twitter

無料ブログはココログ

« Qcafe2010 シリーズ「夜カフェ」第二夜「空間と光が織りなす心のうつろい~照明の環境心理学から~」 | トップページ | LUMIX G 14-45mm 大橋キャンパス »

パナソニックGF1に標準ズームレンズ

A Standard Zoom Lens for Panasonic GF1
2010年5月13日

S100530154128_pt

20mmF1.7のいわゆるパンケーキレンズとのセットで使い始めたGF1。写真を楽しむだけならば,これ1本限定,というのも良いのですが,研究用記録用となるとそうもいきません。日常的に建築,空間の記録用として換算28mm程度の画角は必要ですし,発表会などの記録では換算85~100mm程度の中望遠も欲しいところです。コンパクトデジタルカメラの場合にはこれを条件にカメラを選ぶことになり,現役のFinePix F200EXRは換算28~140mmの5倍ズームですから,望遠側ではずいぶん解像感が落ちますが,画角としてはOKです。

さて,レンズ交換の可能なGF1ではどうするか。20mmはずいぶんと気に入りましたし,明るさも含めて単焦点レンズならではの使いやすさは最高です。中望遠としてはパナソニックのマイクロフォーサーズ交換レンズに,LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.という素敵なレンズがあり,建築物や照明器具等のディテールの記録のためにも,ぜひ手に入れたいところです。一方,広角レンズの方は,14mmF2.5がロードマップにあったのですが,なぜか未だに発表されていないようです。

そんなこともあって,確実に実用的な14~45mmF3.5~5.6ASPH.を購入。もちろん販売店では実物を見ているのですが,あらためて20mmから交換して感じたのが鏡胴の細さ。パンケーキはマウント部より太いのですが,ズームの方はマウントと同じ径で非常にコンパクトに感じます。もちろん長さはあるのですが。

FinePix F200EXR (PTLens) WB:Shade

« Qcafe2010 シリーズ「夜カフェ」第二夜「空間と光が織りなす心のうつろい~照明の環境心理学から~」 | トップページ | LUMIX G 14-45mm 大橋キャンパス »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックGF1に標準ズームレンズ:

« Qcafe2010 シリーズ「夜カフェ」第二夜「空間と光が織りなす心のうつろい~照明の環境心理学から~」 | トップページ | LUMIX G 14-45mm 大橋キャンパス »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30