twitter

無料ブログはココログ

« オリンパスE-520での撮影手順 | トップページ | 人間・環境学会(MERA)総会・大会 »

ガラス器と照明

A Glass plate and illumination
2009年5月17日

S090517175724_pt [1]

わが家に新しいガラス皿が登場したので,さっそく撮影。単にテーブルに置いただけですが,光源の小さいダイクロビーム電球のペンダント照明なので,きらきらした感じがきれいに出ています。

S090517175816_pt [2]

写真用の照明ではなく,そこにいる人間のための照明なので,それなりに高感度撮影となります。(ダイクロイックビーム電球75W下面開放のペンダントが2灯,テーブル面からの距離75cm,約50%調光)

S090517175857_pt [3]

撮影データ
(共通)Olympus E-520, ZD14-42mmF3.5-5.6 (25mm) PTLens
F5.0AE, ISO800, WB Auto-2step(G)
[1]-0.3EV [2]-0.7EV [3]0EV

« オリンパスE-520での撮影手順 | トップページ | 人間・環境学会(MERA)総会・大会 »

照明・視環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガラス器と照明:

« オリンパスE-520での撮影手順 | トップページ | 人間・環境学会(MERA)総会・大会 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30