twitter

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

iPhone 3Gへの大いなる不満

Great displeasure with iPhone 3G
2008/06/24

iPhone 3Gが話題だ。日本ではソフトバンクからの発売が決定し,料金プランなども発表された。ビジネスの分析としては,Appleの戦略に非常に評価が高いようだが,ユーザーサイドから見ると,大いに不満だと言わざるを得ない。

AppleがSmartphoneに近いCell phoneを発売するというので,多少は期待したのは,SIMロックフリーでAppleから購入できるのでは?ということだったが,アメリカでAT&Tと組んで,あっさり裏切られることになった。

3Gになって日本でも発売というのは良いニュースだったが,驚きのSIMロックが加わってしまった。なんと,Softbankの中でもiPhoneは専用SIMにするというのだ。ということは,たとえばiPhoneと他の機種を同じ番号で使い分けることはできないということになる。なぜそんなことをするのだろう。あと数年でSIMロックフリーという話と完全に逆行しているではないか。

新聞などの報道にも大変不満である。「iPhone,2万3000円」(朝日新聞2008/06/24西部本社版朝刊)???
冗談じゃない。データ通信の契約も「必ずご加入いただくことになる」というから,私が物を買う時のふつうの計算では
 23,040+7,280×24=197,720円
がiPhoneの安い方の最低価格ということになる。これにはもちろん他社や固定電話との通話や海外での利用は含まれていない。

消費者庁が話題であるが,こういう販売方法と表示は規制すべきではないだろうか。

私が見た中では,PC Onlineの書き方が見やすかった。
--------------------------------
月額料金は、後述する「ホワイトプラン(i)」を利用した場合で7280円から。つまり前出の新スーパーボーナスを使って24回払いで本体を購入すると、毎月の支払額は合計で8GBモデルで8240円から、16GBモデルで8720円からとなる。
--------------------------------
「最低2年間継続利用する必要がある」と加える必要はあるが。

私はSoftbankユーザーなので,iPhone導入を機にリーゾナブルな価格で「機械」を販売してくれるなら,買い増してもよいかなと一瞬考えたのだが,あまりの馬鹿らしさにあきれてしまった(端末価格そのものは7~8万円というから,しごく妥当なのに)。

Webでは「受付を中断するほど予約が入っている」との情報を見かけたが,実際に契約に至る人がどのくらいいるのか見物だ。

iPhoneの発売でiPod Touchが値下がりするなら,それは歓迎すべきことかもしれないが。

写真ファイルの整理

Arrangement of Photo files
2008/06/22

デジタルカメラの時代になって,写真ファイルはますます増える一方です。これらをどのように保存・管理して,利用できるようにしておくかが悩みの種。

最初に使ったデジカメは200万画素でしたから,ファイルサイズもそれほど大きくなく,一般的なハードディスクなら余裕で全部保存できました。それが今や最大解像度だと1000万画素という時代です。一眼レフならRAWファイルも保存したくなる,となるとデスクトップの大容量HDDならともかく,ノートPCですべて持ち歩くというのは無理があります。

撮影時の解像度や圧縮設定も悩むところですが,現在は以下のようにしています。

オリンパスE-420:  RAW+JPEG(5M Fine)
リコーGR Digital2: 3:2 Fine(9M)

実はE-420より前は,RAWファイルはほとんど保存していませんでした。基本的にJPEGの最大解像度で圧縮をどうするか,という使い方。ところが最大解像度が8Mピクセルともなると,日常利用にはややオーバースペック。かといってせっかくの最大性能を保存しないのも勇気がいります。そこで,どうせ将来の保険と考えるならRAWを保存だけすれば悩まなくてすむかな,と思った次第。日常的によく使うL~A4くらいまでのプリントには5Mで十分。ただし空や照明のグラデーションはきれいに出てほしいので圧縮は弱め,ということです。1コマあたりのファイルサイズはJPEGが約2MB,RAWが9~11MBといったところ。

一方GR Digitalの方は,軽快さ優先でRAWは使いません。ファインダーも液晶のみなので,35mmフィルムと同じ縦横比の3:2を試してみたら,広角レンズには良く合うようで気に入ったというわけです。1コマあたりのファイルサイズは約3MB。

さてJPEGファイルといっても1コマ2MBもあると,持ち歩き用には大きすぎますし,画面表示用には明らかにオーバースペックです。現在のメインマシンであるVaio T(VGN-TZ91NS)の液晶画素数は1366×768です。授業や講演で利用するプロジェクターはほとんどが1024×768でしょう。写真には縦位置と横位置がありますが,個人的にはこの両者を同等に扱いたい。つまり,縦位置の写真と横位置の写真は同じ倍率で表示したいのです。そうすると,プロジェクターの縦768ピクセルというのがひとつの基準になります。

そこで,手持ちの写真ファイルを長辺768ピクセルに統一して縮小したものを作って表示してみました。縮小には「縮小専用。」を使いました。まずWindows Vistaのビューワーを使ってみましたが,スライドショーにすると横位置のものが自動的に拡大されてしまう(設定があるのかもしれませんが,発見できていません)。やはり慣れ親しんだサムズ・プラスに戻って,スライドショー。横位置のものは画面をフルに使っていないことになりますが,まわりが黒バックで囲まれた写真というのは見やすいもの。縦と横で倍率が変わらないのが何より。大変気に入りました。

なお,1コマあたりのファイルサイズは70~200KBといったところ。持ち歩き用には好適そうです。過去にさかのぼって順次縮小してみよう。

「空間プロジェクト」合評会

Jury of "Space design project"
2008/06/14

九州大学芸術工学部環境設計学科2年生前期の設計演習科目である「空間プロジェクト」の合評会が行われました。

S080614143327
GR Digital2 (ISO Auto-HI)

新カリキュラムになって空間プロジェクト自体は2年目ですが,今年から担当者と内容が変わっています。

前半の課題は「集合住宅」。1年生の間は,すでに存在している建築物の図面コピーや模型制作であったり,空間分析であったりしたわけで,自ら考えて設計する課題としては初めてのもの。学科内の担当は私と井上朝雄先生,非常勤講師として東大の清家先生,北九州市立大の赤川先生,そして元日建設計の横田さん,芸工出身の末次さんも加わっています。

S080614160748

昨今の学生の状況を見ると,図書館に資料がそろっているからといって自由にやらせても,うまくできない学生がかなりの数になることが容易に予想されるため,ある程度のステップを考えることに。まず参考にしてもらうとよいと考えられる集合住宅をピックアップしてグループごとに分析。次に課題に合わせて住戸内部のユニットを何種類か描いてみてチェックを受け,その後建物と周囲全体の設計を行うという手順。敷地は大橋キャンパスから歩いてすぐの「大橋団地」。団地自体は建て替え途中なので,更地になっている部分です。

S080614175008

「空間プロジェクト」とセットになる講義科目として「空間デザイン論」があるので,集合住宅の設計で必要になる計画や構造のごくごく基本的なことはここでレクチャーされます。すぐに自分で設計しなくてはいけないので,ふつうの授業よりは熱心に聞いていたかな,という印象。ただ,講義形式でいろいろな内容を聞き取る能力はまだまだ,という学生もいるのが難点。特にこれまでに何気なく使ってきた言葉や概念は,それが相当に偏ったものであっても修正するのはなかなか難しいようです。

S080614175833_2 

電子メール環境の改善

Improvement of E-mail environment
2008/06/21

今や電子メールは仕事の上では必需品。送受信ができなくなったり,受け取ったメールが紛失したりすると後始末が大変でしょう(幸い大きな事故はないのですが)。

そうなると,なかなかメール環境を変えるというのは勇気がいります。メールサーバー,ソフトウェア,その他にはできるだけ手をつけたくない。

それでも,最近ささやかな電子メール環境の改善を行いました。ひとつめは自発的に行ったものではなく,大学のメールサーバーの更新。これまで大学のメールサーバーはログインも受信もひどく待たされることが多かったのですが,その理由が古くなったメール管理のファイルシステム。最近のメールサーバーは1メールを1ファイルとして扱うのが普通らしいのですが,大学のメールスプールは,以前一般的であった大きな1ファイルの中に多数のメール内容が書き込まれるタイプ。このため,更新に時間がかかる上,複数ユーザーが使う時には排他制御が必要になり待ち時間も発生していた,というわけ。新しいサーバーになって,待ち時間はもちろん感じられなくなり,非常に快適。

次に,スパム・フィルターです。ウィルスについては大学のサーバーもウィルスチェックをかけていますが,スパムまで面倒は見ない。Windows XPをメインに使っていた時にはBkASPilというスパムフィルター・プラグインを使っていたのですが,Vistaマシンに移行してからプラグインを入れていませんでした。最近とにかくスパム・メールが増えて,それもほとんど同じ内容のものが連続して送られてくるのでいちいち削除するのはかなり時間の無駄となっていました。あらためて「スパム・フィルター」で検索してみると,「深海魚フィルター」というのが目に付きました。Web上での評判をいくつか見ると,GMailのフィルターを除けば,これが良いという人が複数いたので試すことにします。インストールは簡単でしたが,Beckyのバージョンが古いと言われてしまった。仕方がないので,RimArtsのサイトから新バージョンをインストールすることに。上書きインストールでまったく問題なく,ほっと一息。プラグインを読み込ませた後,メールを受信してみると・・・迷惑メールフォルダができて,そちらに振り分けられています。初期状態では迷惑メールでないものもそちらに行ってしまうものがあるようなので,しばらくは「安心メール」の設定をしていく必要がありそうですが。なんとなくいい気分。

ひさしぶりのレンタル

Using rental discs after a long separation
2008年6月18日

ひさしぶりにCDを借りた。そして初めてBDも借りた。

S080617110906

映像の世界では,衛星放送のアナログハイビジョンに始まり,BSデジタル,地上波デジタルとハイビジョン化が進んできました。パッケージディスクもだいぶ遅れてBD-ROM,HD-DVDが登場し,HD-DVDは早くも撤退してしまったのはご存じでしょう。

BD-ROMも観て(聴いて)みたいなあと思いつつ,なかなか買う決心がつかずにいたのです。かつてのLDや現行DVDと比較しても,1枚5000円弱というのは相当なバーゲン・プライスだとは思うものの,エアチェック保存用のBD-R(1層ディスクで500~700円)を買うのがせいいっぱいというところ。コピー制限があるから,いったんD-VHS(のいらなくなったテープ)にしておいて・・・というわけにもいかないし。
15年ほど前に,これからデジタル化が進むということで一番期待した,バックアップとメディアチェンジが自由にできるという夢は完全に絶たれてしまっていますし。

そこへ4月頃から,「BDレンタルスタート」という,ぼくにとっては大ニュース。世間的にはさほどインパクトはなかったようですが。20年ほどほとんどのぞいたことのなかったレンタル店(GEO)をのぞきに行くと,たしかにある。

驚いたのは料金で,いわゆる旧作ものは1週間借りて300円。CDと同じ?新品価格は2倍くらい違うので,CDの約2倍の回転が見込めるということなのでしょうか。パッケージ・メディアとしては,ジャケットもブックレットもまったくなし,というのが気になりますが。雑誌情報では,ディスク自体は販売されているものと同じということで,映像クォリティはさすがに高い。音の方は放送とは比べるのがかわいそうかな。そして,ついに映画がハイビジョンで,字幕なしでも観ることができます。これはいい。放送はデジタルでも字幕は消せないから。

じっくり見直したい作品をまた借りるとしましょう。

ソフトバンク816SH使用感(3)

An user's impression on Softbank 816SH part3
2008年6月15日

2007年12月2日,2008年4月28日に続く3度目のレポート。

あいかわらず,ほとんど不満なく使っています。今回は,海外での使用について。

先月,短い休暇を取ってコート・ダジュールに行ってきました(旅日記も書きたいけれど,なかなか)。初めて,携帯電話を海外に持ち出して「国際ローミング」というのを体験。レンタルも含めて海外で携帯電話を使うのは初めてです。

電話の説明書と,国際ローミングの説明書(Web上,またはダウンロード)を読むのですが,あまりぴんとこない。とりあえず行き先は国としてはフランスとモナコということになるので,一覧表を見ると,会社によって料金がずいぶん違うので,現地では自動接続でなく,手動で安いところをまず選ぶことに。

パリの空港で,とりあえず電源を入れてみます。手動で接続先をスキャンさせて数秒待つと,接続先がいくつか表示されます。当初考えていた接続先を指定すると無事つながったようです。

ニースで泊まったホテルはヨーロッパの都市によくある,中庭型の建物の一部。正確な階数はわかりませんが,8階建てくらいか?泊まった部屋は中庭に面した1階です。この部屋だと電波はかなり弱い。3Gの電波は拾えず,2Gのみですが,それも場所によっては圏外になる。それでもメールや通話はなんとかなりました。もちろん外に出れば,ニース市内では3Gも2Gも問題なし。

モナコの方は,3Gは一覧表になく,使えたのも2Gだけでした。

さて,海外でどんな機能がどのくらい使えるのかな,と思ったのですが,基本的にまったく日本と同じと考えて良いようです。2Gでも3Gでも同様。もちろん回線スピードは遅いのでしょうが,携帯サイトくらいなら問題ありません。

ヨーロッパで816SHを使っていて思ったのが,電話機のスタイルに違和感がないこと。海外では圧倒的にストレート端末が多いので日本で主流の折りたたみ式だとかなり目立ちます。816SHはスライド式で伸ばしたサイズもストレート端末と変わらないため,ふつうに見えます。

今回は,ホテルの部屋でPCが接続できなかった(モジュラージャックの極性?)ので,どうしても返信の必要なメールがないかどうか,携帯電話でチェックすることになりました。ふだんからniftyでチェックできるようにはしてあるので,日本にいる時と同じようにブックマークからniftyメールの携帯サイトにアクセスすればタイトル一覧が見られるので,特に必要なものだけ内容を表示して返信することにしました。

電話の方は,日本に無事を知らせるほか,チケットの手配などを頼んだ現地の代理店さんとの連絡,都合が合えば会いに行こうと考えていた知り合いへの連絡に使いました。旅行中で移動しても先方からかけてもらえるのは良いけれど,常に国際電話になるところがちょっと不満といえば不満です。

SIMロックがなければ現地の連絡はプリペイドという手があるはずですが,現状では無理。

失敗した?のは,利用明細を申し込んでおかなかったこと。どうも後からではだめみたいなんですね(少なくともWebでは)。このためどの通話がいくらだったかわからない。次の機会には申し込んでみよう。

目安にしかなりませんが,けっきょく約1週間の旅行で,
 国際電話通話料 5480円
 3G国際パケット通信料 4890円
でした。やっぱり高いですね。
おまけに通常の料金プランの通信料は使えません。なぜだろう。

料金プランは,オレンジプランでMのまま。そろそろ繰り越しもたまってきたから,次はSに変えようかな。

最近の新聞記事の感想

Personal remarks on recent newspaper articles
2008年6月8日

たまっていた新聞を読み,気になる記事を切り抜き。
ちょっとした感想など。

○接待タクシー 「違反」線引きは微妙
 へえ~,タクシーでも飲み物出たりするんだ。飛行機だとあたりまえですね。飲み物が出る飛行機に乗ってはいけないと言われたら困るだろうなあ,ラウンジだとアルコールもあるんですけど。
 せっかくだから,超過勤務手当がちゃんと出ているのかどうかも調べたら?国会の運営まで関係していそうですし。

○時給格差50代2.5倍 正社員と非正社員で
 50代前半では正社員の時給は2996円で短時間労働者は1018円なのだそうです。で,専門的な129職種別の時給の比較では,高い方からパイロット6899円,大学教授5882円,医師5228円なのだそうです。
 いろいろな見方ができるのでしょうが,まず大学教授は平均年齢が相当高そうです。分野によっても異なるでしょうが,ふつうは40代後半以上しかいないでしょう。
 次に,この3種は労働時間が定義できない共通点がありそうです。パイロットなら,職を保つための健康管理を含めれば24時間労働とも言えるし,医師の勤務の過酷さは話題になっているところです。大学も国立大学だと週40時間の裁量労働制になっていますが,そもそも考えることが仕事の一部なので,時間を区切ることは不可能です。いや,区切られないのがよいので,だからやっていけるのでしょう。

書き出すとどうも長くなって時間がかかるなあ,とりあえずこのへんで。

Vaio Tのバッテリー爪が破損(していた)

A latch of the battery of Vaio T has been broken (for a while?)
2008年6月8日

生活は相変わらずだが,少しは「休んだ」と実感できるくらいに仕事以外のことをしないと,やっていけない。というわけで,ブログ更新。

で,話題が仕事用のPCの話というのはご愛敬だが,約半年使用してきたVaio Tのトラブル。

ノートPCのバッテリーはたいてい液晶とのヒンジ側裏面にあって,スライド式のロックによって脱着可能になっている。Vaio Tもほぼ同じなのだが,本体側のヒンジ部が小さいのが特徴といえば特徴だ。バッテリー部分は盛り上がっていて指がかかりやすい形状にしてあるため,本体を持ち上げる時に,バッテリーを持つような形になる。

いつものように,移動しようとして持ち上げたところ,なぜかバッテリーが斜めにずれて本体との間に隙間ができていることに気づいた。スリープ状態であったが,電源はいったん落ちている。ということは,バッテリーが一度外れたということだろう。知らないうちにロックを解除してしまったかと思い,裏返してみると,ロックはしっかりかかっており,外れているのは反対側。そっとバッテリーを外してみると・・・なんと,本体とバッテリーを固定している可動式の爪が折れている,というよりも出っ張っているはずの先端がない。折れた先端部分はどこにも見あたらないがどこへ行ってしまったのか?

ここで問題は,今までこのバッテリーを外したことはないということだ。本体をぶつけたり落としたりしたこともないし,持ち歩く時はソフトケースに入れた上で鞄に入っていることが多いのだが。

まさか,最初から欠けていた?

次にPCを買った時には,最初にきちんと確認してみようと思う。

とりあえず,養生テープで留めてあるが,予備も兼ねてバッテリーを買うべきかどうか迷うところだ。

これも,今となっては不明だが,突然リセットがかかったのも瞬間的な電源のとぎれによる可能性も否定できないかもしれない。テープで固定したので,これ以後何も起こらなければ,可能性は高まってくるかもしれない。

今のところ,ネット上で爪の破損報告(最初からというのもあった)は1~2件だけのようなのだが,私と同じく気づいていない人が多いのかもしれないし・・・

Norton Internet Securityのエラー on Vaio T

Errors of Norton Internet Security on Vaio T
2008年5月31日

書きたい話題は多々あれど,どうしても〆切に遅れた仕事が優先になる。5月下旬には,つかの間の休暇もいただいたので文句は言えない。

エラー関連は覚え書きとして忘れないうちに書いておくことにする。どこかで誰かの役に立つかもしれないし。

NISは定期的にウイルス定義の更新や,システムスキャンの指示を出してくる。今回は「システムの完全スキャン」から始まった。スキャンをしかけて外出し帰ってきてみると,「Norton AntiVirusに内部プログラムエラーがありました」というエラーメッセージが。シマンテックのサポートページへのリンクがあるのでこれをクリック。すると手順1~6までかなり詳細な指示がある。かなり複雑なようだ。まず勧められるままにこのページを印刷して読んでみる。更新は良いとして,セーフモードでの起動やコマンドラインからの実行など,おそらく一般ユーザーは一度もやったことがないのではないかと思われる内容が並ぶ。本当にこんなことをやらせるのか?さらに気になるのが,このページの更新日が2007/05/10で,対象OSはWindows XPというところ。ぼくのVaioTは2007年秋のものだし,OSはVistaだ。同じことをやって良いのだろうか?

とりあえず「Norton製品の更新」にかかる。指示通りに「ここ」と書かれたところをクリックすると更新サイトに。これはかなり大がかりな更新だったらしく,NIS2007を2008に無償アップグレードだという。すでにエラーが出ているのだから更新しないという選択肢はないわけで,アップグレードにかかる。

ダウンロードは問題なく終了し,自動的にインストールがスタートした。セットアップのダイヤログが表示され,進行中を示すバーが左から右へとせわしなく動いている。ただ,何をやっているかのメッセージは何もない。この時点で夜も遅く,とりあえず風呂に入ることにする。風呂からあがって,30分ほどたっても何も起こらないが,短気は損気?なのでこのまま寝ることにした。

さて,翌朝起きてみると,何も変わっていない・・・さすがに8時間以上経過しているので,無限ループのように見える。ひとつずつウインドウを消してみるが,入力を要求しているものはない。キャンセルや中止のボタンもないので,しかたなく再起動となる。

再起動してNorton Protection Centerを開くと,×のついた問題が3カ所。指示は,Nortonを削除して再インストールせよというもの。はたしてうまくいくのだろうか。かなり不安だが,ネットに接続していないことを確認して削除にかかる。完全削除はとくに問題なく終了した。Windowsがウィルスチェックがないという警告を出すがこれは当然か。昨夜ダウンロードされた「インストール」を起動して再インストールにかかる。しばらく進むが今度は「削除または更新後は再起動が必要」とのメッセージが出る,先に言ってよ。

再起動して再びインストールにかかる。今度は先ほどより進むが「インストールエラー」となり,未完了だという。大丈夫か?

もう一度再起動すると,今度はOlympus Master関連と,Residentなんとかがエラーまたは停止というWindowsからのメッセージが出る。だんだんひどくなるような気もするがしかたがない。ふたつのダイヤログにOKを出すと,今度は自動的にインストーラーが動き出した。そのまま待っていると,インストール完了まで進んでしまった。本当に成功したのか?続いてアクティブ化を行うという指示。ここでインターネットに接続する必要がある。アクティブ化は特に問題なく終了したようだ。

再起動後は特にメッセージは出ず,NIS2008に更新されたようだった。それにしてもかなりユーザーの不安をあおるような手順だなあ,心配性の人だったら途中で困るだろうなあ。せめて「エラーが出たら再起動して,再度実行して」「○回やってだめなら電話して」くらいのことは先に表示した方が良いような。

さて,1日遅れのシンポジウム原稿にとりかかろう。終わるまで無事に動いてくれますように。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30