twitter

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

公開講座「建築解剖学入門」

Extention Course "Introduction to Architecural Anatomy"
2009年11月4日

S091104193640_pt [1]

恒例となりました,秋の建築系テーマの公開講座。今年は田上先生が全体を企画された「建築解剖学入門」です。

主旨
 建築は誰もが日常的に接しているものでありながら、一般にそのなりたちや設計の意図が意識されることは少ない。建築がどのような思想や技術でつくられているかを知ることで、より建築の役目や楽しさへの理解が可能になるはずである。本講座では、さまざまな角度から建築に隠された思想や技術を解説する。

スケジュール:
第1回 10/21 「意匠の曖昧性と論理性を解剖する」 (鵜飼哲矢・建築意匠)
第2回 11/04 「制度から建築空間を解剖する」 (田上健一・建築計画)
第3回 11/18 「建築から歴史観を解剖する」 (土居義岳・建築史)
第4回 12/02 「構造・構法と建築の形・デザイン」 (片野博・建築構法)
第5回 12/16 「環境心理から解剖する」 (大井尚行・建築環境心理) 

S091104190802_pt

写真は第2回のもの。「制度から~」の解剖は,広く社会状況までも含んだ制度が建築空間にどのような影響を与えるか,というお話。

前半には,新築時から社会が変化することによって用途が変わったり改築されたりしたものが多数紹介されました。コルドバの教会,ガスタンクあらため集合住宅,元火力発電所や巨大工場の美術館,ミュージアムなど。

そこから,話題は現在進行形の少子高齢化,都市化・過疎化へ。これに伴い全国に多数発生している廃校の調査・活用は田上先生の研究テーマのひとつです。統廃合された学校建築は公共施設への転用が多いのですが,これは建設時の補助金返還が不要であるためだとか。まさに制度の影響ですね。

S091104193449_pt

後半は新しい学校建築のお話。現在の制度を反映している建築空間ということになりますが,10年後20年後にはこれらがどうなっているのか,というのも興味深いところです。

撮影データ
FinePix F200EXR, PTLens, DRmode, ISO800, WBauto
[1] 10mm, Drange 200%, 1/50sec.
[2] 11mm, Drange 400%, 1/60sec.
[3] 20mm, Drange 200%, 1/50sec.

秋の空

Autumn Sky
2009年11月04日

S091104093408_pt

薄くたなびく雲と青空というのは美しいものです。

S091104152653_pt

午後になるとふわっとした綿のような感じの雲が見られました。

共通撮影データ
FinePix F200EXR PTLens, DRmode, ISO100, WB Auto
[1] 28mm, Drange 100%, 1/420sec.
[2] 6.4mm, Drange 200%, 1/105sec.

11月になっても

Nevertheless it's November...

S091102134301_pt

11月になっても,日によってはもくもくと入道雲のような雲が見られるのは,やはり気候が変化しているということなんでしょうか。

撮影データ
FinePix F200EXR (6.4mm) PTLens, DRmode(200%), ISO100 (1/350sec.), WB Auto

Vaio TZ SSDモデルの必需品

A necessary item for Vaio TZ SSD model
2009年11月02日

S091102122429_pt [1]

約2年にわたって,メインマシンとして活躍してきたSony Vaio TZ (VGN-TZ91NS),思い切って選択したSSDモデルで大変気に入っているのですが,メインマシンとしては記憶容量はまったく足りません。2年前としては大容量の64GBモデルですが,Windows Vista (Business)と各種アプリケーションをインストールすると,データ用に使える容量は10GBを切ってしまいます。

Vaio TZにはExpress Cardスロットがあるので,Transcendの32GBを入手して使ってきました。それでも,どのデータを削ろうか,と常に考えなくてはいけない状態はよくありません。そんなときにio dataから64GBのSSD (EXC-64G)が登場。

ところが,情報が乏しいのですね。io dataのWebサイトには使用可能なPCのデータベースがあるのですが,Vaio Tシリーズはなし。またVistaでノートPCを使用する場合,移動時にもスリープが標準だと思うのですが「スリープには対応していない」という記述もあります。口コミサイトなどには,多少の使用記事がありましたが,TZのものは発見できず。

使い勝手が悪ければバックアップ用にするしかないと覚悟して,購入しました。

結果はめでたし。まず,まったく問題なく認識されました。将来に備え4GB超のファイルも扱えるようにNTFSでフォーマットし直します。合計サイズは59.9GBと表示されました。これで久しぶりにデータ削除に頭を悩ませなくてすみます。スリープ状態への移行・復帰もこれまでのところ問題なく,復帰後もアクセスすることができます。バッテリーの保ちが変わった印象もありません。

S091102122519_pt [2]

納まりもほとんど出っ張りはなし,Transcendと同じです。違いはインターフェースにあるようです。今回初めて知ったのですが,ExpressスロットはUSB接続とATA接続があるとのことで,TranscendはUSBのためアダプターでUSBに接続できますが,io dataはこれはできません。Vaioではローカルハードディスクとして認識されます。

2年経過したら,メインPCは入れ替えの時期ですが,これでバックアップ機としての準備はばっちりでしょう。

共通撮影データ
FinePix F200EXR (6.4mm) PTLens, DRmode(200%) -0.33EV, ISO800, WB Auto
[1] 1/18sec. [2] 1/7sec.

光の造形:プリズム効果と影

Figure by Light: Prism and Shadow
2009年11月02日

S091102121434_pt [1]

ふと窓際に目をやると,ガラスのペーパーウェイトに日光が射し込んで美しい造形となっていました。エッジの部分がプリズムにようになっていて,影と重なって初めて見る見え。

S091102121447_pt [2]

このペーパーウェイトは,2000年にパリで開催されたiapsの際に,ポルザンパルク設計のCite de la musiqueのミュージアム・ショップで一目惚れしたのでした。

あのころはまだデジカメでなく,フィルムを使うGRで写真を撮っていたなあ,今度発掘してみよう。

共通撮影データ
FinePix F200EXR, PTLens, DRmode, ISO100, WB Auto
[1] 6.4mm, DR400%, 1/215sec [2] 13mm, DR200%

大橋キャンパス 秋の夕暮れ

Ohashi Campus at Autumn Evening
2009年10月30日

S091030171059_pt

10月も終わり,夕方の空も秋らしくなってきました。

環境設計学科の卒業論文提出まで約1ヶ月,日本建築学会九州支部研究発表会の締め切りまで約1ヶ月半というところです。

いずれにしても,美しい空を眺めていられるのは幸せですね。

撮影データ
FinePix F200EXR (6.4mm) PTLens, DRmode(200%) -0.67EV, ISO100(1/372sec.), WB Auto

環境設計デザイン基礎演習CAD/CG課題はじまる

CAD/CG Exercises of Basic Environmetal Design has started.
2009年10月30日

S091030155840_pt [1]

1年生後期の専攻科目「環境設計デザイン基礎演習」のCAD/CG課題が始まりました。昨年と同じ情報基盤室の演習室ですが,今年度から端末がiMacに変わり,少し雰囲気が変わっています。

S091030155830_pt [2]

昨年まではWindows端末でAutoCADがインストールされていたのですが,システム更新とともにAutoCADは廃止。VMwareによるWindows環境は確保されていますので,フリーウェアCADの定番,Jw_cadをインストールしてもらいました。システム自体は伊都キャンパスも大橋キャンパスも共通です。Jw_cadもフリーなので両方にインストールされています。

CG制作は,大橋では新システムにもインストールされているShadeを用います。このシステム,前期の間は相当不調だったそうで,情報処理演習でもログインするのに相当時間がかかったりしたようですが,とりあえず問題なく動いているようです。

第1課題は作品集に掲載された図面をCADを用いてきちんと建築図らしく起こすというもの。雑誌や作品集に載っている図は,一見きれいですが,空間を表現する建築図としてはいまひとつというものも多いと感じます。単なるコピーでなく,3次元的に空間・建築を理解して,線幅の使い分けなどでわかりやすく表現することが求められます。

共通撮影データ
FinePix F200EXR (6.4mm) PTLens, DRmode, WB Auto
[1] D-range 400%, ISO400 (1/110sec.) [2] D-range 200%, ISO200 (1/75sec.)

秋の大橋キャンパス

Ohashi Campus in Autumn
2009年10月29日

S091029101237_pt [1]

10月も下旬になるとようやく秋らしくなってきました。大橋キャンパスには秋を感じさせる樹はあまりありませんが,5号館前のこの樹が毎年秋を感じさせてくれます。

S091029101231_pt [2]

周囲の環境全体を撮ろうとすると,けっこうな明暗差があるのがわかります。こういった記録ではカメラのダイナミックレンジはとても大事です。

共通撮影データ
FinePix F200EXR PTLens, DRmode (400%), ISO100, WB Auto
[1] 14mm, 1/100sec. [2] 6.4mm, 1/240sec.

香椎団地近影

Recent photos of Kashii Apartments
2009年10月26日

S091026112734_pt [1]

福岡市が副都心のひとつと位置づけている香椎地区には香椎団地があります。ちょうど現在の福岡国際マラソンの折り返し点あたり。香椎団地は建て替えが進んでおり,当初の建物は完全に姿を消しました。北西側に一部昔の建物がありますが,これは公務員宿舎。

現在,国道3号線側が空き地になっており,これから建設が始まるのかな,といったところ。

S091026130408_pt [2]

右手の仮囲いの脇は公共通路になっています。その隣はハローワーク。時に3号線が渋滞するくらい多くのクルマ!が訪れます。新しそうで立派なクルマが多いのですが,大丈夫なんでしょうか・・・

3号線の東側は,千早駅周辺の区画整理が継続中。まもなくもう一本新しい道が開通しそうです。

S091026112811_pt [3]

共通撮影データ
FinePix F200EXR (6.4mm) PTLens, DRmode, ISO100, WB Auto
[1] D-range 200%, 1/110sec. [2] D-range 400%, 1/80sec. [3] D-range 400%, 1/150sec.

光の造形

Figure by Light
2009年10月24日

S091024150842_pt

10月も下旬になると,太陽高度が低くなってきたのが感じられます。窓際に置かれていたグラスに日光があたって意外な影を映していました。

浅型のグラスなのですが,ストライプの入ったワイングラスのようですね。

撮影データ
FinePix F200EXR (16mm) PTLens, DRmode(200%), +1.33EV, ISO100(1/150sec.), WB Auto

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30