twitter

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

新聞コラム「1レベル下の企業」って何だ

Collumn of Newspaper: What is "companies a level below" ?
2008/02/24

新聞の研修・採用コンサルタントによる就職活動に関するコラムに「1レベル下の企業」って何だ,というのがあり,おもしろそうなので本文まで読んだ。著者は木島洋嗣氏。

最初は大学の授業の話から始まり,途中でリタイアする学生がとても多かったそうだ。リポートやプレゼンなど,課題を出すたびに教室から学生が消える?最後は「本音は面倒なのだと思う」とあるから苦言なのだろう。それで済ませてしまうと成立しないと思うのだが・・・と思うのが専任と非常勤の違いか。

さて,後半が「レベルのダウングレード」について。就職活動でも「1レベル下の企業を目指す」という言い方を耳にするとして,「そもそも企業にレベルってあるのか」と続く。「結局,楽をしたいということじゃないのか」と。

大学で講師もされているなら,もう少し緻密に考えてほしいような気もするのだが。

授業の単位取得と就職活動は根本的に異なっている。授業は受講者全員が優秀な成績を収めれば,当然全員が単位を取得できる。しかし通常の就職採用においてはそんなことはあり得ないだろう。すなわち求職者間での競争になるのだから,企業そのものではなく,「求職者の人気レベル」「求職者間の競争率レベル」が自然に発生するはずなので求職者の立場に立てば「1レベル下の企業を目指す」という表現は,どこも間違っていないと思う。

現在の社会では職業選択の自由や居住地の自由など,さまざまな自由が前提になっているが,これらはもちろん結果としての自由を意味するわけではなく,国家権力によってこれらを決められることはないと言っているにすぎない。

本当に自由が感じられる社会を目指すなら,人々の意向を調査して将来を予測し,それに見合った職業構成を実現するような政策が必要になるだろう。もっともおそらく人々の意向に合わせた職業構成では社会が成り立たないと予想する。

ここは,各自の希望ではなく,最低限受けたいサービスの優先順位を訊くべきだろう。たとえば,教育サービス,医療サービス,警察・消防サービスや移動手段のサービスなどについて,どんなものがイメージされているのかを調べ,現状との乖離や実現可能性を示し,不可能なら人々のイメージの方を変えていく必要があると思うのだがどうだろう。

スバルB4 3.0R spec B 初トラブル?

The first trouble? of Subaru B4 3.0R spec B.
2008/02/19

わが愛車スバルB4で,初めてのトラブルに遭遇した。自宅から大学へ向かう途中である。15分ほど走ったところの大きな交差点でちょうど信号にひっかかった。次の発進までかなり間があるので,いつものようにいったんエンジンを切った。

さて,信号が変わり,エンジンを始動してすぐに発進・・・したのはいいが,まったく回転が上がらない。エンジン警告灯が点灯したままになっている。時速10km/h足らずでのろのろと進む。ここは国道3号線バイパス,しかも中央よりの車線。まったく加速しないクルマで左端まで車線変更,ハザードと方向指示器を交互に使ってなんとか寄せる。

それまでの状況からして,機械的なトラブルではなさそうだ。それならいったんエンジンを切ればリセットされるはず?

ところが,メインスイッチONで計器は通常通り点灯するのだが,セルが回らない。何度か試しても同じ。これは困った。F1 GPでも突然スローダウンというシーンを見かけるが,市販車でも?

しかたがないので,JAFに電話する。携帯電話から#8139にかけるのは初めてだ。症状と場所を説明して,来てくれることになったが,30分くらいはかかるという。クルマの後方に三角停止表示板を置くも信号が変わるたびに左側車線のトラックが車線変更に苦労しているのが見える。100mほど先に外車ディーラーがあるので,ここの助けを頼むことにし,歩道の切れ目まで押すのを手伝ってもらう。これで一息。

15分ほどたって,まだまだ時間があるので,もう一度エンジン始動を試す・・・何事もなかったかのように始動。再度JAFに電話するが一応点検させてほしいというので,それに従いもう少し待つことにする。JAFのロードサービスが到着し,機械的なトラブルがないか目視点検等をしてくれるが,やはり何も出ない。会員証を見せてサインをしておしまい。

そのままにするのも不安なので,スバルのサービスを目指す。先週車検整備を終えたばかりなので,メカニックも憶えている。すぐにダッシュボード下にラップトップを接続してコンピューターのメモリーを見てくれる。これもレーシングカーと同じだ・・・と喜んでいる場合ではないのだが。

電子スロットルに異常というデータは残っていたようだが,この時点ではどこも異常はなし。けっきょく原因は不明であった。

東芝のHD-DVD撤退報道に思う

A thought on the news of TOSHIBA's withdrawal of HD-DVD.
2008/02/18

昨日の朝刊一面に「東芝HD-DVD撤退検討」との報道がなされた。HD-DVDがBlueRayと比較すれば(比較すべきかどうかは別問題として)劣勢であったことは疑いの余地がない。しかし,こんなに簡単に撤退検討が始まるとは思わなかった。

新聞に書かれていないように思う,自分なりのポイントを記す。

ソフト再生がそんなにメインか?
 全体の利用割合を把握しているわけではないが,SD規格のDVDを考えると,再生専用機が主流であるとはとても思えない。少なくとも日本ではDVDもレコーダーが売れ出してようやく普及したという感じになったのではなかったか。HD規格についても,年末商戦で話題になったのはレコーダーであって,再生専用機が売れたという話は聞かないように思うのだが。レコーダーについていえば,そもそも初代機が出ただけで,発売すらしていないとも言えるのでは。アメリカでプレーヤーがどんどん売れると思ったのだろうか?

メーカーとしての責任?
 「すでに買った客へ責任は」という見出しには違和感を覚えた。プレーヤーが何台売れたのか知らないが,とりあえずすぐに困ることはない。もちろんDVDプレーヤーとしては高性能機として使えるはず。購入済みのソフトを主体にして考えるとすれば,次の機種でHD-DVD再生がサポートされるかどうかが問題かもしれない。そもそも「撤退」とはどういう意味なのだろう。DVDをやめるはずはないから,BlueRayを出すという意味か?

問題の根はコピー制限にあるのでは
 映像ソフトとしてそれなりに普及したのはレーザーディスクが最初だろう。これがDVDに入れ替わる時には,問題視するような報道はなかったと思う。プレーヤーがなくなるのは仕方がないが,どうしても将来見たくなりそうなディスクは,新しいメディアにコピーしておけば済んだから,元のままのクォリティでは視聴できないけれど,ユーザーも文句は言わなかった。ところが,DVDになってからはコピープロテクトの問題がある。もし次期機種ではHD DVDの再生はサポートしないというなら,HD DVDからBlueRayへのコピーを最低1回は認めてもいいのではないかと思う。店頭なりでサービスを行い,コピーの済んだディスクは回収すれば何も問題ないのではないだろうか。とくに高価な初代機のレコーダーを買ってくれた人は,かなり大事なユーザーなのではないかと思うのだが。
 もっともそれよりも素朴な疑問は,なぜ光ディスクメディアからHDDへのムーブが認められないのかということだ。わが家のレコーダーの説明書を見ると,光ディスクメディアでも「消去」という機能はある。消去ができるのなら,そのメディアが再利用できなくてもかまわないから,HDDにムーブできるようにしておけば,メディアが変わろうがどうしようがあまり問題はないと思う。もちろん個人利用におけるコピーを制限するのがおかしいのだが。

放送のレコーダーとして見たHD-DVDとBlueRay
 このブログにも書いたように,わが家ではBlueRayレコーダーを購入した。なぜBlueRayかは単純で,1層ディスクで2時間のBSハイビジョン放送をそのまま録画できるからだ。1層ディスクの容量は現在25GBとされているが,フォーマット後の表示を見ると22315MB,NHKのBSハイビジョンは転送レートが23Mbpsくらいなので,129分の録画ができる。HD-DVDの15GBを額面どおりとしても87分ほどしか録画できない。WOWOWでも93分がやっと,たいていの映画は無理だ。地上波デジタルなら転送レートが低いので132分ほどになるが・・・。規格を決めるときにメディアの容量に合わせて作成できるソフトのことばかり考えて,放送との整合性を考えなかったとしか思えない。

東芝はソフトに向かないメーカーなのだろうか。新聞には出ていなかったが,ビデオテープの時も最初はベータ陣営で,これをやめてVHSに移行したはず。コンパクト・カセット,CDその他経験豊富なソニーと競争するのは最初から無理だったか。その点パナソニックは今回もそつなく立ち回っているなあ。ソニーはベータで負けた負けたと言われているが,これは放送録画機やレンタルソフトとしての話であって,業務用機器ではベータカムなどに発展させてずっと使用に耐える規格であったのだし,映画会社などへの他力本願であったHD-DVDとは全然違うように思われる。

Vaio TZとWindows Vistaその後

Recent topics of my Vaio TZ and Windows Vista
2008/02/15

導入当初は,ネットワーク接続などで苦労したVaio TZとWindows Vistaであるが,最近はだいぶ落ち着いてきた。ネットワークについては,まだよくわからない部分も残っているのだが,基本的に移動を伴う可能性のある時にはスリープする前にネットワークを必ず切断するようにしている。復帰後,ネットワーク接続操作をすれば,ほぼ確実につながってくれている。

Vistaの使い方としては,Microsoftの推奨通りに,いちいちシャットダウンすることはせず,スリープのみを使っている。といっても,OS,アプリケーションやウィルス対策ソフトなどが自動更新された時には再起動が要求されるので,最長でも一週間くらいだろうか。再起動せずに使い続けていると,動きの重くなる時もあり,そのときにはまずログオフしてから再度ログオンしてみる。これで問題が解消することもある。

最近導入したものとして,トランセンドのExpress Card/34スロット用のフラッシュメモリ「ExpressCard/34 SSD」がある。32GBまであるようなのだが,実際にはどうもあまり売られていないようだ。TZのSSDは64GBなので,16GB足せば一応前のVaio TXと同じ80GBにはなるはず。ただし,OSも大きくなっているし,写真ファイルなどもどんどん増えるので本当はもっと容量が欲しいところ。

とはいえ,ほとんど出っ張りなく記憶容量が増やせるのは良い。スロットに挿入するだけで認識は問題なく,スリープおよび復帰も大丈夫なようだ。ただ,Windowsが異常終了した旨のメッセージが出たことがあるのと,ハードウェアに起因するらしいブルーバック・エラーも見かけたので,完全に大丈夫かどうかは確信が持てない。Vaioには他にメモリースティックのスロットもあるので,こちらも併用しようかと考えている。こっちはソニー同士だから確実?

現在の状況は以下の通り。
・内蔵Solid State Drive 51.8GB (15.6GB空き) 
 2007年~現在の作業データファイル,1995年頃からの電子メール,個人データベースと2008年の写真ファイル
・ExpressCard/34 SSD 15.1GB(1.16GB空き)
 2005~2006年のデータファイルと2007年の写真ファイル

ExpressCard32GBがあれば2001年頃からのデータファイルと写真ファイルが大体入るはず。今年中には普及することを願おう。

九州大学 芸術工学専攻・環境系 修士論文発表会

Presentations of Master's degree thesis of Environmental Design course, Graduate School of Design, Kyushu University
2008/02/04

S080204161658 S080204163339
GR Digital2 (ISO Auto800)

修士論文発表会が開催された。九州大学 大学院芸術工学府は1専攻から2専攻に変わったばかり。私の所属する環境計画部門の教員は,両方の専攻の専攻担当の方が混じっているので,ふだん一緒に活動している研究室でも発表会は別々であったりするため,ちょっと不思議な気もする。

このため,数年前より発表数は減っており,今年は28名が発表を行った。それでも一人あたり15分で丸一日かかることになる。

私の場合は,専攻の改組で審査担当が少し減り,今年は自分が幹事(つまり大井研の学生)以外の審査は1編だけだった。特別養護老人ホームのホームシェアリングを利用している方の実態調査。少人数を対象に,詳細な観察と周囲のヒアリングが行われていて,大変そうな調査。対象となった施設のデータには「監修:外山義」とあり,しばし外山先生を思い出したりした。

修士論文にありがちではあるが,分析が物足りなく,結論が調査の知見とうまく結びついていないように見えるのが残念。

初めて発表風景をGR Digital2で撮影。感度設定をISO Auto-Hi(上限設定は800)としたほかはすべてAuto。GR初代だとだいたいマイナス補正をしていたが,ほとんど不要なようだ。ホワイトバランスもおおむね良好。

車検 Subaru B4 3.0R spec B初回

Official automobile inspection: the first time for my Subaru B4 3.0R spec B
2008/02/08

現在のB4に乗り始めてはや3年となり,初回の車検が巡ってきた。走行距離は25,542km。つくばにいたころに比べれば1/3くらいのペースか。

半年ごとに同じ工場で整備を受けているから特別な整備はなし。点検・調整と車載コンピュータ診断のほか,交換されたものは以下。

ブレーキフルード
エンジンオイル(ドレーンプラグ・ガスケット)
エアクリーナ・エレメント
エアコンフィルター
ラバーアセンブリ(ワイパー)

タイヤの溝はスタッドレスなのであまり意味がないがF9.0mm,R8.8mmとか。
ブレーキパッドはF8.0mm(新品時12mm),R6.8mm(新品時9mm)。街中の信号で止まる分にはハードブレーキはしないので減りは少ない。

整備費用が約35,000円,車検代行10,000円,重量税・自賠責保険・印紙代等が約70,000円。主要部品に関する延長保証というのがあり,これに加入して10,500円。総計13万円弱であった。

自転車の乗り方教則改正と社会のルール

The revision of the official riding manual for bicycle and social rules
2008/02/05

今春,正しい自転車の乗り方を定めた教則が30年ぶりに改正されるそうだ。傘差し運転は危険(昔からだめのような),携帯電話やヘッドホンはダメ・・・(あたりまえだと思うが)。今ごろまで放置されていたのが信じがたい感じだ。

ところが新聞で「自転車利用者の声 どこに」というコラムが出てびっくり。自分の身内の例をひいて,一方的な規制には問題があるというのだが,社会のルールに関する認識があまりに低いのではないか。

いわく子育て中の姉が自転車に子ども2人を乗せることがあり「そうしないと幼稚園に行けなかった」,これは日本語が間違っている。「行けなかった」のではなく「行くのが不便だった」だろう。歩いて行けないような幼稚園に行かなくても良いのだし,バスを走らせている幼稚園もたくさんあるだろうに。まあ少し時間をかければ歩けた可能性も高いとおもうが。

兄は兄で「雨がっぱを着ると,傘を差す場合よりも視界が悪いときもある」,視界が悪いと思うなら乗るべきではない。

この記者が臨機応変に記事の作成ルールを変えないことを祈るばかりだ。

そもそも社会のルールは決めておくことに意味があるのだと思う。トラックから自転車にいたるまで「車両の運転時は,基本的にそれに集中すべし」というのがコンセプトであって,自転車だから少し変えよう,などというものではないはずだ。自転車に乗るときは両手でハンドルを持っていることを前提にブレーキの操作系もつくられているのだし,周囲の他者はそれを前提に動いて交通が成り立つのだ。「譲り合い」とか「思いやり」はプラスアルファなのであって,まずは「各自がそれぞれの能力をフルに使う」ことが前提のはずだ。「各自の能力を」だから子どもでも高齢者でも守ることが可能になる。逆に,元気な若者が高齢者程度の能力を発揮できてもフルに使っていなければ許されない。

個人的にひとつだけ標語をつくるとすれば

「運転に集中しよう」

これしかない。酒気帯び運転が良くないのは,本来その人が持っている能力を落として運転するからであって,結果としてその時点での能力がじゅうぶんかどうかは関係がない。単純なことだ。

社会のルールはシンプルでなくては。

1/20建築模型による空間体験 環境設計デザイン基礎演習

Spacial experience with 1/20 scale models of architectures: Basic environmental design seminar
2008/02/03

毎年恒例の大きな模型を中心とするプレゼンテーションを行う,名物演習?である。
最終プレゼンテーションは,模型に加え,2画面の映像を併用する。自分たちで起こしたCAD図面,コンピューターグラフィックスで制作したパース,その他のプレゼン資料をまとめたパワーポイントを表示する画像と模型内部を超小型CCDカメラで写した映像を2台のプロジェクターで投影しながらプレゼンテーションを行う。この演習は空間表現実習と環境設計デザイン基礎演習を合わせて行っているものだ。

対象となる建築作品は原則として近現代の住宅。今年は6グループが,それぞれ作りたいものを選んだ結果が以下。今年はなかなかの力作揃い。

縁側の家(手塚貴晴・由比)

S080203135223 S080203135321
Ricoh GR Digital 2 + Wide conversion lens (以下,同じ)

 建物としては非常に単純な形。平面形は細長く,中庭に向いた,ちょっと幅の広い縁側のようなところだけで住空間を構成したもの。ほぼ全面開放可能な引き戸や細かな家具のディテールにまで気を配って制作してくれた。
 空間という意味では,屋根(天井)をきちんとつけた状態でのプレゼンテーションがもっと見たかったかも。

夏の家(アスプルンド)

S080203143234 S080203143704

S080203144651_2 右のスクリーンがCG

 スウェーデンの夏の家。伝統的な農家にも着想を得たという家。日本で考える夏の別荘とはずいぶん様子が違うのは緯度と気候の違いによる。フィヨルドの眺めもCGで再現され,なかなかの力作。模型写真も秀逸。

ギラルディ邸(バラガン)

S080203151624 S080203152448_2

 うって変わって強い日差しの下で生きるバラガンの住宅。黄色い光に包まれた廊下から青いプールへと続くシーンは大変印象的。廊下をCCDカメラで進む映像が絶対おすすめ。写真1枚目の左側がCCDカメラの映像(カメラが傾いているが),2枚目の写真は模型。

エシェリック邸(カーン)

S080203154223 S080203161541

 芸工大キャンパス(現大橋キャンパス)に惹かれて入学したという学生が選んだ作品。それも,いいなと思った後で香山先生の師匠,ルイス・カーンの作品だと気がついたというのだから,なかなか鋭い。非常にシンプルな構成ながら,豊かさを感じさせるのが空間構成の妙。

焼き杉ハウス(藤森照信)

S080203163753 S080203164807

 藤森さんお気に入りという焼き杉を,実際に焼いて外壁に貼り付けた模型。模型でもセルフビルトの楽しさを味わえたそう。この家のメインである洞窟の他はふつうの部屋がただ並んでいるという雰囲気が模型だとよくわかる。

クンストハウス(フンデルトヴァッサー)

S080203171231 S080203172311

 これは住宅ではないが,このグループはどうしてもこれが作りたかったのだそう。床も外壁もタイルを1枚ずつ貼った力作(貼り終わらなかったのはご愛敬)。空間という意味では玄関部分を抜けた中庭が見たかったような気もするが,1/20だと大きすぎるかも。1/50くらいのものも作って両方見せれば良かったのに。次の写真は2004年7月に撮影したもの。あの外壁が半分緑で見えないくらいのイメージはフンデルトヴァッサーのコンセプトとなかなか合うと思ったのだが。

S040709120553
Olympus E-1+Zuiko Digital 11-22mm

AO入試

Admission Office entrance exam
2008/02/02

九州大学芸術工学部では,今年からAO入試が始まった。原型は映画などにも出てくるアメリカのものだろうと思うが,大学そのものの構成が異なるため,日本におけるAO入試はいろいろなパターンがあるようだ。

私なりの理解としては,受験生が志望学科の専門性と自分の希望する研究内容をふまえて,志望理由を表明し,大学側が基礎学力も含む適性を面接や高校の成績(標準テストなども)で評価し,アドミッション・オフィスでの合議によって合否を決めるというものだろうと思う。以下,公表資料を見ての私の個人的な見解である。

環境設計学科で実施されたものでは,まず一次選抜として高校の調査書(成績等)と志望理由書によってチェックが行われる。高校の成績は,高校間のレベル差が非常に大きいので,これだけで評価するのはほとんど不可能だろう。一方,志望理由書は,学科で提供している教育内容と本人の希望にミスマッチがないかどうかを一応チェックすることができるはずだ。いずれにしても,二次選抜が困難なほど多数の志願者がいるようなうれしい事態にならない限り,これもあまり選抜条件にはならないかもしれない。

2月2日に行われた2次選抜は,さらに詳細に適性をチェックしようとするもの。まず環境設計に関係する「資料の提示」(模擬授業のようなもの)が行われ,面接で内容をきちんと理解できたかどうかをチェックし,続いて実技試験も行われて適性が総合的に評価される。基礎学力の方は,日本には高校の達成度を評価するような標準テストがなく,卒業条件も非常に甘いので,大学入試センター試験の成績を用いることになっている。使い方としては,入学試験というよりも高校での達成度チェックなので本来なら基準となる点数に到達しているかどうかが問題なのだろうが,入試というスタイルで行われている関係上,志願者内での相対評価にならざるを得ず,優秀な志願者が来てくれることを祈るしかないというところか。

合否の決定は,面接等の適性チェックに関わった方が全員で議論するのも無理そうだが,最終的にはどうやって決まるのだろう。

入試を変えたから学生の質が大きく変わるとは思えないが,どんな感じの学生が入ってくるのか楽しみではある。

電球の寿命

The life of a light bulb
2008/01/31

わが家のお風呂についている電球が切れた。照明は2灯あり,それぞれに60Wの白熱電球が入っている。そのうちのひとつが切れたのだ。

最近の世の流れでは,電球は蛍光灯やLEDに置き換わることになっているようだ。だが,ふと考えてみると,ここの電球を換えるのは初めてだ。ここに住み始めてちょうど10年弱なので,これを蛍光灯に置き換えるのはあまり意味がなさそうだ。

そういえば,蛍光灯照明器具の寿命は10年くらいと器具メーカーは言っていたように思うが,蛍光灯の寿命は電球の約10倍のはずだから,この場所だとランプの寿命は100年くらいということになる。ランプの方は100年でもOKなのだろうか?

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30