twitter

無料ブログはココログ

« 松下美紀照明設計事務所 訪問 | トップページ | 公開講座「福岡の建築とライトアップ」 第1回 »

SA-CDの愉しみ Kleiber: Beethoven Symphonie No.7

Joy of SA-CD, Kleiber: Beethoven Symphonie No.7
2008年10月23日

516je9a8mgl_ss500_
Beethoven Symphonie No.7, Bayerisches Staatsorchester
Carlos Kleiber, ORFEO C 700 051 B

ここまで紹介してきたSA CDは,CARPENTERSを除くと,最新のDSDレコーディングのものでした。SA CDにはかつてのアナログ録音を元にしたものも多数ありますが,これはどうなのでしょう。

このディスクは1982年のライブレコーディング。もちろんアナログ録音で,Digitally Remasteredとあります。てっきり2chのSTEREOだと思っていたら,Multi Channelの表示があり,たしかに5.0chが出ています。オリジナルの録音が何ch分あるのかわかりませんが,オーケストラの奥行きはうまく感じられます。特に木管パートの分離の良さが気持ちいいと感じました。

デジタル録音の普通のCDよりも,アナログ録音のSA CDの方が良く聞こえるということは,測定パラメーターで表せていない聴感上のメカニズムがあるということなんでしょうね。わが家のベートーベンの7番は,これが定番になりそう。

« 松下美紀照明設計事務所 訪問 | トップページ | 公開講座「福岡の建築とライトアップ」 第1回 »

AudioVisual」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SA-CDの愉しみ Kleiber: Beethoven Symphonie No.7:

« 松下美紀照明設計事務所 訪問 | トップページ | 公開講座「福岡の建築とライトアップ」 第1回 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30