twitter

無料ブログはココログ

« iaps2008 (Rome) 参加記 (2): デイヴィッド・カンターの基調講演 | トップページ | 映音(福岡)でパイオニアDV-610AVを試聴 »

iaps2008 (Rome) 参加記 (3): 研究発表会場LUMSA

Travel Sketches at iaps2008 (Rome) part 3: Venue of Research Presentations
2008年7月29日~8月1日

S080730121232
GR DIGITAL 2

口頭発表の会場は,こんな感じ。ローマ市内なので,もちろん古い建物で内装だけどんどん改修されているというものです。上の写真では外の光が入っていますが,暗くしたければ鎧戸があるので閉めればOKという部屋です。大きな教室はなく,どれも小さめの部屋。

印象としては,「天井が高い」「残響が長い」というところでしょうか。部屋によっては響きすぎて明瞭度に欠けるところもありました。

S080729140000

LUMSAの前は広場になっています。ここがコーヒー・ブレイクや昼食の場。暑いので,みな日陰を求めています。

« iaps2008 (Rome) 参加記 (2): デイヴィッド・カンターの基調講演 | トップページ | 映音(福岡)でパイオニアDV-610AVを試聴 »

環境心理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iaps2008 (Rome) 参加記 (3): 研究発表会場LUMSA:

« iaps2008 (Rome) 参加記 (2): デイヴィッド・カンターの基調講演 | トップページ | 映音(福岡)でパイオニアDV-610AVを試聴 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30