twitter

無料ブログはココログ

« 秋の空 | トップページ | こんなところに虹が »

パイオニアDV-610AVをヤマハDSP-AX4600につなぐ

Connecting Pioneer DV-610AV to Yamaha DSP-AX4600
2008年10月18日

S081018210559_pt
FINEPIX F100fd -2EV (PTLens)

映音に注文していたパイオニアDV-610AVが入荷したと連絡があり,早速取りに行きました。本体は1.8kgしかありませんし箱も小さいので持つのは簡単ですが,ちょっと頼りないかも。

家に帰ってさっそくセットアップ。まず発熱が気になっていたアンプの上部が空くように位置を変えました。最終的な配置は後で考えることにして,とりあえずBDレコーダーの上にセットします。BDレコーダーに接続していたHDMIケーブルを外し,DV-610AVとDSP-AX4600を接続。次にDV-610AVの設定を見るために,テレビ(往年の名リア・プロジェクター,日立C-39HD50-1!)にSケーブルで接続。さっそく電源を入れて設定を行います。

このとき,HDMIの設定はリンクができていないとできないのでアンプのスイッチも入れる必要があります。まず初期設定画面を出し「デジタル音声出力」の設定で「HDMI出力」をLPCM(5.1ch)にします。AX4600のHDMI入力はDSD信号を扱えないので。それから「リニアPCM出力」の設定を「ダウンサンプルオフ」に変更。ダウンサンプルオンのままだと44.1kHzに変換されてしまいます。

続いて「映像出力」の設定です。説明書の解説は親切とは言い難いのですが,p.45の注2に書かれている内容からすれば,SACDのマルチチャンネルを出力するには,「HDMI画素数」を1280×720p以上にする必要があるようです。とりあえずHDMIで接続できる映像装置はありませんが,1920×1080iにしておきます。雑誌記事などによれば1080pにするとクロックがあがるので一般に音質にはマイナス方向とか。比較するのもめんどうなので1080iで始めます。

最後にお目当てのSACDマルチチャンネルを聞くために「オプション」の「SACD再生」を「マルチchエリア」に変更して一応OKのはず。

最初にかけるSACDは何にしようか?ちょっと迷いましたが,だいぶ前に購入してSACDを楽しみにCD層を聞くことはしなかった,内田光子さんの「シューベルト:楽興の時(全6曲),ソナタ第7番」(PHILIPS 470 603-2)を選びました。

トレイをクローズすると,LOADINGと表示された後,SACDの表示が。PLAYボタンを押すと・・・無事に音が流れてきました。5chのスピーカーのランプがちゃんと点灯しています。各スピーカーの音をチェックすると,サラウンド側もちゃんと鳴っています。AX4600の設定はもちろんPURE DIRECT。CDでは聞いたことのないなめらかな響きです。これは,いい。

次にこの日のために?先週購入したユリア・フィッシャーのバッハ,ソナタ&パルティータをかけます。なんと艶やかな響き。いい楽器をうまい人が弾いている時の音だ!CDだとたしかにいい楽器みたいだし,うまいとは思いつつ,微妙に違和感を感じていたのでした。むしろ映像付きの放送の方が(圧縮のAAC音声でも)気にならず楽しめるように感じていたのはフォーマットの影響もあるのかも。このあと千住真理子のair(ふつうのCD)を聞いたらやっぱり気になる。当面CDはヤマハのDSPのお世話になることになりそうです。

他との比較で相対的に言ってどの程度の音なのかはわかりませんが,絶対評価として自分が楽しめる音であることがわかって大満足。ちなみにPCM変換で伝送されているのはサンプリング88.2kHzの音。DV-610AVクラスだとアナログ出力もDSDを88.2kHzのPCMに変換してからDA変換しているそうなので(チップを確認したわけではありませんが),SACDをフルに生かしているわけではないのかもしれません。それでもふつうのCDとは大違い。マルチの効果もあるのかな?

先日,小澤征爾/ベルリンフィルの「悲愴」のBD-ROMでも書いたように,ソフトに空間の響きが記録されていて,それがそのまま再生できるというのはすばらしいことです。それでは2chのSACDはどうかといえば,まだ1枚しか聞いていないのですが,やっぱりいいんですね。アナログ録音のクライバー指揮,ベートーヴェン交響曲第7番(ORFEO C 700 051 B)ですが,音がなめらかな他に,とくに木管楽器がきれいに分離して聞こえてきます。

映画のためにAVアンプでサラウンド・システムを組んでいる人には,SACD,絶対おすすめです。

« 秋の空 | トップページ | こんなところに虹が »

AudioVisual」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイオニアDV-610AVをヤマハDSP-AX4600につなぐ:

« 秋の空 | トップページ | こんなところに虹が »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30