twitter

無料ブログはココログ

« 第7回環境心理生理チュートリアル~環境心理生理研究における「実験」の方法 | トップページ | iaps2008 (Rome) 参加記 (1): Hotel ISA »

ヤマハDSP-AX4600とPanasonic DMR-BW800の接続

Connections between Yamaha DSP-AX4600 and Panasonic DMR-BW800
2008年10月6日

S081008225756_pt
FINEPIX F100fd (PTLens)

ヤマハAX4600を購入して,もうひとつ楽しみにしていたことがありました。それは先日はじめて購入したBD-ROMソフト,「小澤征爾+ベルリンフィル『悲愴』2008年ベルリン公演」 (NHK エンタープライズNSBS-12133)の5.0ch PCM音声を聞くことです。

わが家のBDレコーダーPanasonic DMR-BW800にはアナログマルチ出力はないので,先日まで使っていたDSP-AX10の場合は光または同軸のデジタル接続となり,2.0ch PCM音声しか聞くことができなかったのです。AX4600ならHDMI入力があるので聞けるはず。そのためにはHDMIケーブルが必要。近所のデオデオにはなぜかHDMIケーブルを売っていなかったため,天神のベスト電器へ。いろいろ試すほどの興味はないので,雑誌でおすすめとなっていた中からあまり高くないタイプを購入したいと考えました。オーディオ・フロアーをさんざん探し回ってもなく,ほとんどあきらめながらビデオのフロアーに行ったところ,なぜか放送受信相談のカウンターの向こうにHDMIケーブルが多数あるのを発見。お目当てのソニーDLC-HDxxHFシリーズもあり,一番短い70cmのものを購入。

DSPで後から響きを付加するのではなく,ソフトそのものにホールの響きが入っているというのは夢のようです。BW800の音声出力は同軸が一番というのが定説のようですが,HDMI接続の音も悪くありません。ソフトがLinear PCM収録なのでAX-4600のPure Directでマルチチャンネルが聞けます。いつまでも聞いていたい幸せな音楽の世界。映像をつけるかどうかは気分次第ですね。

けっきょく,いつでもHDMI接続と同軸接続を切り替えて聞けるようにHDMIをDVD入力に割り当て,同軸の方はCD入力に接続いておくことにしました。

以下,オーディオ信号の伝送・接続に興味はあるけどくわしくないという人向け-------------
20年くらい前までは,基本的にステレオの時代ですから,音声は2ch,家庭用のオーディオでは赤と白のRCAピンプラグを接続すればOKといたってシンプルでした。これはCDが登場してしばらくも変わらなかったのですが,ここ10年ほどですっかり様子が変わってしまいました。といっても,DVD-Videoの音声なら光または同軸のデジタルケーブル1本でアンプと接続することができ,アナログ接続にこれが加わった程度。これで5.1chのサラウンドが楽しめたわけです。圧縮音声ですが。

ややこしくなるのは,ここから先。DVD-AudioやSA-CDが登場し,ハイ・サンプリングやハイ・ビットレートのPCM,さらにPCMのマルチチャンネルやDSDのマルチチャンネルになったあたりから。とりあえずプレーヤーにアナログのマルチチャンネル出力が付き,これは接続本数が増えただけだから手間とケーブル代はかかるけれど,理解するのは簡単です。ところがデジタル接続は・・・。光・同軸接続ではだめなんですね。これらを試しもしないうちに,i-Linkが登場します。プレーヤーとアンプの両方がこれを備えていれば,ケーブル1本でデジタル伝送が可能らしい。AX-4600にもi-Link入力があります。でもi-Link出力のあるプレーヤーは持っていないから,ビデオやPCでは使っていますが,オーディオでは使わないまま終わりそうです。

そして最近はHDMIの時代。デジタルハイビジョン映像とマルチチャンネル音声がケーブル1本で送れるというもの。最近のプロジェクターの入力はどんどんこれになっていますし,ビデオレコーダーの出力などもこちらが主流のようです。今年の初めにわが家にやってきたBlu-Ray レコーダーのPanasonic DMR-BW800もD端子の他にHDMI出力がありますがこれまで使ったことはありませんでした。

HDMI接続なら,Pioneer DV-610AVを初めとする申し訳ないくらい安価なユニバーサル・プレーヤーがあるようなので,次はぜひSA-CDを鳴らしてみたいと思います。AX-4600のHDMI入力は,SA-CDのDSDは受け付けないバージョンのものですが,プレーヤー側でLinear PCMに変換できればHDMIでマルチチャンネルもいけるらしいので。

« 第7回環境心理生理チュートリアル~環境心理生理研究における「実験」の方法 | トップページ | iaps2008 (Rome) 参加記 (1): Hotel ISA »

AudioVisual」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハDSP-AX4600とPanasonic DMR-BW800の接続:

» 北京五輪録画向けBDレコーダー比較 [ダビング10 北京五輪で活躍のアイドルアスリートを録画]
録画チャンスにあわせたオススメBDレコーダー★録画の便利さ・チャンネル別番組表を使う場合 松下電器産業「ブルーレイDIGAシリーズ」 http://panasonic.jp/diga/products/bw/index.html・画面全体に放送内容を一気に表示できる シャープ「AQUOSハイビジョンレコーダーシリーズ」http://www.sharp.co.jp/hi-vision/dvd/index.html・検索機能が充実し、自動録画機能も完備 ... [続きを読む]

« 第7回環境心理生理チュートリアル~環境心理生理研究における「実験」の方法 | トップページ | iaps2008 (Rome) 参加記 (1): Hotel ISA »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30