twitter

無料ブログはココログ

« トップ・オブ・シナガワの朝 | トップページ | FUJIFILM F200EXRで撮る夜のカフェバー »

FUJIFILM FinePix F200EXRの第一印象

FUJIFILM FinePix F200EXR: First Impression
2009年9月15日

S090915170343_pt
FinePix F200EXR (6.4mm) PTLens
DRmode (800%), WB Auto, ISO200

このブログの撮影データをご覧の方は,私がFinePix F100fdを愛用しているのをご存じかと思いますが,FUJIFILMからは後継機種のF200EXRが出ています。正面から見た形はほとんど変わっていませんが,CCDが新しくなって一段と進歩したとのこと。特にダイナミックレンジの拡大方法に特色があって興味津々。高感度時の画質もF100fdよりやや改善されたとの記事もありました。こういったFUJIのコンセプトは応援したいところです。発売から半年たって,秋モデルの発表もありましたが,これを超えるものはなさそうなので,価格が落ち着いたこともあり,購入することにしました。

使用中のF100fdはブラックですが,店頭で見かけたF200のブラックはグレーがかっていて仕上げもいまひとつだったのでシルバーを選びました。箱から出しての第一印象は「シルバーと言うよりホワイトゴールドみたい」というものです。ボディに印刷されている文字類も黒ではなく,茶色ですね。

さて,バッテリーはF100と共通なので,さっそくバッテリーとSDカードを入れ替えて試し撮り。購入前に読んだdpreviewの評価記事からすると,DRモード(ダイナミックレンジ優先)とSNモード(高感度低ノイズ優先)を切り替えて使うのが良さそうに思われました。基本設定はF100fdと同じにします。すなわち画像サイズ はM (6MP)として画質モードをF (Fine)に変更します。フジのJPEGは圧縮が強めなので,空や壁面などのグラデーションを重視するならFineの方がよいようです。画像サイズはDRモードとSNモードではどうせ6MPですが,じゅうぶんでしょう。F100fdではスポット測光を使っていますが,F200ではとりあえず露出関係を試すので,測光は標準の分割測光としました。

S090915170413_pt
FinePix F200EXR (6.4mm) PTLens
DRmode (100%), WB Auto, ISO100

このシーンはけっこう明暗比が大きいかと思ったのですが正反射の部分を避けたらDR Autoでは100%(ダイナミックレンジ拡大なし)でした。この場合,他のモードとどう違うのかが気になりますが,どこにも説明はありません。

S090915170436_pt
FinePix F200EXR (6.4mm) PTLens
DRmode (400%), WB Auto, ISO100

こちらはDR400%となりました。空のグラデーションが飛ばずにきれいに出ています。逆光でもきちんと色がのるのはいいですね。

なお,これらの画像は「PTLens」で歪曲補正をした後,「縮小専用」で長辺を768ピクセルに(他のパラメーターはデフォルトのまま)したものです。

« トップ・オブ・シナガワの朝 | トップページ | FUJIFILM F200EXRで撮る夜のカフェバー »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FUJIFILM FinePix F200EXRの第一印象:

« トップ・オブ・シナガワの朝 | トップページ | FUJIFILM F200EXRで撮る夜のカフェバー »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30