twitter

無料ブログはココログ

« 九州大学 芸術工学専攻・環境系 修士論文発表会 | トップページ | 東芝のHD-DVD撤退報道に思う »

Vaio TZとWindows Vistaその後

Recent topics of my Vaio TZ and Windows Vista
2008/02/15

導入当初は,ネットワーク接続などで苦労したVaio TZとWindows Vistaであるが,最近はだいぶ落ち着いてきた。ネットワークについては,まだよくわからない部分も残っているのだが,基本的に移動を伴う可能性のある時にはスリープする前にネットワークを必ず切断するようにしている。復帰後,ネットワーク接続操作をすれば,ほぼ確実につながってくれている。

Vistaの使い方としては,Microsoftの推奨通りに,いちいちシャットダウンすることはせず,スリープのみを使っている。といっても,OS,アプリケーションやウィルス対策ソフトなどが自動更新された時には再起動が要求されるので,最長でも一週間くらいだろうか。再起動せずに使い続けていると,動きの重くなる時もあり,そのときにはまずログオフしてから再度ログオンしてみる。これで問題が解消することもある。

最近導入したものとして,トランセンドのExpress Card/34スロット用のフラッシュメモリ「ExpressCard/34 SSD」がある。32GBまであるようなのだが,実際にはどうもあまり売られていないようだ。TZのSSDは64GBなので,16GB足せば一応前のVaio TXと同じ80GBにはなるはず。ただし,OSも大きくなっているし,写真ファイルなどもどんどん増えるので本当はもっと容量が欲しいところ。

とはいえ,ほとんど出っ張りなく記憶容量が増やせるのは良い。スロットに挿入するだけで認識は問題なく,スリープおよび復帰も大丈夫なようだ。ただ,Windowsが異常終了した旨のメッセージが出たことがあるのと,ハードウェアに起因するらしいブルーバック・エラーも見かけたので,完全に大丈夫かどうかは確信が持てない。Vaioには他にメモリースティックのスロットもあるので,こちらも併用しようかと考えている。こっちはソニー同士だから確実?

現在の状況は以下の通り。
・内蔵Solid State Drive 51.8GB (15.6GB空き) 
 2007年~現在の作業データファイル,1995年頃からの電子メール,個人データベースと2008年の写真ファイル
・ExpressCard/34 SSD 15.1GB(1.16GB空き)
 2005~2006年のデータファイルと2007年の写真ファイル

ExpressCard32GBがあれば2001年頃からのデータファイルと写真ファイルが大体入るはず。今年中には普及することを願おう。

« 九州大学 芸術工学専攻・環境系 修士論文発表会 | トップページ | 東芝のHD-DVD撤退報道に思う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vaio TZとWindows Vistaその後:

« 九州大学 芸術工学専攻・環境系 修士論文発表会 | トップページ | 東芝のHD-DVD撤退報道に思う »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30