twitter

無料ブログはココログ

« 今年はじめての秋刀魚 | トップページ | 日本音響学会大会が九大・大橋キャンパスで開催されました »

FinePix F100fdのダイナミックレンジ

Dynamic Range of FinePix F100fd
2008年9月9日

S080909111750_pt
FINEPIX F100fd (PTLens) DR Auto

F100fdになって,ダイナミックレンジが広がったということを謳っています。もともとフジお得意のハニカムCCDにはHRとSRという2種類があって,SRの方は高輝度と低輝度に対応する2種類のセンサーを組み合わせてダイナミックレンジが広いのが売り物でした。フジのデジタル一眼レフはこれだと思いますが,コンパクトタイプではF700シリーズのみで終わってしまいました。F100fdはHRですが,画像処理も含めてノイズが減ったことから,ソフト的なダイナミックレンジ拡大が可能になったようです。

通常はダイナミックレンジをAutoにしておけばよいのですが,マニュアル設定も100%, 200%, 400%とできるので試してみました。

S080909111816_pt
FINEPIX F100fd (PTLens) DR 100%

S080909111828_pt
FINEPIX F100fd (PTLens) DR 200%

S080909111840_pt
FINEPIX F100fd (PTLens) DR 400%

ネクサスワールドのマークマック棟から見たクールハース棟・セントラルガーデン方向です。シャドウになっているマークマック棟の壁面と床面が若干違うようです。Autoではシャドウ部はシルエット扱いと判断されている模様。手持ちのAuto撮影なので誤差の範囲かもしれませんが。ちなみにExifデータを見ると

Auto  ISO200 1/488sec F8.9
100%  ISO100 1/163sec F8.9
200%  ISO200 1/320sec F8.9
400%  ISO400 1/596sec F8.9

感度を上げて処理していることがよくわかります。

« 今年はじめての秋刀魚 | トップページ | 日本音響学会大会が九大・大橋キャンパスで開催されました »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FinePix F100fdのダイナミックレンジ:

« 今年はじめての秋刀魚 | トップページ | 日本音響学会大会が九大・大橋キャンパスで開催されました »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30