twitter

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

ワークショップ「環境行動研究における生態学的アプローチの可能性」

Workshop: Possibility of the Ecological Approach in Environment-Behavior Studies
2010年5月29日

S100529093436
Panasonic GF1, Lumix G 14-45mm/F3.5-5.6

人間・環境学会MERA大会では2つのワークショップが開催されましたが,そのうちのひとつ「環境行動研究における生態学的アプローチの可能性」に参加しましたので,その内容をご紹介しましょう。

S100529094206

S100529094234

幸山真也(プランテック総合計画事務所)「建築デザインにおける生態幾何学の研究」
 移動体験,要素配列と位置関係,光学的流動,サーフェイスのレイアウトについて
 視覚変化の類型化によって体験の種類を記述。視覚変化と心理/感覚の関係は?
 心理的感覚効果:圧迫感,緊張感,開放感など が身体移動に直接影響するのかどうか(歩行速度は変わるか,歩行位置がずれるか)

S100529101735

S100529101748

稲上 誠(東京工業大学)「“圧迫感”としてとらえた周囲を取り巻く環境の知覚」
 Gibsonの世界観 動き回る動物にとっての環境:媒質,物質,面
 周囲の環境に対する漠然とした意識を,意識させないで捉えるために「圧迫感」を媒介にする。 cf. Cullen: a journey through pressures and...
 仮説:移動時の環境知覚は前(視野)だけでなく周囲全方向から
 樹木も圧迫感に寄与していることが明らかに。絶対距離,有効範囲がある

S100529103637

S100529104637

関 博紀(東京大学)「「つかう」と「つくる」―― 行動の2つの側面」
 建築計画のおもしろさと難しさ 戸が開いていれば人は入ってくるだろうか?
 建築における操作「囲み」
 設計において「知ること」 設計プロセスに見られる探索的活動
 「つかう」と「つくる」はどうつながるか
 JJ Gibson (1979) 「知覚するために動き,動くために知覚する」
 JJ Gibsonのアプローチ「5つの知ること」(1976 未公刊)
 1. 眼球運動 正面 壁
 2. 頭部の回転 周囲 部屋
 3. 移動 周辺 室内~街
 4. 旅行・探検 世界中 世界中
 5. 操作・分析 物の性質(時計や内燃機関の仕組み←1979の本にある例)
  1~4は既存環境の利用,5は環境の改変を含む

S100529110138

王 羽(中国建築設計研究院)
「移動による視覚的変化に基づく環境認知とデザインに関する研究」

論文や本を読むだけでは理解しにくい核心について,少しわかったような気がするワークショップでした。最後の舟橋先生によるまとめがまた希有,参加できたことに感謝という感じでした。

S100529111735

S100529111810

LUMIX G 14-45mm 空撮

Lumix G14-45mm: Aerial Photos
2010年5月28日

S100528140147
Panasonic GF1, Lumix G 14-45mm/F3.5-5.6

飛行機の窓際の席から地上が見えると,写真を撮りたくなるものです。離着陸時にはデジタルカメラは使えないので,フィルムの時代よりも減ってしまったかもしれませんが。

一般のコンパクト・デジカメの場合,ズームがついていますし,本体も小さいので窓際で撮るには向いているのですが,ちょっと気になるのが望遠側の画質です。一般には広角側のシャープさと比べて少し解像度が落ちることが多いよう。一眼レフなどのレンズではもちろんそんなことはないはずですから,マイクロフォーサーズで撮るとどうなのか,は楽しみにしていたことのひとつでした。

S100528140311

結果は大満足。最近は飛行機に乗ると寝てしまうことが多いので,あまり窓際の席を取っていませんでしたが,これからはどうしましょうか。

新レンズ:オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED9-18mmf4.0-5.6

New Lens: Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED9-18mmf4.0-5.6
2010年5月24日

S100524131648
Panasonic GF1, Lumix G 20mmF1.7

小型軽量であるマイクロフォーサーズの機動力を空間の観察調査にも活かすために,超広角ズームレンズを導入しました。マイクロフォーサーズ用の超広角としては,パナソニックの7-14mmとオリンパスの9-18mmがあります。いずれも手ぶれ補正機能は内蔵されていません。通常使用では画質はどちらもかなり良いと思われるので,より広角をとるか,小型軽量をとるか,といった選択肢となります。私の場合は換算18mmの画角でこれまで困ったことがないので,オリンパスの方を選択。換算35mmまでカバーしていますからむしろ使いやすいかもしれません。現状ではパナソニックレンズの場合,カメラボディ側での色収差補正が効くという利点もありますが,オリンパスも来年には対応するという話もあるようです。

S100525232500

さて,どのくらいのサイズかということを他のレンズと並べてみたのがこれ。左からOM ZUIKO 21mmF2,今回の主役M.ZUIKO 9-18mm,そしてリコーGRデジタル用のワイドコンバージョンレンズです。M.ZUIKOは口径は小さいものの,ズームのくせにOM 21mmよりも小さく,圧倒的に軽い。おまけに縮めた時の全長はGR用ワイコンとほぼ同じ(写真ではリアキャップの分,背が高く見えるだけです)。

というわけで,純正のレンズポーチも購入したものの,ふだんはOMレンズのポーチを流用することになりそうです(フードは入りませんが)。

S100525232109

さっそく大橋キャンパスで試写。

S100524183846
Panasonic GF1, M.Zukio Digital ED9-18mmf4.0-5.6

ただ,むしろ狭い空間で必須というところでしょう。

S100524215806

松下美紀「アースコンシャスな照明デザイン」

Miki Matsushita: Earth conscious lighting design
2010年5月20日

S100520153127

照明学会九州支部の総会に合わせた特別講演会で,松下美紀さんに「アースコンシャスな照明デザイン」と題してお話いただきました。作品は多数ありますが,やはりよく知られているのは福岡タワーの照明でしょうか。

講演ではいつも光に関係するいろいろな写真を紹介してくださいますが,今回はAstroSoichiさんの月の写真に触れられました。今は光がどういうものかについての底上げの時期,照明によっておいしさが変わる,価値が変わるといったことを多くの人に実際に見ていただくことが大切,ということで新しい事務所には「照明シミュレーションルーム」があります。

S100520153520

LEDの普及,デジタル化によってさまざまな人がデザインをするようになりましたが,照明デザイナーが美しさを伝える必要があるようです。また夜間の景観について地域の人と共に考えるワークショップなども普及活動として展開されています。LEDが新しいといっても魔法の明かりではないのです。

多数の事例が示されましたが,アースコンシャスという意味では,たとえば「百道浜 山王病院周辺の公開空地」の照明。公開ですからもちろん誰でも入れるのですが,きちんとした照明デザインを施すことで自然に利用者の協力を引き出して環境を維持していこうという狙い。それも暗がりはなくしつつ最小限の光で。全体でも消費電力は3kWほどにすぎないとのこと。

もうひとつの事例として紹介されたのが「ひびきのサトヤマビレッジ」。44戸の住宅地開発ですがコモンスペースを大切にした計画。共用部分の照明は全体で1.6kWしかないそうです。もちろん全体の計画・運営が必要なわけで,各戸のエントランスの常夜灯についてのルールを決めています。これを常時点灯すること,そして「別のものをつけないこと」。これは非常に重要なことです。

照明器具や光源の技術開発では「省エネルギー」はできますが,それだけではふじゅうぶんであることがよくわかります。照明デザインという人間の営みに少し予算と時間を振り向けることで,より楽しく,アースコンシャスな照明ができる,という非常にわかりやすいお話でした。

Panasonic GF1, Lumix G 14-45mm/F3.5-5.6

LUMIX G 14-45mm 香椎浜ネクサス地区

Lumix G 14-45mm: Kashii-hama Nexus Area
2010年5月13日

S100513174416

パンケーキ20mmの次に標準ズームをそろえたわけですが,ここでちょっと昔話。

最近はズームレンズが全盛ですが,1970年代には一眼レフのシステムといえば,交換レンズをどうそろえるか,というのが重大な関心事で,カメラの入門書に必ず取りあげられるものでした。さらにそれぞれの焦点距離に開放F値の異なるレンズが数種類あるのもあたりまえでした。当時,基本セットとされていたのが標準50mm,広角28mm,望遠100mmの3本。あるいは広角を35mmと24mmにするのが良いという人もいました。

S100513174427

そのころ,カメラ雑誌に新川幸信氏が論文と呼んでも良い文章を書かれていました。ズームレンズの焦点距離をテレ端とワイド端の幾何平均で表し,それを中心と考えるというのです。すなわち35~70mmの標準ズームは49.5mmの2倍ズームであって,標準レンズを置き換えるものだ,と。なぜかこの考え方に惹かれた私は,ふつうのセットには目もくれず,キヤノンFD35-70mm/F2.8-3.5S.S.C.に走ったのでした。これはいいレンズでした。

S100513174454

その後,ズームレンズの倍率が徐々に上がっていきます。14-45mmは3.2倍ズームです。私の印象では,2.5倍を超えると,ある焦点距離のズーム化というよりも,やはり複数レンズの置き換えという感じになってきます。いったんある焦点距離を意識しないと撮影しにくいからです。14-45mmの場合は,14mm,25mm,45mmのいずれかからスタートするイメージなので,かつての3本セットを1本でまかなうことになります。ちょうどCLEの3本のレンズとほぼ同じ画角ということですね。

S100513175213 マイカラー・ポップ

S100513183426

Panasonic GF1, Lumix G 14-45mm/F3.5-5.6

LUMIX G 14-45mm 大橋キャンパス

Lumix G 14-45mm: Ohashi Campus
2010年5月13日

S100513064249

標準ズームレンズの試写は,まず慣れた空間で。おなじみの大橋キャンパスです。最近20mmのパンケーキになじんでいるので,かなり広角に感じます。そのまま同じ位置からズームアップ。

S100513064348

S100513064415

望遠端は45mm(換算90mm)なので風景を切り取るにはいい画角。

S100513064612

S100513064641

S100513064717

S100513064845

Panasonic GF1, Lumix G 14-45mm f/3.5-5.6 ASPH.

パナソニックGF1に標準ズームレンズ

A Standard Zoom Lens for Panasonic GF1
2010年5月13日

S100530154128_pt

20mmF1.7のいわゆるパンケーキレンズとのセットで使い始めたGF1。写真を楽しむだけならば,これ1本限定,というのも良いのですが,研究用記録用となるとそうもいきません。日常的に建築,空間の記録用として換算28mm程度の画角は必要ですし,発表会などの記録では換算85~100mm程度の中望遠も欲しいところです。コンパクトデジタルカメラの場合にはこれを条件にカメラを選ぶことになり,現役のFinePix F200EXRは換算28~140mmの5倍ズームですから,望遠側ではずいぶん解像感が落ちますが,画角としてはOKです。

さて,レンズ交換の可能なGF1ではどうするか。20mmはずいぶんと気に入りましたし,明るさも含めて単焦点レンズならではの使いやすさは最高です。中望遠としてはパナソニックのマイクロフォーサーズ交換レンズに,LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.という素敵なレンズがあり,建築物や照明器具等のディテールの記録のためにも,ぜひ手に入れたいところです。一方,広角レンズの方は,14mmF2.5がロードマップにあったのですが,なぜか未だに発表されていないようです。

そんなこともあって,確実に実用的な14~45mmF3.5~5.6ASPH.を購入。もちろん販売店では実物を見ているのですが,あらためて20mmから交換して感じたのが鏡胴の細さ。パンケーキはマウント部より太いのですが,ズームの方はマウントと同じ径で非常にコンパクトに感じます。もちろん長さはあるのですが。

FinePix F200EXR (PTLens) WB:Shade

Qcafe2010 シリーズ「夜カフェ」第二夜「空間と光が織りなす心のうつろい~照明の環境心理学から~」

Qcafe2010 night 2 "Psychological change formed with space and light: from Environmental Psychology of Lighting"
2010年5月12日

S100512182504_pt

九州大学の総合博物館を中心に企画されている,Qcafe2010 シリーズ「夜カフェ」第二夜「空間と光が織りなす心のうつろい~照明の環境心理学から~」の話者として招かれました。会場は箱崎キャンパスの旧・知能機械工場というところ。

S100512181510_pt

S100512181557_pt

S100512182445_pt

S100512182547_pt

かつて各種機械の実習などで使われたと思われる場所。軽く機械油の香りがただよいます。開始時点ではまだ空の明るさが残っていました。ファシリテーターの方の質問にお答えする形で始まり,後は思いつくままに照明・光から感じられること,LEDと蛍光灯・電球の光をどう使い分けていくかなどについてお話しました。

S100512195553_pt

後半以降は外は暗くなり,オイルランプの光と一部持ち込まれたスタンドの光だけに。事前に下見をして明るすぎる光源を消したり隠したりするようにお願いしていましたので,それなりの雰囲気にはなっていたのではないでしょうか。多少肌寒さも感じる中でしたが,予想以上にたくさんお集まりいただいたので,対話形式にするのは難しくなってしまいました。次回があるかどうかわかりませんが,そのときには実例のスライドくらいは用意するとしましょう。

FinePix F200EXR (PTLens) DRmode, 最後の1枚は夜景シーンモード(セルフタイマー)

空間プロジェクト「住宅」 高橋先生レクチャー/中間講評会

Space Design Project "House": Lecture by Dr. Takahashi and Mid-term Presentation
2010年5月10日

S100510100734_pt

「住宅」の課題も中盤を迎え,中間講評会となりました。この日はまず大井研OBでもある高橋浩伸さん(木鶏建築研究所)から作品紹介のレクチャーをお願いしました。テレビのビフォー・アフターで放映された事例も含まれていたのですが,やや時間が短かったか。

S100510105101_pt

引き続きすぐに講評に入りました。最小限のコンセプトについての発表の後,古森先生,扇先生,高橋先生を中心に専任教員の朝廣先生,井上先生,大井が補足する形での濃密な講評です。環境設計学科では全作品が対象です。

S100510151319_pt
S100510151429_pt

S100510160315_pt
S100510160330_pt

最終講評に向けてどのように進化していくのか楽しみです。

S100510160532_pt

こちらは交換留学でカリフォルニアから来ているカリポリ(CalPoly)学生の作品。彼らだけは元々4年生なのでCAD表現解禁ですが,2年生は手描き着彩指定です。

FinePix F200EXR (PTLens)

福岡パルコの夜景

Nightscape of Fukuoka PARCO
2010年5月8日

S100508201859

今春オープンした福岡パルコ。元は岩田屋デパートの本館ですが,躯体はそのままに外観が完全にリニューアルされました。知らない人が見たら新築に見えるでしょう。夜間の照明は白を基調になもので,相対的に明るく見せているコーナー部分も明るすぎず上品です。

S100508201909

S100508202056

S100508202109

Panasonic GF1, G 1:1.7/20 ASPH.

大橋近影

Recent Snapshots around Ohashi Area
2010年5月8日

S100508162313

福岡市の主要道路に設置される公共施設の案内サインはこのようなデザインでおおむね統一されています。日赤通りにある大橋キャンパスへのサイン。サイン自体は九州芸術工科大学時代に設置されたので,その上から新しいプレートが貼り付けられています。

S100508162330

ちょうどそのあたりに,赤木酒店があります。焼酎もワインも品揃えは豊富。元々が壱岐出身の方らしく,壱岐の名産が。また夕方には角打ちが楽しめます。

S100508162515

大橋キャンパスの正門から入ると,緑陰を抜けて正面にシンボルツリー,背景に建築群という構成です。本来?はその手前に噴水が見えるのですが,ふだんは止められています。特別の日だけ,というのもかえっていいのかもしれませんね。

Panasonic GF1, G 1:1.7/20 ASPH.

新しくなった天神地下街のかっぱの泉

Renewal of the fountain of Kappas (Water Spirits) at Tenjin Underground Shopping Street
2010年5月8日

S100508160441

久しぶりに天神地下街を通りかかったら,「かっぱの泉」がふだんと違う?ちょうど正時のパフォーマンス中。ずいぶんと現代的なイメージのかっぱに変わったようです。

S100508160458

ふだんの状態はこちら。以前は黒っぽい仕上げでひっそりとたたずむという感じでしたが,白くなって明るくなりました。照明がちょっと均一すぎるような気もしますが・・・。

Panasonic GF1, G 1:1.7/20 ASPH.

ちまき

Rice dumplings wrapped in bamboo leaves (Japanese traditional)
2010年5月5日

S100505174335

ちょうどこどもの日であったので,ちまきをおみやげに福岡に戻りました。実家の近所にある鼓月のものです。

S100505174957

中身は三色ありますので,何色が出てくるかが楽しみなのです。

Panasonic GF1, G 1:1.7/20 ASPH.

ハナミズキ

A dogwood tree
2010年5月5日

S100505084435

実家の庭のハナミズキがちょうどきれいでした。私がここに住んでいた頃にはなかった,後から植えられた木。

S100505084450_2

向かいに見える家並みはあまり変わっていないのですが,これが建て替わると印象が大きく変わりますね。今度きちんと写真を撮っておこうかな。

Panasonic GF1, G 1:1.7/20 ASPH.

ワインと鉄板焼き 京都ホテルときわ

Wine and Teppan-yaki (Steak) at Kyoto Hotel Tokiwa
2010年5月3日

S100503183342_pt

連休に帰省した際に家族お気に入りの京都ホテルにある鉄板焼き「ときわ」に行きました。最近は旅行に行く代わりに食べたり飲んだりしているイメージですね。ソムリエールのアドバイスも受けながらワインを選びました。たいていはブルゴーニュの赤,リストの中からあまり高価でないものを推薦してもらいます。今回のものは比較的若いワインなのでデキャンティングを薦められ,お願いしました。

S100503183122_pt

料理の方も,いつもながらに美味。ワインとの相性,ばっちりです。

S100503183525_pt

S100503184933_pt

S100503190752_pt

S100503191438_pt

後半にはこんなパフォーマンスも。

S100503192420_pt

-1EV補正にして待ち構えたらちょうどいい感じに写りました。

S100503194740_pt

S100503194952_pt

最後の締めは「お漬け物の焼きめし」を別途注文。最近はガーリックライスが定番だそうですが,わが家のお薦めはなんといってもこれ。

満腹でした。ごちそうさま・・・

FinePix F200EXR (PTLens)

パーキングエリアのランドスケープ

Landscape of a Parking Area
2010年5月2日

S100502104238_pt

帰省途中に立ち寄った中国自動車道のパーキングエリアで素敵なランドスケープを見かけました。樹形のバランスも良く,青空にマッチしてとても美しい。

S100502103956_pt

S100502104246_pt

ベンチもなかなか気持ちが良かったのですが,木陰ではないので,夏は暑そうです。今が一番いい季節なのかも。

FinePix F200EXR (PTLens)

西南学院小学校の模型

Scale models of Seinan Gakuin Elementary School
2010年5月1日

S100501132035_pt

西南学院高校 弦楽部の定期演奏会を聴きに行ったら,ロビーに新しくできた小学校の模型がありました。中高の西側グラウンドだったところにできたものです。写真左側が小学校,右端が定期演奏会のあった中高のチャペルです。

S100501132053_pt

中高の建物は4階建てですが,小学校は3階建て。

S100501132101_pt

小学校のエントランス付近からチャペルのファサードが見えるという構成になっています。

あ,演奏会もなかなか良かったです。今回で引退となる3年生には達者な人がそろっていて,弦楽四重奏もありました。相当緊張したらしく,出だしは音程が不安定でどうなることかと思いましたが,後半に進むにつれて調子が出てきて,すばらしい音色を聞かせてくれました。弦楽セレナーデも相当なもの。楽しませてもらいました。

FinePix F200EXR (PTLens)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30