twitter

無料ブログはココログ

« 教育におけるインプット | トップページ | ブルーレイ・レコーダー:パナソニックDMR-BW800の編集機能 »

ブルーレイ・レコーダー:パナソニックDMR-BW800へのiLinkムーブ

"iLink" move to a Blueray Recorder: Panasonic DMR-BW800
2008/01/08

年末に注文した待望のブルーレイ・レコーダーが納品された。とりあえず2日間ハンドリングした印象を記す。

まず設置。オーディオ機器と違い,5.1kgしかないので設置は楽。薄型のデザインが美しい。昔から薄型のAV機器は好みである。接続は基本的にこれまで使っていたシャープのレコーダーと同じ(あたりまえ)なので問題ない。松下はHDMI端子に力を入れているそうだが,HDMI端子のある機器が他にないので使えない。映像出力は愛用のプロジェクター,パナソニックTH-AE500にD端子から,音声出力は光デジタル接続でヤマハのアンプにつなぐ。

さて,ここで問題。放送を受信して映像は映ったが音が出ない。試しにCDをかけてみるとちゃんと鳴る。ということは設定の問題だと見当をつけ,説明書をチェック。デジタルになってとにかく音声モードが増えた。PCM,ドルビーデジタル,DTS,AACに加え,いわゆるHD Audio系もある。それぞれにPCM変換して出力するか,Bit Streamのまま出力するか設定することができるわけだ。わが家のアンプはだいぶ前のものでデジタル放送のAACにも対応していないが,今やAACは標準だから初期状態ではBit Streamになっている。これをPCMに変更して,無事に音が出た。(AAC対応のアンプがほしい・・・)

まずは予約録画を試す。ちょうどNHK BS hiでウィーンフィルのニューイヤーコンサートが放送される直前だったので,これを予約。3時間もあるので,その間に説明書を読む。

次にブルーレイにムーブすべくシャープのレコーダーにたまっていた録画データをiLink経由でムーブすることを試す。「1回のみコピー」というひどい仕組みがあるので,大事なデータで試すわけにはいかないから,放送を10秒ほど録画して,これをムーブしてみる。iLinkそのものはすんなりつながって,機種名も「松下DMR-BW800」と表示される。さてダビングモードに入ろうとするとエラー。ここでわかったのはシャープのレコーダーで「いずれかのアンテナ線をつながないとダビングモードに入れない」ということだった。なんのための仕様だろう?ムーブそのものは問題なし。慣れない方のために念のため書くと,この場合操作はすべてマスター側(シャープ→パナソニックならシャープ側)で行う。

さて一夜明けて,別のレコーダー(シャープHRD-D20)から同じようにムーブしようとして問題発生。一見接続できているように見えてうまく接続できない。BW800は前面と背面の2カ所iLink端子を持つので両方試すがうまくいかない。端子の切り替え,iLinkケーブルの変更,電源ON/OFFの順番を変えるなどしてもだめ。しかたがないのでD-VHSの接続がうまくいかなかった時のようにHRD-D20をリセットしてみた。するとすんなり接続成功。HRD-D20は相手に限らず,定期的にリセットが必要なのかもしれない。

BW800のHDDにムーブしたところで,チャプターを打つ。シャープのチャプターはムーブしたら消えてしまう。あたりまえかもしれないが。BW800でのチャプターマークは簡単。だいたいの位置でポーズして,スローまたは逆スローと正逆コマ送りで追い込み,チャプターマークボタンを押すだけ。不要部分も編集して削除しようとするとけっこう時間がかかるので,チャプターマークだけですませるのが早くかつ安全そうである。このチャプターはBD-R等にコピーしても当然使うことができるし,頭出しは非常に高速である。

最後にブルーレイ・ディスクへのムーブ。機械と一緒に注文しておいたのは少し値段のこなれてきた25GB(一層)のBD-R。TDKのBDV-R25X10S(10枚組)である。包装にはBSデジタル130分,地上デジタル180分とある。デジタル放送では,放送の転送レートによって録画可能時間が変わるためだ。

BW800ではダビングモードに入ると録画時間だけでなく容量が表示される。これまでのところ各チャンネルの転送レートと録画可能時間は具体的に以下のようになった。

TDK BDV-R25のフォーマット時容量 22315MB

NHK BS hi : 約23.0Mbps 129分
NHK G or E: 約15.0Mbps 198分
WOWOW (HV): 約21.3Mbps 140分
BSフジ  : 約20.1Mbps 148分

50GBの2層ディスクはまだ高価だから,これを超えるものは圧縮モード(AVCREC)も試すことにしよう。

いずれにしても,良くできた機械でこれまでのところ非常に満足。数少ない不満?は,シャープで重宝していた「番組情報」ボタンがない(機能があるかどうかは不明)こととスマートな本体に比して,まったくしゃれっ気のないリモコンのデザインか。

« 教育におけるインプット | トップページ | ブルーレイ・レコーダー:パナソニックDMR-BW800の編集機能 »

AudioVisual」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーレイ・レコーダー:パナソニックDMR-BW800へのiLinkムーブ:

« 教育におけるインプット | トップページ | ブルーレイ・レコーダー:パナソニックDMR-BW800の編集機能 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30