twitter

無料ブログはココログ

« 光の造形:プリズム効果と影 | トップページ | 11月になっても »

Vaio TZ SSDモデルの必需品

A necessary item for Vaio TZ SSD model
2009年11月02日

S091102122429_pt [1]

約2年にわたって,メインマシンとして活躍してきたSony Vaio TZ (VGN-TZ91NS),思い切って選択したSSDモデルで大変気に入っているのですが,メインマシンとしては記憶容量はまったく足りません。2年前としては大容量の64GBモデルですが,Windows Vista (Business)と各種アプリケーションをインストールすると,データ用に使える容量は10GBを切ってしまいます。

Vaio TZにはExpress Cardスロットがあるので,Transcendの32GBを入手して使ってきました。それでも,どのデータを削ろうか,と常に考えなくてはいけない状態はよくありません。そんなときにio dataから64GBのSSD (EXC-64G)が登場。

ところが,情報が乏しいのですね。io dataのWebサイトには使用可能なPCのデータベースがあるのですが,Vaio Tシリーズはなし。またVistaでノートPCを使用する場合,移動時にもスリープが標準だと思うのですが「スリープには対応していない」という記述もあります。口コミサイトなどには,多少の使用記事がありましたが,TZのものは発見できず。

使い勝手が悪ければバックアップ用にするしかないと覚悟して,購入しました。

結果はめでたし。まず,まったく問題なく認識されました。将来に備え4GB超のファイルも扱えるようにNTFSでフォーマットし直します。合計サイズは59.9GBと表示されました。これで久しぶりにデータ削除に頭を悩ませなくてすみます。スリープ状態への移行・復帰もこれまでのところ問題なく,復帰後もアクセスすることができます。バッテリーの保ちが変わった印象もありません。

S091102122519_pt [2]

納まりもほとんど出っ張りはなし,Transcendと同じです。違いはインターフェースにあるようです。今回初めて知ったのですが,ExpressスロットはUSB接続とATA接続があるとのことで,TranscendはUSBのためアダプターでUSBに接続できますが,io dataはこれはできません。Vaioではローカルハードディスクとして認識されます。

2年経過したら,メインPCは入れ替えの時期ですが,これでバックアップ機としての準備はばっちりでしょう。

共通撮影データ
FinePix F200EXR (6.4mm) PTLens, DRmode(200%) -0.33EV, ISO800, WB Auto
[1] 1/18sec. [2] 1/7sec.

« 光の造形:プリズム効果と影 | トップページ | 11月になっても »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vaio TZ SSDモデルの必需品:

« 光の造形:プリズム効果と影 | トップページ | 11月になっても »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30