twitter

無料ブログはココログ

« Norton Internet Securityの強制アップグレード? | トップページ | 小さなコンピューターAdvanced [es] W-ZERO3 (2) »

小さなコンピューターAdvanced [es] W-ZERO3 (1)

Tiny computer: Advanced [es] W-ZERO3 Part1
2007年8月27日

小さな小さなコンピューターを買いました。

S070906124436 GR Digital (ISO 200)

人によってはケータイ(PHSですが)と呼ぶかもしれないし,PDA(Personal Digital Assistant)とか,いろいろ呼び方はありそうです。

手帳とメモ帳については,2005年12月に書いているのですが,これは今でも同じものを使っています。

このときに,スケジュール帳について「2年分を使うのは,大学というところが基本的に年単位で動いているために,1年前の今頃のスケジュールが見られると便利なためです。」と書いたのですが,ちょっと事情が変わってきました。

大学や学会での事務量が増えるにつれ,どんどん早めに予定を決める必要が増え,前期のうちに年度末までの日程調整をすることが多くなってきたのです。これまでは,来年の予定は12月の終わったあとの余白ページに書き込んですませていたのですが,項目が多くなってくると,どの日が空いているのかがわからなくなってしまいました。これはまずい。

7月頃に,同じタイプの来年用を用意したのですが,3冊はさむわけにはいかないので,1冊はむき出し・・・。やはりある程度電子化しないと無理みたい。特に過去のスケジュールについては,電子化すると検索できたりして便利なんですね。

-----------------------------------------------------------------
最初にスケジュール帳を電子化したのは,ずいぶん前の「シャープ電子手帳PA-7000」だったと記憶しています。まだザウルスという名前になる前ですね。ちょうど電子手帳のノウハウ本で興味を惹かれて買った物。ICカードを入れ替えて,辞書や関数電卓になるという優れものでした。その後,薄型のPA-6000をアドレスとメモに使ってふつうのスケジュール帳と組み合わせたこともありましたが,基本的には電子手帳(とポストイット)ですべてすませていました。To Doリストやメモなども含めて一番良く使ったのはザウルスアイゲッティMI-P2あたりでしょうか。液晶保護用のフタが合成皮革っぽい感じで,外観が気に入っていたのが大きいですね。それから重さ。どうもぼくにとってこの類のものは200グラムを超えるとだめみたい。

ザウルスはLinuxになって多機能化し,重くなってしまったので興味が薄れ,ソニーのCLIEや東芝のPocket PCも試したもののうまくいかずに紙ペースに戻っていったのです。このころ連絡手段として電子メールの比率が高くなり,アドレス帳を日常的に検索する必要がなくなったこともありました。

多分,今の学生さんなどからすると,不思議だろうと思うのは,携帯電話の話が出てこないことでしょう。一応,1年半前から使ってはいるのですが,アドレス帳はともかく,スケジュールは私の用途では無理のようです。記憶できる件数が少なすぎて,過去のスケジュールを残しておけないから。PCとリンクすれば・・・と思ったのですが,携帯電話のスケジュールを削除すると,PC側も消えてしまうので,うまくいきません。

容量が大きくて,小型軽量のPDAはないのかなあ。

« Norton Internet Securityの強制アップグレード? | トップページ | 小さなコンピューターAdvanced [es] W-ZERO3 (2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなコンピューターAdvanced [es] W-ZERO3 (1):

« Norton Internet Securityの強制アップグレード? | トップページ | 小さなコンピューターAdvanced [es] W-ZERO3 (2) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30