twitter

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

ポータブル録音再生機材 オリンパスV-50

Portable audio recorders/players: Olympus V-50
2006年12月31日

S061228122712_1 建築雑誌のインタビューを自分で録音する機会があったので,ひさしぶりに録音機への興味がわいてきました。写真左がインタビュー録音に使用したMDレコーダーのソニーMZ-B100です。写真右はその後考えて購入したICレコーダー オリンパスVoice Trek V-50です。

MZ-B100はフラット・マイク(液晶の両側に見える)を内蔵していて,机の上に置いて周囲の会話をきれいに録音できるというものです。普通のMDでSPモードとLP2/LP4モードが使え,LP2モードでも会話の記録ならじゅうぶんな音質で,2時間以上の録音ができます。電源は単三乾電池1本。もともと講義や会議の録音に使うつもりで購入したのですが,あまり活用していませんでした。

写真の場合には,リコーGR1を常時携帯するようになってから,本格的に活用するようになったように思います。それが今はコンパクト・デジタルカメラに変わっているわけです。録音再生機は携帯していないので,どうしても録音したい時は,デジカメの動画モードを使うことになりますが,さすがに大した音には録れません。インタビューの録音を聞き直すと,携帯して使える録音機が欲しくなってきました。

MDレコーダーはもはや数が少ないものの,ソニーMZ-RH1という魅力的な機械があります。Hi-MD規格となり,本格的な録音からメモ録音,音楽プレーヤー,PCデータのバックアップまで1台でできる。ただマイクは外付けだけですし,常時携帯できるか?という問題はあります。

ICレコーダーは多種多様。ただし中身がよくわかっていないので,いろいろ調べるところから始めました。最初に調べたのが,どこかの雑誌で麻倉怜士氏がほめていたソニーのICD-MX50。実はソニーのデジタル録音だから,てっきりATRAC3系のフォーマットだと思いこんでいたのです。仕様表には何も書かれていないので,いろいろ調べてみると,ソニーのICレコーダーはLPECという独自規格を使っていることがわかりました。ということはATRACのデータは再生できない?逆にウォークマン系のものはMDまでと違い,録音可能なタイプが存在しない。

次に目を付けたのが,高音質録音を謳って新発売となるところだったオリンパスDS-50です。室内楽のデモ音声もまずまず。こちらはWMAというフォーマット。個人的な印象では,ATRAC3>WMA>MP3の順に良いと感じました。慣れもあるかもしれませんが。ちなみに近所のデオデオの音楽プレーヤー担当も同じことを言っていましたので,私だけではないようです。DS-50は音質は良さそうだし,マイクもかっこいい。問題は自分が常時携帯できるかどうか?ということです。すでに携帯電話とデジタルカメラをベルトから提げていますので,あとはポケットに入れるか首から提げるか・・・。DS-50は80グラムあるので,携帯電話に近い重さです。

もっと軽量でDS-50に近いもの,という見方で探してみると,まずオリンパスのV-50が目に付きました。重さが46グラム,付属のストラップで首から提げた写真も出ていてバランスは良さそうです。DS-50の最高音質モードはないけれど,WMAで15kHzまでのモードはある。PCへもケーブル不要で直接接続できる。もうひとつ比較したのはビクターalneo XA-C109です。レコーダーではなくミュージック・プレーヤーとして売られていますが,内蔵マイクでもステレオ録音可能ですが,マイク外付けはできない。魅力的なのは,ビクターの誇るK2 technologyによるCC converter。

今回は録音がしたくて検討を始めたこともあり,結局オリンパスV-50を購入することにしました。内蔵マイク,付属のステレオマイクでいろいろと試しています。むしろ口述モードでメモ録音に使う方が多いかもしれませんが。

常時携帯するなら,音楽プレーヤーとしても使わない手はありません。Vaioには手持ちのCDからATRACで取り込んだファイルがありますが,V-50はATRACファイルは再生できないので,WMAフォーマットで取り込み直す必要があります。V-50にはとくにソフトは付属しておらず,Windows標準のWindows Media Playerを使うように指示されています。WMA 256kbpsまで再生可能ということなので,ひとまずこれを試そうとしたところ,WMPでは192kbpsまでしか指定できない。仕方がないので192kbpsで取り込んでV-50に転送開始・・・すると今度はなぜかファイル変換を始める???転送されたファイルをPCで見てみると,160kbpsになっています。ちょっと探したくらいでは,このあたりの説明は見あたりません。

しばらくやってみてWMPがどうも使いにくいのと,CDの曲名データベースが間違っていたりしていやになったので,Sonic Stageに戻ってみました。Sonic StageもWMAで192kbpsまで取り込みができます。曲名データベースはこちらの方がずっと良い。問題は,V-50を認識してくれないこと。Sonic Stageはソニーのプレーヤー専用のようです。結局,Sonic Stageで取り込んだファイルをWMPのライブラリに加えて,V-50に転送することにしました。このあたり,まだまだ過渡期という印象です。こちらはパソコンおよびデジタルオーディオ黎明期から,ユーザーとしてちょっとずつ知識を蓄えてきているので,なんとかなりますが,いきなり使い始めるのは相当難しいのではないかなあ。

肝心の再生音質ですが,静かな環境でじっくり聴くにはアンプノイズがやや気になりますが,屋外などでは背景騒音の方が大きいので,関係ありません。内蔵のイコライザーはじゅうぶん実用的で,背景騒音に合わせて低音を少し持ち上げ,高音を丸めてボリュームを少し上げれば,よいバランスで音楽を楽しむことができます。イヤフォンはカセットのウォークマン時代に購入したアイワの高級タイプと,オーディオ・テクニカのカナル形のものを使い分けています。

建築雑誌2007年1月号

Journal of Architecture and Building Science 2007-01
2006年12月25日

Jabs0701cover12063さて,ブログを2ヶ月も更新しなかった間,どうしていたのか。そのわけを報告しましょう。

その名も「建築雑誌」という建築系の雑誌があります。一般に販売されているものではなく,日本建築学会の会誌です。この雑誌の編集は,まず編集委員長が決まり,そのあと委員長に指名された編集委員会によって行われています。編集委員の交代は2年に一度。

大井は,2006年1月号~2007年12月号までを担当する委員を務めています。委員長は東京大学の松村先生です。各号の特集は編集委員によって企画が出され,企画が採用されると担当委員となるのですが,なんと来年1月に会員の手元に届く2007年1月号の特集を担当したのです。夏頃に,委員長から来年の企画案を必ず提案するようにと言われ,何の気無しにふだんから興味を持っていた,建築と社会の関係についていろんな人に語ってもらうような企画を出したら採用されてしまい,さあ大変。もちろん雑誌の特集の担当責任者なんて初めてです。

あらためてパソコンのファイルをチェックしてみると,担当が決まって具体案のversion 1が9月5日。編集委員会のチェックを経て,インタビューや執筆の依頼先をほぼ固めたのが10月上旬です。巻頭に建築研究の大先生へのインタビューを4本並べ,そのあとに関係各界の著名な方からの論考が続くというスタイルを考えました。

ちょっと目次を見てみましょう。

初夢--建築への期待

巻頭インタビュー
 大谷幸夫,多田英之,鈴木成文,中村泰人
論文
 宮脇昭(植物生態学),坂村健(情報学),御厨貴(政治学),長谷川徳之輔(不動産学),細野透(編集学)

私からすれば,すごい方々ばかり。よく引き受けていただけたものだと感謝するしかありません。

とくに時間をかけたのは,インタビューとそのとりまとめです。建築と社会なんて,なんでもありですから,特集の主旨を1ページ書いただけでは,意図を伝えることは難しい。でもインタビューなら,いろいろ質問しながら語っていただくことができます。さて,非常に熱心に語っていただいたのはよいのですが,1時間半から,長い方は4時間近くも話をうかがってしまったため,これを大幅に編集して所定のページにおさめなくてはなりません。これは非常に楽しいけれども,つらい作業でもありました。

それでも知識を総動員して,多くの方に先生方のお話のニュアンスを伝えられればと1ヶ月以上にわたり,がんばってみました。

建築雑誌を手にする機会のある方は,ぜひお読みください。ふだんは読まないで捨てるという方も,今回は是非。

「塾を禁止せよ」

"Juku" (supplementary private schools) should be banned.
2006年12月24日

まる2ヶ月ぶりの更新です。この間,何に追われていたかは,別のエントリーに譲るとして,ウォームアップを兼ねて日記風に。

今朝,新聞を見たら「塾を禁止せよ」の文字が眼に飛び込んできました。えっ?いつも,ぼくがいろんなところでぶつぶつと主張していることではないの。発言者はノーベル化学賞受賞者のあの野依先生でした。教育再生会議のメンバーになられたことは報道で知っていましたが,これはびっくり。

教育再生会議の第2分科会「規範意識・家族・地域教育再生分科会」でのご発言。
議事要旨はこちら (22ページからの「放課後子どもプラン」についての協議の中,23ページにあります)

あまり知られていないかもしれないので,ちょっと補足すると,塾(予備校)は教育機関ではなく,サービス産業と位置づけられているので,所管は文部科学省ではなく,経済産業省なんですね。
Wikipedia「学習塾」

教育再生会議では,事務局の報告案に委員の意見が反映されていないと,事務局がたたかれていますが,この議事要旨の25ページでは,事務局がすばらしいことを言っています「入試をやめて、卒業試験にすれば塾はいらなくなるかもしれない。塾禁止が先ではない。」と。これを受けて中嶋委員が,第3分科会ではこれをやろうと思っている,と言っていますので,期待できるのかな?

あとは,委員の方々が霞ヶ関のシステムを理解して,事務局を敵に回さず,実現へのプロセスまで考えられるかどうかですね。諮問会議だからといって,いろいろ言えばあとは事務局がやってくれるはず,というのでは絶対に動きそうにありません。事務局が言いたくても言えないことを,有識者がこう言っていて,政治家もこう言っているから仕方がないですねえ,というような感じにならないと,ね。この場合は経済産業省を納得させられるストーリーを描けるかどうかでしょう。(もちろんおそらく文部科学省系だろう事務局の自然消滅なら,文句は言われないというのは,ある意味もっともです)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30