twitter

無料ブログはココログ

« ソフトバンク816SH使用感(1) | トップページ | 日記を書いてみよう »

自宅電話機の買い換え

Renewal of home telephone
2007年12月2日

携帯電話とは関係ありませんが,自宅の電話機を買い換えました。パナソニックのVE-GP31DLという留守番機能付きのコードレス電話機。

S071202144033
Olympus E-410 ZD14-42mm/F3.5-5.6

これまで使っていたのは,ソニーSPP-F370というものでした。正確な記録はありませんが,購入は1994年頃のようです。コードレスの子機付きですが,留守録はマイクロカセット・テープを使うタイプ。

どこも壊れてはいないのですが,子機の充電池が弱ってきました。そこで,バッテリーを買おうと型番を見て検索すると,まずソニーのサイトでは生産終了。まあ,珍しいことではなく,バッテリーメーカーが代替品を出しているのが一般的です。検索してみると,やはりELPAというメーカーが出てきます。いくつかのサイトでオンライン販売のページがあるのですが,なんと・・・!どこも品切れ,というよりもこちらも生産終了のようなのです。そんなのありか?別にそのものを作り続けてくれなくてもかまわないけれど,新しいタイプの電池(たいてい小型化されている)を使えるようにして,その方法を周知してほしいですよね。

オフィスと違って,住宅の電話機ではコードレス機能があると設置の自由度が大きくなるという点で大きな意味があるように思います。今さら子機が使えなくてもいい配置に変えるのはかなりむずかしい。仕方がないので,電話機そのものの買い換えを検討することにしました。

最初に考えたのは,コードレス子機もついたFAXに買い換えるかどうかです。現在使っているFAXがどのくらい保つかにもよりますが,コードレスのものと違ってバッテリーがなくなることはなさそうです。問題はインクリボンでしょうか。ただこれは単なるロールに近いものなので,ある程度汎用性はありそうです。

けっきょく,留守番電話の部分のみを買い換えることにしました。家電店でできるだけシンプルなものを探します。候補になったのは,パナソニックとシャープ(JDN51CWW)でした。価格はどちらも1万円前後です。けっきょく子機の形(手に持った感じ)でパナソニックに決めました。実はパナソニックはすでに後継機(GP32)が出ており,主な違いは子機の充電が接触式から非接触式に変わったこと。シャープもそうですが,非接触式のものは充電台に対して向きを選ばないことを強調するためか,みな子機の形が直線的になっています。これまで13年間接触式で問題はなかったのですから,ここは感触を優先。

電話機としてはこれまでの電話機からモジュラーケーブルを差し替えて終わり。発信音を確認(そういえば,電話機ってAC電源なしでも使えることを今の若い人は知っているのかな?)。それから電源を接続して,日時設定。子機の方も充電開始。実家からFAXを送ってもらい,留守電状態でうまく切り替わることを確認して,無事に完了となりました。

« ソフトバンク816SH使用感(1) | トップページ | 日記を書いてみよう »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅電話機の買い換え:

« ソフトバンク816SH使用感(1) | トップページ | 日記を書いてみよう »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30