twitter

無料ブログはココログ

« シンポジウム「光・視環境に関する窓・開口部のアカデミックスタンダード」 | トップページ | 環境設計学科 卒業設計講評会・展示会 »

1/20住宅模型による空間分析 環境設計デザイン基礎演習

Spacial analysis with 1/20 scale models of houses: Basic environmental design seminar
2009年2月1日

S090201131446
フィッシャー邸(ルイス・カーン)
Ricoh GR Digital 2
Program AE (F2.4, 1/30sec.), ISO141

環境設計デザイン基礎演習+空間表現実習 後半の合評会です。前回(2008年12月20日)と同様にGR Digital。後半は前半とは別のグループを組み,それぞれに制作・分析したい住宅を選びます。ただ資料が少なすぎる場合は希望通りといかない場合もありますが。

最初のグループは,ルイス・カーン設計のフィッシャー邸。窓前に広がる斜面までつくってくれました。

S090201131511
Ricoh GR Digital 2
Program AE (F2.4, 1/30sec.), ISO109

S090201132454
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/30sec.), ISO192

天井の高いリビング空間,室内面積はさほど大きくありませんが大きな窓があって開放感にあふれる感じがよくわかります。

八王子の家(手塚貴晴+手塚由比)

S090201135942
Ricoh GR Digital 2
Program AE (F2.4, 1/40sec.), ISO100

生活空間は中庭を囲むコートハウス形式。中庭全面を覆うオーニングが備えられているのが目を引きます。ちゃんと開閉できるようにつくってくれました。小型カメラを室内に入れて開閉の状況の違いを見比べられるのは模型ならでは。

S090201140032
Ricoh GR Digital 2
Program AE (F3.5, 1/160sec.), ISO100

S090201141034
Ricoh GR Digital 2
Program AE (F2.4, 1/30sec.), ISO238

ファンズワース邸(ミース・ファン・デル・ローエ)

S090201142443
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/40sec.), ISO100

このグループはモダンをやりたかったらしく,最初コーニッグのケース・スタディ・ハウスを候補に挙げていました。ただ,うまく図面が見つからなかったらしく,有名なファンズワース邸に。意外にこの演習では初めてのような気がします。ガラス張りの建物なので周囲も表現してね,とお願いしておいたら背景をつくってくれました。写真で見る時はあまり感じませんでしたが,模型で見るとバルセロナ・パビリオンと雰囲気がよく似ていると感じます。

S090201143917
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/125sec.), ISO100

S090201143818
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/40sec.), ISO100

ダブル・ハウス(MVRDV)

S090201151247
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/30sec.), ISO104

空間分析ではおなじみのダブル・ハウス。あまりにもシンプルなコンセプトが前面に出ているので,これをきちんとプレゼンテーションするのはなかなか難しいようです。室内などわからないところは自分たちでデザインして作り込んでくれました。ただ全体に形という意味ではちょっと精度が出なかったのが残念。

S090201152124
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/30sec.), ISO228

S090201152539
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/30sec.), ISO141

サヴォア邸(ル・コルビュジエ)

S090201162338
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F3.2, 1/160sec.), ISO100

おなじみサヴォア邸。細部にちょっとずつ見落としがあるのが残念でしたが,全体の雰囲気はよくできていました。テラスの作り込みはこれまでで一番。車路のアプローチも解説してくれたのに,クルマのスケールが合っていないのは?グループに一人くらいはクルマ好きがいそうなものですが。私はといえば小学生のころから一生懸命,諸元表など見ていたので,自分の経験は参考にならないなあ。

S090201160134
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/60sec.), ISO100

S090201160516
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/30sec.), ISO154

テオドール・ベアード邸(フランク・ロイド・ライト)

S090201162610
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/30sec.), ISO308

高校生の頃からライトが好きだったというメンバーのいたグループ。ライトは若い頃から晩年まで,いろいろなスタイルを見せてくれますが,これはユーソニアン・ハウスの後半のもの。水平なラインが目につく伸びやかな印象は模型の精度が高いからこそ。煉瓦も1枚ずつ貼っているのですが,写真で見る実物よりいいテクスチュアに見えるかも。

S090201162802
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE -0.7EV (F2.4, 1/80sec.), ISO100

S090201164332
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/100sec.), ISO100

シュレーダー邸(リートフェルト)

S090201173024
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F3.2, 1/125sec.), ISO100

家具デザインでも有名なリートフェルトの住宅。建築的な空間構成というよりも各所のコンポジションや可動部分(サッシや可動間仕切り)による機能性に目を引かれます。これも以前にも制作された作品ですが,今回のものもなかなか精度が高く,周辺も内部も作り込まれているため,じゅうぶんに実際の空間を仮想体験することができます。

S090201172541
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/40sec.), ISO100

S090201173415
Ricoh GR Digital 2, Wide conversion lens (21mm相当)
Program AE (F2.4, 1/30sec.), ISO400

合評会では,プロジェクターを使ってプレゼンテーションする関係でビデオ用ライトによる照明ですが,学生諸君には自然光の下でながめてみるなど,いろんな見方をしてほしいと思います。

« シンポジウム「光・視環境に関する窓・開口部のアカデミックスタンダード」 | トップページ | 環境設計学科 卒業設計講評会・展示会 »

「大学の話題」カテゴリの記事

建築・住まい・インテリア」カテゴリの記事

環境設計デザイン基礎演習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123610/43983674

この記事へのトラックバック一覧です: 1/20住宅模型による空間分析 環境設計デザイン基礎演習:

» 『小さな家 』ル・コルビュジェ (著) [Anonymous-source]
もが知っているスタンダードな書籍。巨匠コルビュジェが両親のために作り上げた家について、自らが筆をとり書き上げた作品。図面、写真、工法など、彼独特の発想とラフ・スケッチを含んだ佳書。... [続きを読む]

« シンポジウム「光・視環境に関する窓・開口部のアカデミックスタンダード」 | トップページ | 環境設計学科 卒業設計講評会・展示会 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31