twitter

無料ブログはココログ

« 金沢21世紀美術館 | トップページ | LuxPacifica Cairns紀行その1 »

レーザーディスプレイ実演会

s-050715-200023 九州大学には創成型科目という低学年次向けの演習科目があります。工学部が主体のようですが,芸術工学部も虹色レーザーを研究している今坂研究室と共同で,参加しています。

今年は芸術工学部の学生はおらず,芸術工学部で制作に参加したのはほとんどが「21世紀プログラム」の学生たちでした。

最初の写真は芸術工学部で制作したグループの作品で,私が気に入ったもの。フィルターも使用していたからか,今まで見たことのない美しいブルーが見えました。

s-050715-205407 二番目の写真は今回の優勝作品。「時計」というコンセプトで回折させた光が時計の針のように回っていくというもの。3本の光の針が異なるスピードで回っていきます。回転速度はなかなか計算通りにはいかなかったようですが,アイディアの勝利でしょう。

« 金沢21世紀美術館 | トップページ | LuxPacifica Cairns紀行その1 »

「大学の話題」カテゴリの記事

「照明・視環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123610/5024815

この記事へのトラックバック一覧です: レーザーディスプレイ実演会:

« 金沢21世紀美術館 | トップページ | LuxPacifica Cairns紀行その1 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31