twitter

無料ブログはココログ

« Olafur Eliassonの光を体験する | トップページ | Sony Vaio type T (2) »

Sony Vaio type T

Sony Vaio type T
2006年1月30日

メイン・マシンとして使用しているパソコンが新しくなりました。SonyのVaio type Tです。

s-060128-181218
GR DIGITAL GR LENS 5.9mm(28mm equiv.)
ISO 400 WB Auto ProgramAE

ソニーの方針ははなはだわかりにくく,Vaio type Tも標準仕様(店頭販売モデル)にはなぜかCeleron 1GHzのものしかないのですが,オーナーメードモデルと呼ばれる販売店限定のモデルがあり,こちらはPentium M 773や753が選べます。いろいろ調べてみると,扱い販売店が大学へも納品してくれることがわかったので,注文することにしました。それはよいのですが,発注から納品まで2ヶ月近くかかるとは思いませんでした。販売店の話によるとどうもソニーがうまく部品を集められないようで,受注した仕様がちょうどそろわないと出荷しないようなのです。なんだかなあ。

おやっと思われた方もいるかもしれませんが,私のメインPCはノートパソコンなのです。これは,1998年から1年間ロンドン大学に行った時に始まって,ノートPCでもなんとかなるじゃないか,かえって1台におさまっている方が自分には向いているではないか,と思ったところから始まりました。

イギリスに持って行ったのは,Apple Macintosh PowerBook 2400/180cというものでした。OSは8.1くらいだったでしょうか。MPUはPowerPCの180MHzで製造は日本IBMらしいというものでした。これで輝度分布の分析をExcelのマクロでのんびりやっていたのです。

帰国してほどなく,このマシンではとてもパワーが足りないという状態になりました。また,トラックパッドのボタンがすぐに不調になるのも困りものでした。そこで,PowerBook G3を入手。いいマシンで丈夫(今でもちゃんと動きます)ですが,いかんせん大きく重すぎました。自分にとっての優先順位は,大きさ・重さの方が重要だとわかったので,MacをあきらめてWindowsに移行することに。

いろいろなメーカーがある中で選んだのはIBM ThinkPadでした。一番の決め手はキーボード。私は日本語の文章をひらがなで入力するので,シフトキーが重要なのです。英文の入力時にもシフトキーは大事ですが,ローマ字入力ではそうでもないのか,右側のシフトキーがきちんとあるキーボードが日本のノートPCには意外に少なかったのです。困るのは,カーソルキーの↑が「ろ」と「シフト」の間にあるタイプ。シフトしたつもりでカーソルが動いてしまったのでは復帰に手間がかかってしまいます。海外系メーカーの中ではIBMのデザインがもっとも洗練されていました。黒いシャープなボディに赤いトラックポイントがかっこいい。

ThinkPadは240X, i1124, X30, X40(2台)と5台も使ってきたことになります。いずれもHDDのみの軽量タイプ。Windows98, Meはいまいちでしたが,i1124の途中からWindows 2000に,X30からはWindows XPになって基本性能自体は問題なくなりました。ちなみに現在は,240Xは照度計のデータ収集用(シリアルポートがあるため),X30はアルバイトを頼むときのデータ入力用,X40は先週まで1台がメイン,1台がバックアップ用でした。今回Vaioがメインになったので,X40の1台は学生のプレゼン用になる予定です。

IBMは信頼性も高く,丈夫(一度,高速バスを降りる時にカバンの隙間からすべり落ち,ステップではねて下の路面まで落としたことがあったりします)なのはいいのですが,機能のわりには重いし,液晶画面のクォリティも日系のものと比べるとだんだん差をつけられてきました。機能と重量についてはPanasonicのLet's Noteシリーズが先駆者で,私の周りでもずいぶんよく見かけます。またPanasonicのキーボードは右側シフトキーも標準タイプでした。1.5kg程度でSXGAのモデルが出た時にはこれだ,と思ったのですが,なぜかそのモデルだけシフトキーの内側にカーソルが入り込んだタイプのキーボード。なぜ?一方,液晶のクォリティについては,東芝やシャープががんばっているという印象でした。そこへSonyがVaio Type Tでワイド液晶を出してきます。店頭でみると,非常に良いし,デザインもすてきです。ただし,昨年くらいまではMPUが非力な感じ。メインマシンとして作っていないだろうから仕方がないとも言えますが。今回,ようやく私のターゲット範囲に入ってきたというところです。

発注したのは,VGN-TX90PSというタイプで,MPUがPentium Mの1.2GHzというもの。さんざん待たされて,納品されたものをよくみたら,MPUがPentium Mの1.3GHzで型番がVGN-TX91PSでした。待っている間にスペックアップするというのは珍しいですね。もちろん文句はありません。液晶の美しさ,とくにLEDバックライトの白さが気に入りました。唯一ThinkPadとの比較で気になるのは,ファンがよく動くことくらいでしょうか。

« Olafur Eliassonの光を体験する | トップページ | Sony Vaio type T (2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sony Vaio type T:

« Olafur Eliassonの光を体験する | トップページ | Sony Vaio type T (2) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30