画された際,大橋駅から那珂川までの連続性を考えたキャンパスプランになっていました。そのすべては実現していませんが,キャンパス内の配置はマスタープランに近いものですし,最近の石田先生設計の「ゆめアール大橋」「九州大学サテライト」によって,またほんの少し当初計画に近づいたか?という状態です。

今回の敷地は,キャンパスの正門周辺および,正門の斜め向かいにある駐車場と日赤通り沿いにあるビルの敷地も利用して,新たな提案を作るというもの。2年生にとっては初めての地域へのしかけを含む設計演習となります。

S100607103338_pt

まずはグループに分かれて,敷地の調査です。キャンパス内については平板測量,樹木の高さや幹の太さなども測ります。

S100607101910_pt

測量などは,1年生の「環境設計デザイン基礎演習」で一度学んでいるので,それなりにスムーズに進めてくれたようです。でも自分の設計の中で,敷地サーベイの結果をうまく活かすことができるかどうかはまた別問題。さあ,どんな提案が出てくるか楽しみです。

FinePix F200EXR (PTLens)

« シンポジウム「省エネルギー人間学のすすめ」 | トップページ | 空間プロジェクト「大橋キャンパスアプローチの計画」 石田先生レクチャー/エスキス講評 »

「大学の話題」カテゴリの記事

空間プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123610/48884071

この記事へのトラックバック一覧です: 空間プロジェクト「大橋キャンパスアプローチの計画」 敷地のサーベイと測量:

« シンポジウム「省エネルギー人間学のすすめ」 | トップページ | 空間プロジェクト「大橋キャンパスアプローチの計画」 石田先生レクチャー/エスキス講評 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31