twitter

無料ブログはココログ

« ソフトバンク ハイスピード3Gエリア | トップページ | 自宅電話機の買い換え »

ソフトバンク816SH使用感(1)

An user's impression on Softbank 816SH
2007年12月2日

816SHを使い始めて約1ヶ月が経過しました。機種選定の経緯と初期印象を記しましょう。

071110115454

まず(その時点では)国際ローミング(3G and GSM)の可能な端末はソフトバンクに多そうだったので,良さそうな端末があるかどうかカタログを眺め始めました。10月のカタログでは,ワンセグ機はすべて国内専用でしたが,ワンセグには興味がないので,問題なし。東芝の新機種(815T,814T)はなぜか国内専用なのでまず対象外。シャープ,パナソニック,サムスンが選択肢。

できれば通信速度が速い方が良いと考えると,3Gハイスピード対応機種に目がいきます。これでシャープとサムスンのみが残ることに。いずれも比較的薄型で重量は問題なし。タイプとしては折りたたみ型かスライド型かということになります。いずれも防水はなし。外観的にも一番好みのつや消しのような金属外装のものはない(814Tは国内専用のためすでに対象外)。815SH/814SHのVGA液晶はちょっと魅力的だが,携帯電話としてはQVGAでもじゅうぶんと言えばじゅうぶん。むしろカメラが気になるのですが,画素数は目立つように書かれているのになぜかAFについてはあまり記載がない。スペック表を見てようやく815SHはAFでないことがわかりました。

実は,天神地下街でソフトバンクショップをのぞいてカタログをもらった時に,気になったのが816SHでした。93グラムという重量も魅力的。

ここまで絞り込まれると,あとはネット情報などの評判が気になります。主観的な印象は,個人差が大きいので,どのような人が書いたかがわからないとあまり役に立たないから。その意味では個人のブログ情報は役に立ちます。Vodafoneが海外でも同型機を販売予定らしいという情報や比較的携帯端末にくわしそうな方,数名のインプレッションを読んで,動作が比較的速いらしいこと,安定性も問題なさそうなことを確認します。

スライド型ということもあり,画面デザインは重要です。シャープにはカスタモというサイトがあり,さまざまなデザインが販売されているようです。この中から好みのものを見つけられるかな?

さて,初期の印象は以下の通り
・小さい(実寸もやや小さいが,より小さく感じる)
・スライド式はデスクに置いた時のおさまりがいい。
・片手でスライドさせるには指かかりがほしい
「スライドで傷が付く」というコメントを見掛けたが,これはスライド時に力を入れすぎなのか,個体差があるのだろう。キズが付く気配はなし。
・キーは小さいが,タッチは良く,慣れると打ちやすい
「筐体が弱く,キーを押すとぎしぎしする」というコメントを見掛けたが,力を入れすぎなのか,他機種とのキータッチの違いをそう感じているかどちらかだろう。こんなに小さいのにキーストロークがあるので,シートキーに慣れた人だとそう感じるかもしれない。
・CLEAR/BACKキーについて 問題なし
「小さすぎて,下向きの方向キーと押し違えやすい」というコメントも見掛けたが,慣れれば問題ない。写真でも良く見るとわかるのだが,方向キーは周囲のキーより微妙に高くなっている。また中央の決定キーの周りがくぼんでいるので,指先の感触でどこを押しているか非常にわかりやすいと思う。
・キーのバックライトは10キー側は紫色できれい。液晶側は青で改善の余地あり。同じような紫にしてくれればよかったのに。
・Y!キーについて ちょっと不満
Yahooケータイをポータルに使う人には良いのかもしれないが,メインメニューのYahoo!ケータイと同じ機能にしてほしかった。少なくとも設定変更したいけれど,少し説明書を見たくらいではわからない(記述の仕方からできないのではないかと思う)。ブックマークから接続するケースの方が多いように思うがそうでもないのかな。スライド・オープン時にはショートカットがあるから問題ないが。
・画面のデザイン カスタモ必須
 基本デザインはシャープなのかSoftbankなのかわからないが,アイコンがいかにも漫画チックでおしゃれでない。縁取りが太く,色数が少なく,まるで解像度が低く8色しか使えなかったころのPCのよう。カタログなどの写真で待ち受け画面に時刻も表示していないのはこのためであったか!Macintoshと比べた時のWindowsのアイコン(それも初期の頃の)と同じような感じ。これはauのW31Tの方が良い。そこでさっそくカスタモへ。ハイスピード3Gのテストも兼ねてダウンロード。無料期間ならでは。ソフトバンクショップでも着メロなどは無料期間のうちにダウンロードするよう薦めていた。たしかに初期設定にいろいろダウンロードするケースを考えれば,無料期間があるのは良心的とも言える。
 ダウンロードしたのは,Typographyというシックな感じのものとペンギン。ペンギン(他にイヌやネコもある)の方が200円高く500円なのだが,これは画面やアイコンの数が異なるためだ。300円の方は待ち受け画面+アルファの変化なのに対して,500円の方はかなりいろいろな画面やアイコンが入れ替わる。けっきょく現在までずっとペンギン。端末自体が黒で再度にシルバーの縁だからペンギンが合っている。
 それにしても,最初からもう少しましなデザインができないものか?ハードウェアの制約でないことは明らかなのに。
・使用エリアと電波の強度
 あまりいろいろなところに行っていないのでなんとも言えないが,福岡と東京では問題なし(あたりまえ?)。建物内での強度については,さすがにauが上だが,無線機と考えるとこんなところまで電波が入るんなら,もっと弱い電波でもいいのでは?と考えてしまう。現在住んでいるマンションは中央にエレベーターがあるコア型(外側はすべて住戸に囲まれている)なのだが,W31Tの時はエレベーターに乗っていても電波は弱くなるが圏外にはならない。エレベーターホール(これも外壁には面していない)では普通に使える。これがSoftbank3Gではエレベーターホールでの使用は厳しく,エレベーター内では圏外となる。
 ちなみに,西新にある九州大学西新プラザのホール内では,ドアがすべて閉まっているとかなり電波が弱かった。アクロスの国際会議場や会議室では問題なかった。

とりあえず,気に入って使っています。Docomoが11月から突然国際ローミングに力を入れ始めたのが気になるけど・・・

« ソフトバンク ハイスピード3Gエリア | トップページ | 自宅電話機の買い換え »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク816SH使用感(1):

« ソフトバンク ハイスピード3Gエリア | トップページ | 自宅電話機の買い換え »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30