twitter

無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

リコーGR1でフジNPモードをまねる

Simulating Fujifilm NP mode with Ricoh GR1
2006年2月12日

フジのNATURA BLOGに触発されて,NATURA BLACKを購入して大いに気に入りましたが,露出補正のできるカメラならNPモードをまねることができるはずだと考えました。そこで7年前のメインカメラ,リコーGR1にフジSUPERIA Venus800を入れて,NATURA BLACK+NATURA1600と比較してみました。

s-06020901-FH000022 s-06020912-FH000023
左がNATURAのNPモード,右がGR1の+2EV補正です。良く似た仕上がりになりました。NATURAは24mmF1.9レンズ,GR1は28mmF2.8です。NPモードのプログラム・ラインを見ると,明るい条件(屋外想定?)で+1.5EV,暗めの条件(室内想定?)で+2EV,シャッタースピードは1/45秒までなのでF1.9で1/45秒より暗い条件ではそのまま露出が少なくなっていきます。そこで,GR1では基本的に+2EV補正として,明暗比の少ないシーンのみ+1.5~1EVとしてみました。掲載写真は現像と同時に頼んだフジカラーCDのJPEG画像を縮小したものです。次に明暗比の大きそうな条件で比較してみましょう。

s-06020902-FH000021 s-06020913-FH000022
s-06020905-FH000018 s-06020916-FH000019
どちらもダイナミックレンジの広い,なかなか見事な描写です。もちろんVenus800の方がやや粒子が細かい感じでよりなめらかです。最後に夜景を比べてみましょう。

s-06020910-FH000013 s-06020919-FH000016
この条件ではGR1の圧勝です。スライドフィルムだとマイナス補正したくなるくらいの条件なのですが,ぐっとがまんしてプラス補正のままです。NATURA BLACKは手ぶれ規制でF1.9で1/45秒までしかシャッタースピードが遅くなりませんので,ISO1600のフィルムでも露出不足になっています。ただNATURA BLACKではNPモードでなく,ノーフラッシュのモードを選ぶことでシャッタースピードが1/15秒まで延びるということなので,次にその設定で撮影したものを見てみましょう。

s-06020911-FH000012
NPモードよりはだいぶきれいな描写になりましたが,きちんと露出のかかっているGR1には及びません。ただ,1/15秒だということがわかっているので,注意していればぶれる危険性は少なく手持ちだけで撮ると決まっていれば確実とも言えます。GR1はストラップを併用するとか,何かにカメラを固定することで,より暗い条件でもOKということですね。

この仕上がりを見ると,どうにも疑問がふくらみます。このフィルム(Venus800)はISO800ではなく,ISO200で使用する万能フィルムとして売った方が良かったのでは?ということです。もちろんISOの測定方法があるのでしょうが,「ラチチュードが広いからDXコードはISO200にしています」というくらいは許されないのかしら。ISOがマニュアルセットできるカメラでしばらく試してみたいと思います。

フジNATURA1600のダイナミックレンジ

Dynamic Range of Fujifilm NATURA 1600
2006年2月10日

前エントリーでフジフイルムのNATURA BLOGに触れたところ,NATURA 1600のダイナミックレンジについてメールでコメントをいただいたので,もう一度グラフを良く見てみました。以下は,ぼくなりのフィルム特性に関する感想です。

NATURAブログのグラフはちょっと見にくいですね。たぶんちゃんと読み取った人は少ないのではないでしょうか。ヒストグラムは標準露出値LogE=0に対して-4EV~+3EVまでですね。ネガフィルムの感度の決め方がよくわからなくなってきているのですが,このヒストグラムに対して,横軸の0が標準露出の中心だとすると,フィルムのマイナス側のラチチュードは2EV分しかないように見えます。がんばっても3EVか。それに対してプラス側は有り余るほど余裕があって,8EV分(グラフ上に+5EVと書いてある点)まではリニア,がんばればあと3EV分ある。ということはあと2段分多めに露出すればフィルム上にすべて再現できるということになりそうです(フジの言うNPモードですね)。グラフに書いてある+nEVは,ヒストグラムの最大値が0ですから,標準露出に対してどれだけプラス露出にしてもフィルム上で飛ばないかという意味のようです。

このヒストグラムのシーンなら露出を外さなければデジカメでOK,ただし露出オーバーは禁物ということかな。逆にフィルムの方は標準露出ではアンダー気味でプラス補正が必要と見えます。

できるだけ広範囲に記録するなら,標準露出に対してプラス5~6EVの露出をかけるとプラス側マイナス側が均等になりそうです。そうするとISO50相当?リニアに見える+4EVまでとしてISO100相当。

> とすると、これで一発撮れば殆ど輝度分布が把握できる、ということでしょうか。

照明環境の研究では1960年代からシーンを写真にとってスキャンし,そのデータから輝度を読み取って分析しようという手法があります。当時のフィルムを使用した論文だと,幅広い輝度範囲を記録するには露出を5段階くらいに変えて撮影する必要があるわけです。それがNATURA1600くらいダイナミックレンジが広ければ,一発撮影するだけでいけるのではないか?ということですね。

グラフの例にあがっているヒストグラムを見直してみると,このシーンはおおむね反射光のみのようです。0の部分が標準反射率の18%だとすると,マイナス側は4EV分ありますので,均一に照明されていると仮定して再現可能な一番低い反射率は1%,あるいは標準の部分が100cd/m2とすると6cd/m2,プラス側は3EV分だから反射率100%は再現可能だけれど,光源があっても800cd/m2までしかないシーンということですね。

ラチチュードを12EV分とみれば,たとえば輝度が1~4096cd/m2まで,がんばって14EV分とみれば1~16384cd/m2までOKということになるのかな。もちろん色の問題も考えなくてはいけないのでしょうが。一発でOKかどうかは高輝度部分をどこまで使いたいかによるように思います。

次の問題は,スキャナがどこまで広範囲に読み取ってくれるかということ。設定でどこまでダイナミックレンジを変えられるのでしょうか。スキャンが複数回になるようだと,変化していく光環境の一瞬をとらえたいという要求があれば,それでもよいのでしょうが,そこまで変化しないならブラケット撮影の方が楽かな。

時間があったら,試してみたいネタではありますが,原理を理解してやってくれる学生はめったにいそうもないしねえ(誰か奮起しませんか)。

フジフイルムNATURA BLACK F1.9使用記

Impression report on FUJIFILM NATURA BLACK F1.9
2006年2月2日~2月8日

最近購入して使い始めたフジフイルムのNATURA BLACK F1.9をご紹介しましょう。

s-060202-200355
GR DIGITAL GR LENS 5.9mm(28mm equiv.)
ISO 400 WB Auto ProgramAE

最初に感じたのは,「箱が小さい」ということ。カメラそのものはふつうのコンパクトカメラのサイズですが,デジカメと違って,付属品はストラップと説明書だけ(電池はすでに入っている)なのでデジカメの箱と比べるとずっと小さいのです。いい感じ。ボディはプラスチックですが,けっこうしっかりしています。音もまずまず。以前,フジフイルムのTIARAというコンパクトカメラを使っていたことがありますが,あちらは外側が金属製なのに中身はそうでもなかったらしく,電源を入れるとひどく安っぽい音がしたので心配だったのです。

s-060203-135630
GR DIGITAL GR LENS 5.9mm(28mm equiv.)
ISO 400 WB Auto ProgramAE

裏蓋(そういえばデジカメにはないから死語ですね)を開けたところです。最近のコンパクトカメラとしては特徴的なF1.9という大口径レンズですから,けっこう大きなレンズが見えます。

それでは,テストがてら撮影した写真をお目にかけましょう。使用フィルムはNATURA,NPモード(自動露出)で逆光のものも光源が写っているものも露出補正はなしです。ショッピングセンター内の写真屋さん(スナップス)で現像してフジカラーCDに書き込んでもらったデータを長辺が640ピクセルになるように縮小したものです。

s-06020396-FH000037 s-06020396-FH000037b

最初は,前のエントリーにもある修士論文発表会。蛍光灯のせいで若干グリーンがかっていたので色調を整え,記憶どおりに明るさをやや落としたのが右の写真です。蛍光灯下の色調はデジカメの得意分野のようで,とくにGR DIGITALは自然な発色をしますが,スクリーン上の再現性はフィルムの方が良いかも。

s-06020399-FH000034 s-06020401-FH000033 
s-06020403-FH000031 s-06020404-FH000030
s-06020405-FH000029 s-06020407-FH000027 s-06020408-FH000026
s-06020406-FH000028 s-06020409-FH000025
s-06020411-FH000023 s-06020413-FH000021 
s-06020410-FH000024 s-06020412-FH000022 s-06020419-FH000015
s-06020414-FH000020 s-06020422-FH000012
まずは比較的明るめのシーンばかりです。食卓を撮るにはかなり広角ですが,悪くないですね。デジカメと違って最短距離が40cmなので注意は必要。2枚目の写真は下を向いたらストラップが写り込んでいます。要注意。ほかの写真はダイナミックレンジの広さが生きていますし発色も良好。最後の自動車ディーラーの写真はややざらつき気味。露出オーバーになりすぎるとかえって粗くなるのかもしれません。

s-06020423-FH000011 s-06020424-FH000010
s-06020425-FH000009 s-06020601-FH000006
s-06020603-FH000004 s-06020604-FH000003
s-06020605-FH000002 
オーブンの写真は意外に暗い条件。GR DIGITALでISO400では1/3秒くらいになってしまうものですがしっかり写っています。ガラス越しの景色は1枚目はOKですが向きを変えた2枚目はピントが合っていません。NATURA BLOGにも記述があるのですが,よほどガラスに密着させないとうまくいかないようです。遠景の場合は無限遠モードが安全。飛行機の窓から撮った空はグラデーションはきれいですが,ややざらつき気味。これも露出オーバーかもしれません。食卓の写真は五反田近くの韓国家庭料理の店。4人くらいのテーブルの全体を撮るには24mmはいいですね。このくらいの明るさはNATURAの得意な領域のよう。最後は品川プリンスホテル本館。照明はブラケット,スタンドともコンパクト蛍光灯です。壁のブラケットはかなり輝度が高いのですが,周辺の壁もうまく再現しています。窓からの夜景は色も明るさもOKですが,ピントを外しています。この部分だけは使い手の慣れを要求するようです。

****************以下は,カメラに興味のある方および学生向け****************

最近,コニカミノルタがカメラおよびフィルム関連事業から撤退とか,ニコンがフィルムカメラの新規開発はしないと発表するなど,フィルムメーカー・カメラメーカーの周辺はあまり明るいニュースがありません。その中でいろいろな提案を続けている数少ないメーカーのひとつがフジフイルムです。デジカメ一色の中で,歴史あるメーカーとしてデジカメの足りない部分をきちんと補おうとする姿勢は貴重です。貴重だと考えるなら,買って使わなくては,ということで,昨年はコニカHEXAR RFを購入(中古ですが)し,フィルムはコニカミノルタのCENTURIA SUPER200を使ってきましたが,コニカミノルタはあえなく撤退。フジはデジカメもまあまあ売れていそうだから大丈夫とは思うものの,フィルムもなくなっては困ります。かといって,なんでも買えるほどの財力はありませんので,自分の用途,それも仕事に使えるかどうかを研究してみたところ,かなり可能性があることがわかったので,この機会に購入することにしました。

事前にチェックしたのは,NATURA BLOG。NATURAというのは,フジフイルムの研究成果の粋を集めたISO1600のネガフィルムですが,プリントまでシステム全体で考えてその特性を活かすカメラがNATURA SとNATURA BLACK F1.9ということです。くわしくは興味に応じてNATURA BLOGを見ていただくとして,この中で興味を引かれたポイントがいくつかあります。

・ダイナミックレンジが広い(プラス側は8EVまで?)
・室内の被写体(鉛直面)が露出不足にならないよう考えた露出プログラム
・色温度の低い(電球のような赤っぽい)光の場面がきれいにプリントできるよう考えた露出プログラム

さらにこれをまとめて,以下のような記述がありました。

ISO400のフイルムに-2EVのアンダー露光をすると、適正露光には明らかに及ばない画質となります。こういう言い方もできます。ISO1600フイルムは、-2EVまでの完璧なアンダーラチチュードを持つISO400フイルムだ、と。

これは目から鱗です。一般に,リバーサルフィルム(スライド)は露出オーバーに弱いが,ネガフィルムは露出オーバー気味の方がよいといわれています。このことがきちんと解説されたのを見たのは意外にも初めてだったのです。ユーザーの立場からすれば,フィルムの感度表示を決めるときに,実使用状態のことをあまり考慮せずに決めた,ということになるかもしれません。

学位論文公聴会/修士論文発表会

Public hearings of doctoral theses and presentations of master's theses
2006年1月24日~2月3日

この時期,大学では学位取得のための論文の発表会が相次いで行われます。

s-060124-150445
GR DIGITAL GR LENS 5.9mm(28mm equiv.)
ISO 400 WB Auto ProgramAE

九州大学ではとくに博士号申請論文については「公聴会」という形での公開発表会を一人ずつ行うことになっています。ちなみに東京大学では数が多かったからか先生方が忙しいからか,ずいぶん以前から博士論文でも発表会形式で2日間に一気にやってしまう形です。今年はぼくの研究室で研究を行ってきた論文が3つも一度に出てきました。審査はいずれも片野博先生が中心に行われます。

まず1月24日に,松本輝紀君(2004年3月に博士後期課程を単位取得退学)の公聴会がありました。現在は設計事務所勤務で多忙な毎日を送っていますが,なんとかめげずにここまで到達してくれました。タイトルは「限定空間における対人距離の知覚とその影響要因に関する研究-対人場面を想定した評価実験を通して-」,いわゆるパーソナル・スペースに関連する実験研究です。発表そのものは輝紀スタイルが確立されていて,堂々としたものでした。1月初めの提出時点では論文そのものの完成度が不足気味でしたが,大井研の院生諸君の協力も得て,チェック・修正を行いましたから,たぶんなんとかなったのではないかと思われます。

s-060201-130834
GR DIGITAL GR LENS 5.9mm(28mm equiv.)
ISO 400 WB Auto ProgramAE

次に2月1日に輝紀君のパートナーでもある松本有希子君(2005年3月に博士後期課程を単位取得退学)の公聴会がありました。タイトルは「都市の空間移動に関する基礎的研究-経路探索における案内図の認知と記憶について-」。初めての目的地を目指す際に利用される街中の案内図に何が求められるかを明らかにしようとした論文です。緊張気味の発表でしたが,そこは自分で問題意識を持って始めた研究ですから,きちんとすじは通っていました。こちらも最後のチェック・修正を経て体裁が整いつつあります。

s-060201-170303
GR DIGITAL GR LENS 5.9mm(28mm equiv.)
ISO 400 WB Auto ProgramAE

同じ日の夕方,今度は高橋浩伸君(博士後期課程3年)の公聴会がありました。彼は自分の設計事務所での住宅設計の仕事も続けながらの論文作成です。タイトルは「空間デザインにおける美の基準の創出に関する基礎的研究-美しいインテリア空間づくりのチェックリストの創出のために-」。写真は,静かに?発表開始を待つ高橋君。大井研に来て3年弱ですが,自分の研究を整理して発表することにもだいぶ慣れてきた印象。

s-060202-150352
GR DIGITAL GR LENS 5.9mm(28mm equiv.)
ISO 400 WB Auto ProgramAE

翌2月2日に,ぼくと同じ環境計画部門に所属する助手の朝廣和夫さんの公聴会がありました。航空写真を画像処理したデータを元に,緑地の植生状態を分析するというもの。ぼくの研究テーマとは対象がかなり異なりますが,要素の抽出過程では主成分分析が使われていますし,統計的な手法はあまり変わりません。画像処理も景観分析などでずっと使ってきましたから,使い方について訊いてみたいところは当然あり,ひとつ質問もしてみました。あとで浦浜先生(画像処理)にうかがったところでは,的はずれでもなかったようで,機会があったら朝廣さんともディスカッションしてみたいものです。

s-060203-111222
GR DIGITAL GR LENS 5.9mm(28mm equiv.)
ISO 400 WB Auto ProgramAE

こちらは2月3日に行われた芸術工学専攻・環境設計系の修士論文発表会の様子。発表しているのは大井研の友石君。修士論文発表会は副査の先生が質問すると時間がほとんどなくなってしまうのがちょっと残念ですが,長くすると逆に全体を通して聴くことはできなくなるということもあり難しいところです。

Sony Vaio type T (2)

Sony Vaio type T (2)
2006年2月2日

今回はけっこうすんなりと移行が完了しつつあります。

前回のエントリーを見て「横長画面ってどうなんでしょ?」との質問をいただきました。使うまでまさにわからなかった点ですので,ここにも書いておきたいと思います。

縦がXGAと同じで,横が長い。横長テレビと同じで,ソニーが出しているワイドの液晶プロジェクターとピクセル数は同じです。ウィンドウの中にパレットを置くようなソフト(Photoshopとか)だと使い勝手はよさそうです。写真のビューアとしてAbleCVを使わせてもらっていますが,横に3分割(フォルダ等/サムネイル/選択画像)の構成なのでこれもぴったり。画面サイズ自体は小さいので,ひとつのピクセルが小さく,きれいに見えます。PDFの文書を横幅いっぱいに出すと,解像度が1.4倍弱になるので,読みやすい。

それでは,外部ディスプレイ接続時にはどうなるか?外部ディスプレイ端子にケーブルをつなぐと,自動的にXGAに切り替わってミラーリング表示になります。Fn+F7で切り替えると,外部ディスプレイのみの表示では初期設定で最大解像度になるようです(手持ちディスプレイでは1280×1024)になりました。

SonyのVAIOといえば,以前より写真,ビデオ,音楽などの扱いを重視しているイメージがあります。Appleと似ているけれど,ややハードよりというように見えます。CDドライブも内蔵だし,ThinkPadよりは音も良さそうなので,これまでやらなかったCDからの音楽の取り込みを試しました。世の中はMP3オーディオ全盛という感じですが,いまひとつ満足できません。圧縮音声の中ではソニーの誇るATRAC(MDに使われているもの)が一番不満が少ない。ソニー系のダウンロードサイトはこれがあるのが強みだと思うのですが,あまり宣伝している感じもしないのはなぜでしょう。みんな低レートのMP3で満足なのかな。

で,VAIOにプリインストールされているDoVAIOの初期設定はATRAC3plusが標準でした。ラフマニノフのピアノ・コンチェルトを取り込んでみましたら,CD1枚が100MB弱になるようです。オーディオ・テクニカのATH-EW9をつないで聴くとなかなかのものです。持ち歩くとなるともう少し携帯性のよい(外した時にしまいやすい)ものがほしくなりますが。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30