twitter

無料ブログはココログ

« 大文字送り火2005 | トップページ | カメラを買った(HEXAR RF) »

スバルレガシィB4 3.0R specBインプレッション

わが愛車もようやく5000kmを超え,クルマも落ち着き,こちらも慣れてきました。おぼえがきのためにインプレッションを書いておきましょう。

車名:スバルレガシィB4 3.0R specB 平成17年式
概要:4ドアセダン,水平対抗6気筒3000cc,6速マニュアルトランスミッション,4WD

高速走行編
 高速道路での印象は当初よりあまり変わっていませんが,3000kmをすぎたあたりから足回りがなじんできて,スムーズになってきました。スバル車は新車時にはがっちり組まれた機械という印象で硬い感じを受けるので,ならしが必要です。
 先代(前モデルの2.0RS typeB)と比べ段違いにパワーがあるので,本線合流がまず気持ちが良い。加速開始時のスピードによって,2速か3速を選び,そのまま息の長い加速を楽しんで本線のスピードに合わせて合流します。本線にクルマのいないときは,しっかりスピードメーターを見ていないとスピードが上がりすぎる(規制速度を超える)ので注意が必要。
 私は80km/h規制のところでも赤キップやオービスを気にするような速度では走りませんが登りにかかるとスピードを落とす車が多いので,追越をする必要が出てきます。追い越し車線が空くのを待つ間にスピードが落ちても,たいていの場合は6速のままスムーズに加速できます。先代では,高速道路でも登りになると5速から4速にシフトダウンしたくなるケースがありましたが,3.0Rは巡航する限り6速のままでシフトダウンは不要。
 最近の長距離走行は,福岡から京都までの往復です。往きは1人,帰りは4人でしたが,帰りは渋滞なしだったため,燃費は12km/L超を記録しました。

田舎道走行編
 なかなか気持ちよく田舎道を走る機会に恵まれませんでしたが,田川での建築士会講習会の帰りにちょっと主要路線を外れてみましたら,なかなかよいドライブコースでした。
 速度規制がないとよかったのですが,残念ながらほぼ全線が40km/h規制。なんだか無意味です。ブラインドのコーナーは40km/hじゃ速すぎるし,まわりに何もない直線は現代のクルマで40km/hというのは妙です。まあ一般的な速度で走るしかありませんが,良いクルマだとこれくらいの速度でも十分に楽しめます。
 3.0R specBの6速ミッションは,日本の田舎道にもぴったりでした。下りでは勾配に合わせて3~5速を使い分けるとエンジンブレーキを使って望みの速度で下ることができます。一般的には,4速を中心にコーナー手前で3速に落とすことが多くなりますが,このとき4→3速はシフトレバーをまっすぐ前方に押す形になりますから,とても気持ちよくシフトダウンできます。一般的な5速ミッションの場合,3→2速のシフトダウンが多くなり,Hパターンを斜めにしかも右ハンドルの場合は身体から離れる方向になってしまうので操作としては不自然なのです。

先代のB4を5年で買い換えるのはけっこう思い切りが必要だったのですが,これまでのところは期待以上,大満足。

« 大文字送り火2005 | トップページ | カメラを買った(HEXAR RF) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スバルレガシィB4 3.0R specBインプレッション:

« 大文字送り火2005 | トップページ | カメラを買った(HEXAR RF) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30