twitter

無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

公開講座「福岡の建築とライトアップ」 第3回 その2

Extention Course "Architecture and Illumination in Fukuoka" Day3 Part2
2008年11月12日

S081111191241_pt
FINEPIX F100fd

第3回の後半は私が担当で,ライトアップについて講義を行いました。以下は講義ノートより。もちろん講義では各所から引用した図や実例のスライドなども交えてくわしい説明を行います。これは参加者のみが得られるということですね。

1. ライトアップとは light up; exterior decorative lighting
 建築的,美学的,造形的に価値のある構造物(歴史的建造物)や,商業用の建物,自然の景勝地(崖,峡谷,谷など),橋梁・ダム・塔などの構造物,美術品(彫像,彫刻など),樹木,花,噴水などの対象物を,光を用いて演出し,良好な夜間景観を形成することをいう。
 広義には,レーザー光線や探照灯によるパフォーマンスや,夜間景観を十分に意識して計画される道路照明(橋梁照明)も含めて,ライトアップということもある。
(照明学会編「照明用語事典」,1990)

2. 建築デザインと光
・通常の建築外観デザインは昼間がメイン
 たとえ内部が使用されなくても周囲が明るければ,見える
・夕方から夜間のデザインは歴史的には新しい
 とくに外壁を照明するには高出力の電気照明が必要
・必ずデザインされるのは,昼間の光をベースにした
 形とテクスチャー(表面粗さなど)による陰影および色彩
・ライトアップの観点から建築を分類すると
 1) 設計時にライトアップはまったく考慮されていなかったもの:歴史的建造物など
 2) 多少は考慮されているが,利用者による照明の割合が大きいもの:
    集合住宅,オフィスビル,ホテル
 3) 設計時よりライトアップを前提にしたもの:最近の商業ビル

3. 建築ライトアップのための光の基礎知識
・建築表面で光は透過または反射する
・透明ガラスでは透過するが,一部は表面で反射
・透過/反射する場合には,表面の粗さ・なめらかさ等により拡散度合いが異なる
・物体表面の色の見えは,光源の光スペクトルと,物体表面の反射特性(どの波長をどのくらい反射するか)により異なる

4. 建築ライトアップで考慮されるべきこと
・コンセプト どのように建築を見せるか
・機能 コンセプトに見合い,問題のない光で維持管理可能か
・モデリング 適度な陰影による3次元的な形状表現
・色彩 外装材の色彩とのかねあい
・グレア 通常見られる場所からまぶしくないこと

5. 福岡タワーのライトアップ
 どのようなコンセプトでどのように照明されているか

冒頭の写真は,前日に香椎浜ショッピングセンターで撮影したもの。設計時よりライトアップを前提にしたもの,の例ですね。周囲は暗くなりますが建物の印象は昼夜であまり変わりません。AEONの文字の左側の装飾アップライトが切れてる・・・写真にはありませんが,壁面照明も切れて一部壁が暗くなっていたり,電球色蛍光灯が使い分けられているビルボードに白色蛍光灯が1本だけ入っていたりと商業施設にしてはメンテナンスが良くないようです。現在の標準はこんなもんなんでしょうか。

公開講座「福岡の建築とライトアップ」 第3回 その1

Extention Course "Architecture and Illumination in Fukuoka" Day3 Part1
2008年11月12日

S081112184229_pt_2
FINEPIX F100fd (PTLens)

2008年度公開講座の第3回は,田上先生と私の講義を半分ずつ行いました。まずは田上先生担当の前半の模様を紹介します。私のメモから項目だけですが,講義に参加すれば豊富なスライド,田上先生の思い入れたっぷりの名調子が聞けます。

「コモンでつくる住まい」 田上健一

コモン(共同の,共有の)

コモンの実例紹介
高須ニュータウン(北九州市戸畑)
 宮脇檀設計
 ブロックの中にコモン(Parking兼),ここで住民同士が出会う
青葉台ボンエルフ(北九州市)
 ボンエルフは人と車の共存を目指した道,速さを15km/h以下に抑えるためハンプやカーブを持つ
グリーンテラス城山・桃花台(愛知県小牧市)
 宮脇檀設計
 内部周回路がボンエルフ 幅6m+1.5mの植栽帯(低木) 植栽帯もコモン
 5~6戸にひとつコモンスペース(Parking)
 住宅建物の間はFoot path(人のみ通行)
 銘板あり
  グリーンテラス城山
  みんなが作った街
  みんなで育てる街 (宮脇檀)
住宅地に関するまとめ
 住宅(地)に完成はなく,常に創り続けられるもの
 誇りや魅力のある空間を持ち続けるためにはコモンが必要
 コモンのレベルが住宅地の評価を決めると言っても良い
 共有は怖くない,怖いのは魅力のない空間を皆で共有し自由を失い合うこと

福岡近郊でコモンの見られるその他の住宅地
 宗方コモン(宗像市)
 南風台ハーモニーフォレスト(前原市)
 コモンライフ新宮浜(新宮町)
 フランネル壱岐(福岡市西区)
 シーサイド百道中2街区(福岡市早良区)

--------------
タウンハウス

タウンハウスの実例紹介
水戸六番池住宅(1976年,藤本昌也設計)
 1970~1980 小規模低層で地方性・人間性を大切にする流れ
 3階建てで魅力的な共有スペースを持つ
ハイツ飯倉(三浦紀之設計)
 接地性がコンセプト,コモンを持つ
 建築的しかけとして中庭,象徴的樹木。中庭入口は狭く囲われた感じ,
 ブリッジ・トンネル状通路も。内部プランは普通+光庭をもつ
スカイタウン寺塚(公団)
 アクセス空間は共有
レイクタウン屋形原(竹中工務店)
 鶴田三区の池に面した敷地
ハイツ干隈(三浦紀之設計)
 傾斜地に迷路的な配置(住居表示が大変?)
コモンシティ星田(1992年,坂本一成研究室)
 大阪府交野市
 タウンハウスと戸建ての折衷

タウンハウス今昔
 北米がルーツで1970年代に隆盛(神戸市の住宅供給公社など)
 特徴は接地性,界壁共有,ヒューマンスケール,共用屋外空間
 低層高密で3階建て程度
 土地所有,住宅管理方式・コモンスペースを持つ
 歩車空間,街並形成に特徴
 日本では都市の高層か郊外の戸建てに二極化し定着せず
※大井のメモ:不動産概念による?住民組織や合意形成に問題?
 高層マンションでも設備更新や共有・共用の理解の問題があるのだが
※大井のメモ:好まれる空間になっていたか?視線やプライバシー観,窓の外の距離や人通りへの配慮は?住宅の主流であるという宣伝がされたかどうか←開発者にメリットがあったか?

田上先生による本日のまとめ
 新たなるまちづくりのステップのために
 成熟社会の主体は住み手
 住宅地のデザインとはマネジメント
 住み手と住み手をつなぐものがコモン

学生の座席選択と学習意欲

Seat choice of students and studying motivation
2008年10月31日

S081031183251_pt
FINEPIX F100fd (PTLens)

環境心理のテーマのひとつとしてポピュラーなものに座席選択行動があります。大学でも前の方に座る学生と後ろの方に座る学生で成績に違いがあるかということが話題になることがあります。

では講義ではない演習ではどうでしょうか?1年生のCAD/CGの演習は情報基盤室の演習室で行われていますが,教壇側で行われることと言えば,課題の説明と追加の指示くらいで基本的には自習,細かな質問はTAにするという形です。教員は適当にうろうろするか提出される図面等をチェックして個別にアドバイスするので座席はあまり関係ない?

写真は,演習時間が終了した直後のものです。演習自体は18:10に終了するのですが,もちろん次回に向けての課題があるので,授業時間以外に作業をしなくてはいけません。部屋自体は21:00前までそのまま使えます。

教壇は写真の右手になりますが,多く残っているのはやはり教壇よりの席(写真の手前はTA用の席なので受講生はもともといません)。そして柱の後ろ側になる席は無人・・・やっぱり関係ありそうですね。

誰か研究しませんか?

「アーキニアリング展」の評判は?

How about the reputation of "Exhibition of Archineering"?
2008年10月24日

S081024152409_pt
FINEPIX F100fd (PTLens)

日本建築学会では,現会長の斉藤先生の主導により,「アーキニアリング」というテーマを掲げていろいろな催しを行っているようです。アーキニアリングは,想像がつくように,アーキテクチュア(Architecture)とエンジニアリング(Engineering)をつなげた造語です。

先日建築会館(東京・三田)で開かれていた「アーキニアリング展」の時には,テンセグリットのオブジェみたいなものが中庭に吊られていました。ちなみに中庭の屋根も斉藤先生によるものだと聞いています。

多少とも建築に興味のある人にとっては,構造とデザインというのはわかりやすいテーマですし,いろいろなレベルでの広報活動ができそうです。柱と梁によるラーメン構造,組積造のアーチなんかは格好の材料でしょう。トラスなんかもいいですね。これらは目に見えて力の流れが想像できるから良いのです。モノコックになってしまうと,コンピューター解析できるのはいいとして,どうもぱっと見て力の流れが感じられないのが,人が見るデザインとしてはどうなんだろうと思います。もちろんわかる人もいるのかもしれないけど,わかる人が少ないことは間違いないでしょう。

大橋キャンパス近影

A recent picture of Ohashi Campus (Kyushu University)
2008年10月21日

S081021121735_pt
FINEPIX F100fd (PTLens)

研究室のゼミ,授業・演習に加え,各種学会仕事やらその他もろもろをこなしていると,ブログの更新も滞りがちです。

というわけで,今日はしばらく前に撮ったキャンパスの近影をお届けします。

それにしても今年の秋空は,晴れれば雲一つない快晴という日が多かったという印象です。

今日から冬第一陣という感じで,福岡の方が東京より10℃低いようですが,明日は東日本も寒くなるのでしょう。今年は風邪やインフルエンザの出足?も早いようです。みなさんお気をつけください。

そういえば経済対策も動きませんが,社会的なメリットを考えるなら,希望者にインフルエンザの予防接種を無料で受けられるようにするとか,医療費の補助なんかいいと思いますが,素人考えなのかな。

公開講座「福岡の建築とライトアップ」 第2回

Extention Course "Architecture and Illumination in Fukuoka" Day2
2008年10月29日

S081029183229_pt
FINEPIX F100fd (PTLens)

2008年度公開講座の第2回は,石田先生による「福岡の建築デザイン」。昨年度まで芸術工学研究院所属であった石田先生は,今年度から東北大学に移られましたが,公開講座には来てくださいました。

前半はまず九州地区の建築の現状から。TOTOから出版された「建築MAP九州/沖縄」から名作が次々に紹介されました。工藤和美さん設計の博多小学校の開放性,黒川紀章氏設計の福岡銀行本店にみるパブリックスペースの扱い,アンバース氏のコンセプトによるアクロスの先駆的緑地スペース。少し時代を戻して辰野金吾氏の日本生命ビルをはさみ,アルド・ロッシ氏のイル・パラッツォ。磯崎氏のシティ銀行本店をはさんでジョン・ジャーディのキャナルシティ。そして百道,香椎浜という全国的にも有名な複数の建築家を集めて設計を依頼し開発する福岡地所の開発モデル。そういえばアイランドシティもこの流れにありますが,目玉になるのがぐりんぐりんくらいで,住宅にこれはというものがないのが気になりますね。

大橋キャンパスと,石田先生のデザインである駅前のサテライト「ルネット」もごく簡単に紹介された後,先日このブログでも紹介した「九州建築選2007」へ。そして九州芸術工科大学出身の建築家も紹介されました。

後半は,もう少し視野を広げて景観デザインと文化政策の話題。「オランダの景観デザインと文化政策」に関する講演会記録を基に,これからの都市・建築のデザインの参考になるような政策,それを実現するためのプロセス,それらを可能にしている背景など,実際に関わっている人でなければわからない,体験をふまえた話が伺えました。オランダでの先駆的プロジェクトに参加されている石田先生ならではの話と言えましょう。

公開講座「福岡の建築とライトアップ」 第1回

Extention Course "Architecture and Illumination in Fukuoka" Day1
2008年10月15日

S081015183240_pt
FINEPIX F100fd (PTLens)

今年も芸術工学部で建築系の公開講座を企画しました。題して「福岡の建築とライトアップ」。せっかくの講座を,実際の建築空間を見ながらやりたいというのは前から考えていたことでした。時期的に,公開講座の時間は暗くなるので,ライトアップも組み合わせたら良いかな?というのが今年の企画。

担当講師は昨年までとほぼ同じですが,第1回は土居義岳先生による「福岡の大建築家」。背景として,建築家の誕生に重要な,教育インフラの話から始まり,バルセロナと福岡の相似性(福岡が100年遅い)へと,さすがに興味深い導入部。

福岡の大建築家と言っても,福岡出身で福岡で学び福岡だけで活躍したというような人はいないので,福岡(近辺)出身,福岡に事務所を置いたことがある,福岡に作品が多い,というようなイメージでリストアップされたのが以下の面々。なかなかすごいですね。

辰野金吾
菊竹清訓
磯崎新
黒川紀章
葉祥栄
有馬裕之
末廣香織
松岡恭子

ポイントとして挙げられたのが,国際的,最初はむしろ海外での評価が高い,普遍的,地域主義的でない,ということ。

後半は代表例として,磯崎新氏と葉祥栄氏の建築作品が紹介され,大建築家たる所以と,それぞれの個性について,多数の写真を示しながら解説されました。

最後に質疑もありましたが,デザインと構造に興味のある人がけっこういるのかな・・・来年の企画として考えてみましょう。材料の特性からデザインが決まることもありますし,木は圧縮に大変強いけれど曲げると変形するとか,鉄は引っ張りに強いとか,一般向けにはけっこう新鮮な話題がありそうです。

「大建築家」を評価するのはジャーナリズムだけか?というような質問もありましたね。建築というものの性格上,個人の時間スケールでは評価しがたいところがあり,ある程度の知識を持って将来にわたる評価も予測した,ジャーナリズムによる評価というのが成立するというべきでしょう。建築家と市民の違いはどうする,という指摘もありましたが,これも同じことですね。機能は一般市民でもわかる,その時点で必要な機能だけでない,将来にわたり価値を持つはずだ,という感性に自信が持てるかどうかが大きな違いではないでしょうか。確信に基づく説明ができる人に,ある程度まかせるというのが,これまでの人類の知恵だったかと。

受講者の質問する時間を奪ってはいけないので,何もコメントしませんでしたが,公共性のあり方などにもつながる話でした。現在の日本では公共というと,ひたすら平等,平均を目指していて,欲しいものができないどころか,結果として誰も欲しくないものができるということが増えているように思います。つまり「いらない」という人が少ないものはできるけれど,「欲しい」人がいるものとは違うということですね。個々の建築で全部を満足させることはできないのだから,全体の中に自分の欲しい公共物があればよい,というように考えた方が生産的では?自分は建築はいらないけれど,欲しい人がいるならそれも良いね,というように。

世界遺産などが話題になりますが,古い有名な遺産はみなさんお好きのようですね。昔のムダ?はうれしいが,今のムダ?は許せない??将来に遺せるようなものも「ムダ」とひとくくりにするのはやめたいものです。遺産をもらうことばかり考えて,後世に伝える,あるいは新たに作り出すことが軽視されているのが悲しいですね。私の担当する大学院のコース「環境・遺産デザインコース」のコンセプトは,ここの一石を投じようとするものだと思うのですが,なかなか伝えるのが難しい。

SA-CDの愉しみ Kleiber: Beethoven Symphonie No.7

Joy of SA-CD, Kleiber: Beethoven Symphonie No.7
2008年10月23日

516je9a8mgl_ss500_
Beethoven Symphonie No.7, Bayerisches Staatsorchester
Carlos Kleiber, ORFEO C 700 051 B

ここまで紹介してきたSA CDは,CARPENTERSを除くと,最新のDSDレコーディングのものでした。SA CDにはかつてのアナログ録音を元にしたものも多数ありますが,これはどうなのでしょう。

このディスクは1982年のライブレコーディング。もちろんアナログ録音で,Digitally Remasteredとあります。てっきり2chのSTEREOだと思っていたら,Multi Channelの表示があり,たしかに5.0chが出ています。オリジナルの録音が何ch分あるのかわかりませんが,オーケストラの奥行きはうまく感じられます。特に木管パートの分離の良さが気持ちいいと感じました。

デジタル録音の普通のCDよりも,アナログ録音のSA CDの方が良く聞こえるということは,測定パラメーターで表せていない聴感上のメカニズムがあるということなんでしょうね。わが家のベートーベンの7番は,これが定番になりそう。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30